calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1338) 感染症 (324) 研修会 (304) 疾患情報 (284) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (171) 在宅医療 (144) 薬剤師 (127) 今週の花 (101) 医院情報 (100) ボランティア (99) 心に残る出会い (91) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (68) 禁煙 (57) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (23) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

認知症の自立支援医療(精神通院)

広島市中区は、曇りです。
雨でもなく、風も強くありません。
台風は当初の予測より南側を通ることになり、
どうやら広島市では大雨は避けられそうです。
強風にはご注意ください。
本日の訪問診療は、予定通り実施したいと考えております。


昨夜のカープ、8回、追い上げた場面はラジオで聴いておりました。
解説者が、藤浪投手が余裕で完投も、
みたいなことを言っておりましたので
引きずりおろすことが出来たのは よかったです。
丸やキラが四球でつないだのが大きいと思います。
早いカウントからどんどん打つ打者も必要でしょうが
じっくり粘って球数を投げさせる打者というのも必要なんです。
試合展開でいうと、もっと早い回で追加得点が欲しかったですね。
今日はマエケン。
早い回での打線の奮起に期待しましょう。



さて、
自立支援医療(精神通院) というのがあります。
このたび、院長が自立支援医療(精神通院)の指定医となりました。

精神通院医療というと、
精神科疾患を専門とする医師(精神科医師)しか
指定医になれないものだと思ってしまいます。
私も、開業当初はそう思っており、
実際に開業当初は指定医条件に該当しておりませんでした。
しかし、
認知症やてんかんも、この「精神通院医療」に該当する疾患なのです。
開業後、特別養護老人ホームや認知症グループホームの診療に従事するようになり、
(入所対象者の全員が認知症です)、
認知症サポート医にも認定されてきています。
というわけで
相応の専門知識をもって、一定以上の期間、精神疾患の治療に日常的に従事している、
などの指定医の所定の条件を満たすこととなりました。


認知症が少し進行してくると、
通院が困難になってきます。
訪問診療によって在宅療養を続けることになります。
しかし認知症サポート医は大病院の精神科医師や
精神科専門クリニックの医師のことが多く、
在宅や施設といった「療養の場」に出かけていく認知症サポート医は少ないです。

認知症でも、受けられる制度はいろいろあります。
自立支援医療(精神通院)では
医療費の自己負担額が安くなる場合もあります。
以下のホームページを御覧になって、御相談ください。
入院以外の医療について適用されますので
訪問診療や訪問看護などにも適用されます。

なお、当院がかかりつけ医となっている対象疾患の方には
制度について個別に御案内をさせていただきます。


自立支援医療(精神通院)
広島県のホームページ
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/paraemoa/1296092261914.html

広島市のホームページ
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1157673644626/index.html



現在飲んでいる酒
宗玄酒造 能登之国 純米
P1070596.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

人は死んでも終わりではない3

甲子園は雨は今日はどうでしょうか。
大瀬良投手のケガが、たいしたことなければいいのですが。
阪神に今日は勝っておきたいところです。
今日の先発は九里投手。
応援しましょう!



さて、
人は死んでも終わりではない、というテーマで
1 は 同時代を他者と生きている、という視点。
2 は 命の連鎖、という、時間軸での視点を御紹介しました。

今日は、もっと小さい「元素・原子」という視点で
理論物理学・天文の立場ではどう考えているか、
というお話です。


地球規模で考えますと、
もし、死んだあとの体が、自然の野山に存在したならば、
微生物などによって分解されていくでしょう。
そして、植物や菌類など、次の世代の生き物の材料となっていきます。
死んだら終わり、ではなく、
次の生き物の栄養になっていくわけですね。

これは、地球規模の話で
死んだら終わりではないですよ、という話ですが
宇宙規模ではもっとスケールが壮大です。



星の寿命、というのを 御存知でしょうか?
私たちの生命の源と言ってよい太陽。
太陽にも寿命があるのです。
太陽系が誕生して、およそ50億年程度ですが、
あと50億年すれば、太陽は爆発して星の死をむかえます。
当然、私達地球の生き物も、そのときには跡形もなくなります。
(地球は、膨張する太陽に飲み込まれてしまいます。)
もし地球に留まっているとしたならば
人類の歴史もそこで終わります。

で、
現在の天文学が明らかにしてきたことがらとして
ビッグバンで現在の宇宙が誕生して、約137億年です。
その原始宇宙のあちこちで、陽子・電子・中性子が重力で集まって星となり、
核融合がはじまり、原始の星が光り始めます。

その時の星の大きさ(質量)で、その星の寿命と終焉形式は決まっており
太陽は「主系列星」という星の一生をたどります。
意外かもしれませんが
大きな星ほど寿命は短いのですね。
太陽は、比較的小さ目の星で、
星の寿命はおよそ100億年です。

で、
星が生まれ、そして星が爆発して死を迎え、
物質を宇宙空間にまき散らします。
この爆発のときに、重い元素が出来上がります。
最初の星には、水素やヘリウムといった軽い元素しかありません。
星が爆発することによって
「重い元素」が生成されていくのです。

私たちの体は
水素のほかに
酸素、炭素、窒素、リン、あるいは鉄や銅など
いろいろな「重い元素」から出来ています。
これらは、みんな 「星の爆発=星の死」によって
もたらされたものなんです。

