calendar
<< February 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
archives
201902 (21) 201901 (31) 201812 (31) 201811 (30) 201810 (31) 201809 (30) 201808 (31) 201807 (31) 201806 (30) 201805 (31) 201804 (30) 201803 (31) 201802 (28) 201801 (31) 201712 (31) 201711 (30) 201710 (31) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1661) 研修会 (378) 感染症 (355) 疾患情報 (313) 在宅医療 (240) 医療政策 (203) 本日のお勉強 (195) 薬剤師 (149) 医院情報 (125) ニセ科学・ニセ医学 (121) ボランティア (116) 心に残る出会い (113) 今週の花 (113) 緩和ケア (102) 禁煙 (89) 花粉症 (39) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) がん検診 (30) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (13) 釣り (9)

たかの橋 珍味

昨日の続きです。
若年性認知症の方や、認知症の軽度の方は
働きたい、社会の役に立ちたいという欲求はあります。
また、少しであっても、お金を稼ぐ、ということも大切なことです。
自分たちも何かしたい、やりたい、ということになります。
そこで出てきたのが もの忘れカフェ や 「仕事の場」など、ということです。

もの忘れカフェ というのは
運営から何から 自分たち(認知症の御本人)で決めて運用していくものであった、
というところがポイントで、
少しの支援を受ければ 自分たちで決めて自分たちで出来る、という経験を得られる。
それは 治療の一環なのである、ということでした。

いま、「認知症カフェ」というのは あちこちに開設されています。
そこは 本人・介護者同士の「おしゃべり場」としての運営がされています。
そういう視点も もちろん必要です。
誰に相談していいのか わからない。
アドバイスが欲しい。
そういう時に 認知症カフェに参加されるのもよいでしょう。
しかし治療としての場、お金を得る場としての視点も必要かな、と思いました。
「注文を間違える料理店」のように出来ればいいですね。


家族のおしゃべり場でいいのであれば、
各区で、介護者のつどい など 開催されています。
たとえば
中区:なかく介護者の集い
対象:主に中区で高齢者の介護をされている方
日時:毎月第3木曜日 13-15時
場所:中区地域福祉センター(大手町平和ビル5階)
問い合わせ:認知症の人と家族の会 広島県支部
あるいは中区厚生部健康長寿課、または中区社会福祉協議会
地域包括支援センターに問い合わせてもよいと思います。



たかの橋 珍味(台湾料理) 
シメは いつも 大学いも。出来立てはおいしいです。
P1100158.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
引き続き手洗い咳エチケット、よろしくお願い申し上げます

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

<<御菓子処高木 バレンタイン生菓子 | 大切なことはいつも本人が決める >>