calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201706 (28) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1385) 感染症 (326) 研修会 (309) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (154) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (94) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (72) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

患者を支える栄養療法

【お知らせ】
広島市はインフルエンザ流行期入りしました。
当院では今シーズンのインフルエンザワクチン接種は終了しました。



さて
12月8日(月曜日)は
広島がん治療と栄養を考える会 に出席してきました。
特別講演:
 がん治療支持療法における栄養療法
  ~カルニチンの役割~
 川崎医科大学消化器外科学 平井敏弘教授
要点:
カルニチンは体内で産生されるため、
これまであまり欠乏状態については注目されてこなかった。
透析、肝硬変などで欠乏状態になることが知られてきて
この2疾患では栄養療法として取り入れられている。
抗がん剤治療(とくにシスプラチン)においても
欠乏状態になることが判明してきて、
抗がん剤治療にともなう全身倦怠感、栄養状態改善などにカルニチン投与がはじまっている。
ただし有効率などのデータはまだまだ少なく
臨床研究がすすむことが期待される。
これまで がん治療側は 患者の栄養状態にはあまり強い関心を持ってこなかったが
患者の栄養状態を改善することが抗がん剤治療の継続などにつながり
生存期間延長などに寄与できる可能性がある。

そのほかでは
長引く食欲不振、
とくに それにもとづく筋肉量の減少状態(=サルコペニア)において
(理論的には)カルニチン投与が有効である可能性がある。
***当方の要約


抗がん剤治療での食欲不振、全身倦怠感。
進行がん状態での食欲不振、体重減少。
こういった状態は緩和ケア医がかかわる部分です。
こうした状態ではステロイドや漢方薬などが試みられてきました。
それだけで全員がうまくいくわけではないので
私達 緩和ケア医は カルニチンをすでに導入をしてきています。
どういう状態の人に 効果がある/効果がない のか、は
まだまだ手さぐり状態です。

食べられなくなってきた、という状況は
このままでは寿命が近い、ということを意味します。
食欲不振や全身倦怠感をどうにかして軽くし、
食欲を少しでも出してもらえないか、
ということに 私たちは取り組んでいます。
どうぞ早めに緩和ケア医・緩和ケアチームに御相談ください。


ドバイ まんぞくセット の中の
ミニドバイ焼き + ハンバーグ。
ほかにも
サービス定食など、写真も解説もないメニューがたくさんあります。
また何度もドバイに行ってみることになると思います。
P1000496.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
広島市が流行期入りしました。
学級閉鎖は新たに3校で出ています。
安東小学校、城北中学校、宇品中学校です。
手洗い、咳エチケット、よろしくお願いいたします。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

薬は予備をもっておきましょう

今回の四国の雪災害の報道のなかで
血圧の薬がもうなくなってしまって・・・、
という孤立集落の高齢者が映っていました。

私たちは
「薬は余裕をもっておきましょう」、
と いつも説明しています。
いつ災害があるか、わかりません。
いつ体調が悪くなり通院困難になるか、わかりません。
予定した日に受診できるとは限らないのです。
ですから、少なくとも数日、
できれば常に1週間分の薬が家にある、
という状況で通院治療を続けて欲しいのです。
大規模災害でも1週間あれば、救援が来ます、医療支援がはいります。
薬の手持ちがあれば、その間の危機はのがれることが出来ます。

薬がまだあるから、なくなってから受診しよう、
というのではなく、
残りがあと1週間分になったので受診する。

ぜひ心掛けてください。


さて
老後難民とか老後貧乏とかいう言葉があります。
老後難民にならないために、の後編が出ました。
リスクを分散することが重要、と
ここにも書かれています。

【後編】老後難民にならない!95歳まで安心して暮らすための「ほったらかし投資」
ダイヤモンド・オンライン 12月8日(月)8時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141208-00063189-diamond-bus_all

参考になる部分も多いと思います。


ドバイ
両得定食(ハンバーグ定食とドバイ焼きの両方が楽しめる)
ボリュームはすごいです、正味二人前。
P1000487.JPG

P1000495.JPG広島ブログ
★広島県に 水ぼうそう(水痘)注意報が出ています。
ワクチンを接種していない人は、ワクチンを受けましょう。
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hcdc/suitou-ryuukou.html

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

オール電化住宅はハイリスク

【お知らせ】
当院の今シーズンのインフルエンザワクチン接種は
昨日で終了いたしました。

ワクチンは、「冷所保存」が必要な医薬品です。
問屋から医療機関に出荷されるわけですが、
医療機関(医院や病院など)で きちんと保管されていた、という保証がないため
余ったからといって問屋への返品は出来ない商品なのです。
余ってしまった在庫は、医療機関の「損失」となります。
ですから 各医院・各病院とも
昨年度の実績数をもとに
「不良在庫」が出ない数量で発注をかけることになります。
当院も、今シーズンは一度追加発注をおこないましたが
それも昨日で接種を終えてしまったわけです。

