calendar
<< May 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201905 (19) 201904 (30) 201903 (31) 201902 (28) 201901 (31) 201812 (31) 201811 (30) 201810 (31) 201809 (30) 201808 (31) 201807 (31) 201806 (30) 201805 (31) 201804 (30) 201803 (31) 201802 (28) 201801 (31) 201712 (31) 201711 (30) 201710 (31) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1693) 研修会 (388) 感染症 (357) 疾患情報 (322) 在宅医療 (255) 医療政策 (210) 本日のお勉強 (195) 薬剤師 (151) 医院情報 (126) ニセ科学・ニセ医学 (124) ボランティア (119) 心に残る出会い (115) 今週の花 (115) 緩和ケア (108) 禁煙 (92) 花粉症 (43) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) がん検診 (30) 落語 (23) 喘息 (18) サイエンスカフェ (16) 初級 (13) 釣り (9)

不安と不眠の原因と治療

昨日も暖かかったですね。
往診・訪問診療の後半は ダウンジャケットは脱いでおりました。
ソメイヨシノ、来週には花がみられますでしょうか。


さて、
昨夜は広島市医師会 レビューシリーズ に出席してきました。
講演1:不安と不眠の原因と治療について
 講師:広島中央通りメンタルクリニック 岩本崇志 先生
講演2:不安を伴う疾患について
 講師:ほうゆう病院 藤脇 聡 先生
要点(講演2)
不安は、現在では症候群としてとらえられるようになってきている。
正常な心理反応でもおこる。
私たちが対象とするのは 「病的な不安」である。
不安は身体症状をともなう。
パニック障害、広場恐怖症というのも不安の代表的なものである。
薬物療法の基本は、抗うつ剤とベンゾジアゼピン系の併用であり、
ベンゾジアゼピンは漸減し、頓用に減らしていく。
抗うつ剤はSSRI、SNRIが基本になる。
基本的なものを試みて、うまくいかない場合には精神科への紹介が望ましい。
***


4月から、不安、あるいは不眠によく使用されている薬剤で
「ベンゾジアゼピン系の薬」の処方に対し、制限がかかります。
日本での使用が 世界に比べて断然・圧倒的に多い、という異常な事態になっている、のだそうです。
ベンゾジアゼピン系のこわいところは
依存症になったり、高齢者だとフラツキの原因となり転倒・骨折から寝たきりの原因になりかねません。
少なくとも「世界水準程度」まで 使用を減らしたい、という厚生労働省の思惑があるのでしょう。

私たちは、不眠 に対しては 講演会などよく開催されるので 知識は持っています。
不安 に対する講演会というのは ほとんどありませんで、
今回は不安について 頭を整理することが出来ました。


ここでついでに、ですが。
当院では 銘柄指定での睡眠薬希望については、対応しておりません。
○○という睡眠薬をください、と来院されても、お断りしています。
銘柄指定、というのは かなり「特殊な状況」でありまして
一般内科が担当すべき状態とは思われません。
それは専門である「メンタルクリニック・心療内科」を受診してください、
と説明させていただいております。
市内には何十も「メンタルクリニック・心療内科」があるのですから
どうぞ そちらを受診なさってください。


ついでに。
高齢者で「眠れない」という訴えをする人が多いのですが、
昔と同じように眠れるハズはないのだそうです。
年をとるにしたがって、睡眠は浅くなり、短くなり、朝型になっていく。
つまり、早くから布団にはいる、のは 間違いなんです。
年をとったら、「遅寝、早起き」がよいのだそうです。
そうなると NHKラジオ深夜便を聴く、というのは 理にかなった行動ですね。
そして眠くなってきたら寝ればいいのです。




東京です。
八重洲地下街 すいしんたい乃家
酔心関連のお店とはいっても、広島の食材が豊富に食べられる、というわけでもないです。

金目鯛の干し焼き
金目鯛というのは瀬戸内海にはいませんのでね。
東京に行ったときにメニューで見かけたら食べています。
P1100323.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。
引き続き手洗い咳エチケット、よろしくお願い申し上げます

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

<<薬疹 | ストレッチから >>