calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201706 (27) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1384) 感染症 (326) 研修会 (309) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (154) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (94) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (72) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

広島県でインフルエンザ警報

新年になり、非常に忙しい毎日となっています。
ひとつはインフルエンザ患者が非常に多く受診されております。
広島県は7日付でインフルエンザ警報を出しています。
前回の警報(2年前)に比べ4週間早い警報発令です。
手洗いマスク咳エチケット、よろしくお願いいたします。

もうひとつは、
癌末期などで衰弱してきた方で
退院して家に帰りたい、と思っておられた方が
年末年始を病院で過ごし
いよいよ退院して自宅に戻ってこられています。
年末年始の休みに家に戻るのは不安だった方や御家族も
やはり家がいい、家にいたい、
という本人の意向を受け入れての退院です。
しかし
入院期間が延びたことによって
本人の衰弱は進んできています。
家に帰りたい、という思いがあるのなら
退院は一日でも早いほうが良かったのですけれど。

ですから
昨年末に比べ、かなり衰弱した段階での退院であり
残された時間は少ない。
支える在宅チームは 環境整備など忙しくなっています。
連日、20時頃まで往診や訪問診療に走り回っています。

家に帰れてよかった、家に帰ってよかった。
そう思っていただけるよう 私たちはがんばっていきます。


県民文化センターの il vento
2つの音楽グループ忘年会による貸切営業だったのですが
広島の音楽グループ同士ですから 当然お互いに交流・面識のある人たちもいて。
あらー、まあ、なんて グループを超えて席を替わったり、という光景もありました。
P1000651 (2).JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

山を守ることが海を守る

東京都など 10近い都県でインフルエンザ警報が出ています。
例年より1か月早いペースです。
来週・再来週あたりが流行ピークとなる可能性があります。
受験生など御用心ください。
手洗いマスク咳エチケット、よろしくお願いいたします。

昨日は、インフルエンザワクチンの接種を希望して
窓口に来られた方もおられました。
インフルエンザ流行のニュースをみて、心配になって来られたのでしょう。
もうほとんどの医療機関ではワクチンは終了しています。
当院でも12月中旬で今シーズンのワクチンは終了しています。
ワクチンは例年 11月中、遅くとも12月上旬には
受けていただくようお願いいたします。


さて、
先日、山林+田+家が売りに出ているが
買い手がつかない、という状況を御紹介しました。
山は大切ですよ、というお話。

瀬戸内ノリ:「海が痩せた」養殖業者は不安頭から離れない
毎日新聞 2015年01月06日 07時15分
http://mainichi.jp/feature/news/20150106k0000m040143000c.html
森林荒廃などの影響で広葉樹林を含む豊かな森林から海にもたらされる栄養分が減っているのが原因、との指摘もある。
落ち葉が分解され、川に流れ込むことで海に栄養が供給されるからだ。
東日本一のカキ生産量を誇る宮城県では、カキの品質低下に気付いた養殖業者の畠山重篤さんが「森は海の恋人」をスローガンに同名のNPOを結成、広葉樹数万本を植えてきた。
広島県や香川県でも同様の動きが始まっている。
***一部引用


広島でも、山を守っていきたいですね。

県民文化センターの il vento
P1000650.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

インフルエンザ流行はほぼ警報レベルに急増

マクドナルドで異物混入、というニュース。
日本の食は、日本で作りませんか?
中国やタイで作って輸入する企業は
もう不要なのではないでしょうか。
地産地消でいきましょうよ。
私どもは中国産の食品・食材は購入しないようにしております。


昨日午後に広島市から感染症情報が本年初更新されました。
これによると
定点あたり24.7人
先週が12.1人ですから、ほぼ倍増。急上昇です。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1268284008999/index.html

警報が出るのは30.0人を超えてから、です。
しかし、ですね、
このカーブを見る限り次回情報で警報レベルを超えるのは確実。
土砂災害時の警報の出し方などが議論されたのですが
インフルエンザ流行の警報についても
状況によって基準値以内でも警報を出せるようにした方が
市民県民への啓発が出来るのではないでしょうか?
私なら現時点で警報を出すところです。

