calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201811 (19) 201810 (31) 201809 (30) 201808 (31) 201807 (31) 201806 (30) 201805 (31) 201804 (30) 201803 (31) 201802 (28) 201801 (31) 201712 (31) 201711 (30) 201710 (31) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1628) 研修会 (369) 感染症 (349) 疾患情報 (310) 在宅医療 (222) 医療政策 (195) 本日のお勉強 (195) 薬剤師 (144) ニセ科学・ニセ医学 (120) 医院情報 (117) 今週の花 (113) ボランティア (112) 心に残る出会い (110) 緩和ケア (99) 禁煙 (86) 花粉症 (39) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) がん検診 (29) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (13) 釣り (8)

大腸がん治療の進歩

涼しくなりましたね。
PM2.5も少ない予報です。
体を動かしていきましょう。

カープ、
なかなかマジックが減りませんね。
今日は九里投手です、応援しましょう!


昨日は県立広島病院 がん医療従事者研修会に出席してきました。
臨床試験から見た大腸がん治療の進歩
演題1:外科治療 池田 聡 先生
演題2:化学療法 篠崎 勝則 先生
要点の一部
いろいろ難しい問題点を含んだ内容ではありました。
手術については、一時は 開腹手術より腹腔鏡手術が推奨されていた進行度において
今では やはり開腹手術のほうがよい、
と判断される進行度があるのだそうです。
気をつけねばならないのは
欧米だと高度肥満の患者が含まれ、腹腔鏡では難しい患者も多い。
日本の医師のほうが手術はうまく手術成績がよい。
ということで
欧米の手術成績の評価、ガイドラインを
そのまま日本のガイドラインに適用してよいのか、
という問題は ついて回る、ということがあるのだそうです。

化学療法については。
大腸の右半分と左半分は
発生学からみても異なった発生母地であり
栄養血管も違うし、組織の性格が違う。
このため
推奨される抗がん剤/分子標的薬も異なる可能性がある、
と認識されるようになってきているそうです。
***

異なる薬が適用されるとしたなら
私たちが担当する「支持療法」・・・副作用対策・・・も
幅広い知識が必要とされます。
今の大腸がん治療の問題となるのは
神経障害(=しびれ から 運動機能障害に至る例まである)、と
手足症候群(=主に手足の皮膚に難治性の障害がでて、日常生活が大いに制限されてしまう)
の2つです。

緩和ケア医として
副作用や、治療選択肢について 相談を受ける場面も多いです。
しっかり最新のがん治療薬の勉強も続けていかねば、と思っております。



庄原ゆめさくら 
パン屋さんがあるのですが、その一角に和菓子もありました
P1090243.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
インフルエンザそのものの新しい情報はありません。

豚コレラ。
急死した豚の死体をそのままにしてあった、という報道になっています。
もしこれが新型インフルエンザの出始めであったら・・・。
背筋が寒くなる話ではあります。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

<<遺伝カウンセリング | あなたも使えるACP >>