高齢者への肺炎球菌ワクチンは
常時在庫をおくようにしていますが
御希望の方は窓口で御予約ください。



さて、
このたびの大雪で
四国などで孤立する地域が出ました。
停電し電話も通じなくなり
暖房も入らなくなった家庭もあるようです。

大雪で停電、孤立 IP電話つながらず安否確認が難航
朝日新聞デジタル 2014年12月7日23時04分
http://www.asahi.com/articles/ASGD752CQGD7PTIL00L.html?ref=yahoo
井内東地区の自営業の男性(47)は自宅がオール電化住宅で、7日午前までエアコンもストーブも使えなかった。「毛布にくるまって寒さに耐えた」と話す。
***一部引用


冷房はいいとしても
暖房の有無は生命に直結します。
都市部ならともかくとして
今回のような山間部でオール電化住宅なんて
どうなっとるん?? としか思えません。

リスクは分散するのが得策です。
私は株はやらないのですが
株をやっている人にとって
生死にかかわる選択肢を1本に絞る、というのは
バカじゃないのか、と思われることでしょう。
預貯金の全てを○○株に投資することはありえません。
リスクを分散する、というのが常識だからです。

ざっと考えてみても
暖房にかかわる選択は以下のように選べるはずです。
・電気
・ガス(都市ガス/LPガス)
・石油
・薪、石炭
・カセットガス(カセットガスボンベ)
・太陽熱温水器
・地熱利用システム

今回孤立した集落というのは
通常時でも人里離れた地域です。
救援の手がすぐに来る場所ではありません。
生きぬくために、いろいろな方策を巡らせておくことが必要な土地なのです。
それを、
こんなイナカにオール電化住宅を売りつけるなんて
詐欺に等しい悪行だと思います。
売れればそれでいい、というのは 間違っています。

確かに、オール電化のメリットはあります。
オール電化だと認知症高齢者による「火の不始末」はおこりにくい。
家から火事を出す確率は減るでしょう。
しかし
今回のような人里離れた集落(家が密集していない)では
仮に火事を出したとしても
本人の家が焼け落ちるだけであって
近隣を巻き込むことはないでしょう。
家屋が密集している都会とは、もともとの条件が違うんです。


イナカならでは、の選択肢が私には魅力的にうつります。
すなわち
薪を使っての炊事や暖房です。
ここに住む高齢者は、昔は薪でかまどを使用し、
風呂もわかしていたはずです。
認知症が加わったとしても、昔おこなったことは出来ることが多い。
新しい電化製品の使い方がわからなくなることはあっても
たきぎで火をおこし御飯を炊くことは出来る可能性もあります。
そういう意味では
こうした集落に必要なのはオール電化ではなく
昔の方式のものを整備するのがいいと思います。

昔ながらの 「かまど で御飯」、「五エ門風呂」なんて
ある意味でぜいたくだし、
民宿としても成立するように思います。
隣の家と離れていて、煙を出しても平気な状況だからこそ成立するものです。


ドバイ やきめし
P1000488.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

介護で離職してはいけない

寒いですね。
昨日は安佐方面に行ったので雪が心配だったのですが
雪は全くありませんで、よかったよかった。
帰ってから、期日前投票もすませました。


さて、
親の介護のために職を辞める人がいます。
何が最善の選択肢か、
というのは
一人ひとり違うので 断定的なことは言えないのですが
在宅診療している医師の一般論として
仕事は辞めないで!
と言いたいです。

そもそも「介護保険」は
介護は家族で抱え込むものではなく
社会で負担しましょう、
という理念の制度です。

記事を2つ、御紹介します。

介護で転職 収入ダウン 男性4割、女性半減
東京新聞 2014年12月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014120602000249.html
(親の介護と仕事の)両立のため別の仕事を選んだのは、男性四百十二人、女性百五十五人の計五百六十七人。転職前後の平均年収は、男性は五百五十七万円から三百四十二万円、女性は三百五十万円から百七十五万円に減少した。転職先でも正社員として働いていたのは男性で三人に一人、女性は五人に一人だった。
さらに、転職したことを「良かった」と回答したのは男性で23・8%、女性で22・6%。同じ仕事を継続した人や、介護に専念するため離職した人に比べて自己評価が低かった。
***一部引用