冬休みが終わり、学校がはじまります。
いきなり学級閉鎖となる学校が続出すると思います。
手洗いマスク咳エチケット、よろしくお願いいたします。

また、
特別養護老人ホームでインフルエンザ感染、死亡者、
という記事も出てきています。
体力の予備がない高齢者がインフルエンザになれば
亡くなられるのは仕方ないことです。
どんなに万全の対応をとったとしても、亡くなられることは避けられない。
とくに今流行中のA香港型では症状が重くなることが多いのです。

特養でインフル集団感染、入所者2人死亡 京都・福知山
朝日新聞デジタル2015年1月6日20時26分
http://www.asahi.com/articles/ASH1664GRH16PLZB01G.html

記事は、施設のおこなった発表を、そのまま報道しただけです。
高齢者施設での感染を防ぐにはどうすればいいのか、
読者に対する啓発は何一つ書かれていません。
「大本営発表」をそのまま記事にしたようなものです。
このような報道姿勢は大いに疑問だと感じます。

インフル流行期には、家族などのお見舞いを遠慮していただくことも必要です。
とくに熱、下痢のある人の面会は絶対におやめください。


県民文化センターにある il vento 
コーラスグループの昨年の忘年会です。
P1000649.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

農村の崩壊状況

【業務連絡:医師募集】
在宅医療に興味ある医師の方、
いっしょに働きませんか?
常勤でも、非常勤でも、相談に応じます。
病院での当直勤務が身体的・精神的にきつい、という方や
将来は開業を、とお考えの方も御相談ください。


本日はPM2.5「多い」予測です。
雨ですから、少し助かっているでしょうか。
雨が上がった後は御用心ください。

昨日の月曜日から
今年の通常診療のはじまっています。
出だしの初日は、インフルエンザの方がおおぜい受診されました。
今がインフルエンザ流行のピーク期と思われます。
夜間急病センターや日曜当番医・年末年始当番病院は 
患者が押し寄せて大変だったことでしょうね。
手洗いマスク咳エチケットよろしくお願いいたします。


さて、
正月に聞いたお話。
農村地域(広島市中心部から車で1時間超)で
家+田+山林がセットで 昨年売りに出されたのだそうです。
安いんですが、しかし買い手がつかない。
その理由を聞いてみたのですが
どうやら(推測ですが)
田んぼの土壌改良・区画整理事業に同意していなかったようなのです。
区画整理の話が来た時には お元気で
先祖伝来の土地は私が守る、守れる、
と思っておられたのでしょう。
しかしそれから十年、数十年がすぎ
自分の体が動かなくなる、とか
寿命がくる、とか
その時には考えなかったのでしょうね。
区画整理できていない田なので、大型農耕機械が入らない。
どう考えても耕作が続けられない田なのだそうです。
子どもたちも農業を継ぎに帰ってはこない。
こうして
売るに売れない、耕作放棄地になってしまったわけです。

では、
区画整理に応じた人はどうなっているか、というと。
確かに区画の広い田、広い道路は地域で整備されたけれども
元の場所の田が自分の物になるとは限らない。
少し離れた場所の田が自分に割り当てられ、
家の目の前の田が、他人の所有田になることもあるのです。
そうなると
年とって足腰が弱り、移動が困難になってくると
家から離れた場所にある田に通うことが苦痛となります。
せっかく区画整理に応じても
それが原因となって耕作放棄につながっていく。

つまり
区画整理に応じようが、応じまいが、
結局 耕作放棄の荒れ地になるというのが結論だったのです。



現時点では
「耕作しないと赤字にはならない」ので
耕作しないのだそうです。
耕作するには機械が必要で、農協ローン、燃料、肥料、農薬代なども必要です。
耕作するには、お金がかかるのです。
投じた費用が回収できる売上は得られない。
つまり
耕作すれば赤字になり、
耕作放棄すれば 少なくとも赤字にはならない、
ということなのだそうです。


2018年、あと3年で 減反政策は終了する、と
安倍内閣は決定をしています。
休耕田、耕作放棄地をどうしていくのか
農家は決定を迫られます。
収入(減反の補助金)が得られなくなると
田を持っていても税金とられるだけになります。
売りに出る農地は 今後どんどん増えるのでしょう。
買い手がつかないので、イナカの土地価格は3年後には暴落していくのでしょうね。

水源を守るための山林だけは
外国人に買い占められるのは避けたいところです。
しかし山林に手を入れる人間も、もういませんね。
荒れ山(原生林)になっていきます。
サルやイノシシの天下です。
そうなると
残った田畑に サルやイノシシの襲撃が増えて
残った農家も継続できなくなっていく、
という悪循環になっていきます。

どうすればいいのでしょうかね。


県民文化センターにある il vento 
前菜
P1000648.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

生きかた 死にかた

昨日は往診のあと初詣。
そのあとフィッタに行って初ランニングでした。
正月でなまった体を動かして一汗かこう、というわけですが
同じことを考える人が多いのでしょう、
更衣ロッカーが全部埋まってしまうほど多くの人が来場していました。
筋トレマシンの負荷は通常の半分から2/3程度と軽めにして、
ランもゆっくりペースで5km。
初ランとしては こんなものでしょう。
体重を元に戻して、運動負荷も徐々に上げていかねば、ね。


さて
正月休みに読んだ本のつづきです。


生きかた 死にかた
~僧侶ドクターの人生カルテ~
著:友久久雄
本願寺出版社

友久先生は「こどもの精神科」の医師です。
患者を診るだけではなく、教育の分野でも活躍されてきました。
また、浄土真宗本願寺派で得度された僧侶でもあります。

「障がい受容とは」
という項があります。
一部を引用させていただきます。

障がいのある子どものお母さんは、「どうしてこの子はこんな障がいがあるのだろう」と苦しまれます。何とか治したいと駆け回る。ところが、治らない病気であることがわかると、絶望して一緒に死のうとまで考えられることもあります。
お母さんの苦悩を解決するには「障がい受容」といって、障がいとともに歩んでいくという気持ちになることしかありません。
(中略)
障がいを直接、治すことではありませんが、事実を事実としてあるがままに見つめ、受け入れる「障がい受容」が唯一、障がいに打ち勝つ方法だと私は思っています。
***引用終わり


上記の文章でも十分に説得力があるのですが
ここで
「障がい」 の部分を 「末期癌」・「進行癌」と
置き換えて読んでみていただければ、と思います。
「治せない病気、治せない癌」、ということです。
この子、とか お母さん というのは 「自分・私」に置き換えてください。

どうして私がこんな癌になってしまったのだろう。
というように 読み替えてみて欲しいのです。
いかがでしょうか?



治せない癌、とわかると
万病に効く〇〇水、とか
××ワクチンとか(実態はとてもワクチンと呼べる代物でない)
に すがってしまう方は今でもたくさんおられます。

よくそんな古い治療法(△△ワクチンなど)を
探し出してきましたね、と
こちらが驚いてしまうほど 
古く、すたれてしまった治療法を希望される方もおられるのです。
(今はネット時代ですから、調べれば調べるほど
深く掘り下げれば深いほど
インチキ治療法がたくさんヒットすることになります。)

そうしたニセ科学・ニセ医学に望みをかけて
結局ダメ、とわかったときに
その方はどうなるのでしょう?
すでに財産は使い果たし、家族・友人からも見放されています。
どうして私が・・・、と
神や仏を呪い、
医学・医療や医師を呪い、
自分は不幸だ、と世を呪い続けながら この世を去るのでしょうか。

癌とわかっても
社会に貢献できる時間も お金もまだあります。
ところが
ニセ科学・ニセ医学にはまってしまったのでは
その時間もお金も 失ってしまいます。
世の中には何の役にも立たないことになります。
いや、役に立たないどころか
ニセ科学の人を儲けさせ大きくさせ、次の被害者を増やすだけのことになるのです。


残念ながら現在の医学では治せない癌です、と
事実を告げられたならば
事実を事実としてあるがままに見つめ、受け入れる「受容」が唯一、打ち勝つ方法ではないでしょうか。

受容が出来るかどうか。
そこに宗教の果たす役割は大きいように思います。

表紙裏から引用です。
***
共に死ぬ身であるからこそ――
元気なときに「死」について考えることの大切さを
つくづく感じます。
死んだらそれっきりと思っている人と、
安心して帰るところがある人とでは、
生きかた、死にかたに大きな違いがあるのは当然でしょう。
***引用終わり



浄土真宗は、深いなあ、ありがたいなあ、と思っています。


天光堂の和菓子。
おいしい和菓子が食べたくなること、ありますよね。
冷凍で保存できます
P1000642.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617