親の介護のために仕事を辞める、仕事を変わる、というのは
一見 美談のように見えますが、
収入も、キャリアも失います。
親が死んだ後に仕事をしようとしても、
望む仕事、望む給与が得られることは非常にまれです。
年齢によっては派遣やパートの仕事しかないかもしれず、
高年齢になってから自分自身が貧乏暮しになる危険性が高いです。



<女性活躍ってなんですか>介護離職、避けるには 早めの備え必要
東京新聞 2014年12月1日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2014120102000171.html
「職場に迷惑がかかる」「自分しか担い手がいない」-。家族の介護を理由にした離職のきっかけはさまざま。介護離職者は年間十万人といわれ、家族に介護が必要になって初めて、仕事との両立に悩む女性は少なくない

症状が重くなるにつれて「仕事を辞めた方が親のためになる」と考える人には、「誰のためにもならない。おむつ交換や着替えなどの介護はプロに、家族は愛情表現できる余裕を持って」と呼び掛ける。
***一部引用


介護・看護などプロの力を借りることは
恥でも何でもありません。
むしろ プロの力を使った方が 親にとっていいはずです。
親の介護のために仕事を辞める、
というのは
美談でも何でもありません。

同じことは
「癌になったから仕事を辞める」、
ということについても言えます。
今は癌になっても何年・十何年・あるいは何十年も生きる時代です。
仕事を辞め、収入がなくなったのでは、十分な治療も受けられなくなります。
収入の道を自ら放棄するのは、いい選択ではありません。

仕事を辞めるのはちょっと待って!
辞めるのはいつでも出来ます。
辞める前に医療や介護の専門家と本音で相談しましょう!!



ドバイ
メニューが多彩なので、ふたたび行きました。
焼肉定食
P1000486.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
韓国では鳥インフルエンザによる殺処分数が
これまでで最多になったそうです。
鳥インフルの状況にも引き続き注意が必要です。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

どうせ死ぬなら「がん」で死にたい

昨日は広島市中区でも雪がパラついたりしました。
寒いですね。
サンフレッチェの試合中は雪がじゃんじゃか降っていました。
最終節を勝って終われてよかったですね。
8位でしたが、来年に期待しましょう!

試合中継のテレビに
新スタジアムを市民球場跡地に
という内容の垂れ幕を見ましたが
本当にそれでいいんですかね?
跡地だと3万人入らないかもしれないスタジアムしか作れないんですよ。
その人数だと、世界規模に位置づける大会の開催地には選ばれません。
どうしてもあの場所に、というなら
市民球場跡地と中央公園を合体させれば広大な土地が得られます。
そのためには道路と橋という「都市計画」そのものから
考え直さなければいけませんけれども。
あるいは道路をまたぐように3階の高さにスタジアムを建設する
(既存の道路はそのまま)とか。
そういう発想はないんですかね。
今でている検討意見は「2次元」の発想だけです。
あそこか、ここか、というだけ。
「3次元」で発想すれば 最適解は別に出てくるのですけどね。
2次元の選択しかないならば、5万人規模のスタジアムとするためには
宇品地区にするしかないと思っています。
観客輸送は電車とバスを大増発させれば可能です。
ここだと島の人や四国の人が試合を見にくるのが容易になります。


さて、
がんについて 良くないデータをお知らせすると
そんなことは聞きたくなかった、というコメントをされる方がおられます。
しかし
知らずに死ぬ方がよほど無念が残ると思っています。
がんを正面から受け止めた人の死は、見事なものであることが多いのです。


どうせ死ぬなら「がん」で死にたい 「がん」は不幸な死因ではない
矢来町ぐるり 立ち読み
http://www.gruri.jp/topics/14/06100930/
人は誰も、いつかは死を迎えます。
しかし「がん」でだけは死にたくない、と思っている人は多いのではないでしょうか。
そんな中、『ホスピスという希望―緩和ケアでがんと共に生きる―』(新潮文庫)の著者で愛知県国立病院機構豊橋医療センターの緩和ケア部長でホスピス医である佐藤健先生は、皆さんに「どうせ死ぬなら、がんで死にたい」と思って頂けるような時代を創ることが自身の目標だと言います。

視点を変えて、がんに罹ったら、がんに罹るまで長生きできたんだ と考えてはいかがでしょう。
がんで死ぬということは、不幸な死ではないということです。
***一部引用


これまでお伝えしたことがありますが
「私は癌で死にたい」
というタイトルの著書も2冊あり、
2冊とも癌緩和ケア医が書いたものです。

上記たちよみの文章もぜひ読んでみてください。

癌の話なんか聞きたくない、
ではなくて
癌の話をもっと聞きたい、聞かせて下さい、
という時代になればいいと思っています。

旭鳳 仕込み第一号
P1000465.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(9) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617