このように
星が死ぬことにより、
星の材料となる物質が供給され、
そうして あらたな星が、また生まれます。
太陽は、3世代目の星だと言われています。
私たちは、その太陽の第三惑星に誕生した生命体として、生まれ、育ってきました。
私たちの体を作る元素は
「いつか どこかでおこった 星の死」によって
もたらされているのです。


星の死も、それで終わりではなくて
次の新しい星々の材料となるのです。
「死んだら終わり」ではないのですよ。


理論物理学とか、天文学というのは
我々のこの世界は どうやって成り立っているのか
を考える学問なんですね。


クッキー屋サリー タルト
P1070761.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

人は死んでも終わりではない2

昨日は、すごい雨と雷でしたね。
予定されていた訪問診療で市内を車で走り回りました。
「冠水の名所」は避けるように、いつもとは違うコースで走ったりして。
それでも思わぬ所に水たまりがあったりして、大変でした。
雷の中を、傘をさして歩いている人も何人も見ました。
雷の聞こえるなかでは、外出しないようにすべきと思います。
雷の怖さをしらないのでしょうかね。

台風が接近します。
御用心ください。



いのちは限りあるものであるがゆえに尊い。
いのちの連鎖が新しい世界を開く。

これは
銀河鉄道999 の底に流れている基本テーマです。
お子様向けアニメだろう、
と思って 食わず嫌いだった人は
ぜひ再度の視聴をおすすめします。
深遠なテーマが底にある作品だから
現在でも人気がある作品なのだと思います。

主人公の鉄郎は、
「機械の体」を手に入れ「永遠の命」を手に入れるための旅に出ます。
その旅の途中にさまざまなエピソードがあり
鉄郎は、(そして私たちは、)
いろいろなことに考えを思いめぐらせることになるわけです。
機械の体を手に入れ、永遠の命を手に入れることが
本当の幸福を手にすることになるのだろうか?


死ぬ、というのはこわいことであり、
死は恐ろしい、と思うことは 自然な感情だと思います。
誰でも、死にたくはない、生きていたい。
でも
死ぬことは「悪いこと」ではないのです。
これまでも命は受け継がれてきて
これからも命は受け継がれていきます。
あなたも、私も、いつかは死ぬ。
でも
それで終わりではないんですよ。




【おまけの話】
銀河鉄道999の、プラネタリウム用作品の新作が出来ています。
コニカミノルタ プラネタリウム社の作品です。
東京スカイツリーのプラネタリウム等で上映されています。
広島市には、こども文化科学館にプラネタリウムがあり
コニカミノルタの機械です。
でも、こうした最新作はこども文化科学館では上映できません。
機材が古すぎるのです。
コンピュータによる投影も出来ません。
このため、プラネタリウム番組を購入して上映できないのです。
スライド映写機も壊れ、補修部品もすでに入手できなくなっています。

市民球場跡地の活用について議論されていますが、
既存の施設が老朽化し、建て替え・リニューアルを必要としている、
ということも ぜひ知っておいてください。



クッキー屋サリー の タルト
P1070760.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

人は死んでも終わりではない1

カープ、やはり雨天中止でしたね。
当方は、部屋の片づけのあとはフィッタにランニングに行きました。
まだお試し期間中です。
雨でも走れる、というのは うれしいことです。
膝回り、腰を支える筋肉を鍛えております。
なかなか、いいですよ。

今も雨ですが、
今週は台風の予測です。
かなり大型のようです。
台風の進路情報に注意し、
乾電池や水・食糧の備蓄を確認しておきましょう。
雷も鳴っていますので、
このブログをアップしたらパソコンは落とします。


さて、
癌の現状についての論文を御紹介すると
いろいろと反論コメントがかえってくることがあります。
希望を打ち消すようなことをするな、と。
当方は
現状を正しく認識して
その上で自分らしい生き方を選択してほしい、
と願っているにすぎません。
現状を正しく認識した上で
それでも癌と戦い続けたい人は戦えばよいし、
戦うことよりも、他の選択をする人もいていいのです。
ただし、戦うといっても
ありえないことを願い、信じ込み、
その結果 持ち金を全てなくし、
親兄弟・親友との交流を全て失う、
そういう人になってほしくない、と思っているだけです。

どうしてそういうコメントになるのか
いまだに考え続けているのですが、
もしかしたら
「死んだら終わり」と
その人は強く思い込んでいるのかも、と思うこともあります。
(それが全て、とは思っていません)

人は二度死ぬ
という言葉があります。
今日はそのことについて 考えてみましょう。

人は死にます。
早かれ遅かれ、必ず死にます。
ですから
生きている今を、せいいっぱい生きるのです。
で、
「死んだら終わり」 かというと
そうではありません。

現実的な、即物的なレベルの話をしますと
死んだら死亡確認・死亡診断書・死亡届が必要ですし
火葬なども必要です。
通夜・葬儀がおこなわれる場合もあるでしょうし、
相続の話も始まるでしょう。
3回忌とか7回忌とか、いろいろな行事がおこなわれる場合もあるでしょう。
あなた以外の人にとって
あなたの死は終わりではないわけです。
コトによっては、あなたの死は、始まりの合図です。

人は二度死ぬ、とは
そういう現実的な、ロマンのかけらもない話ではありませんで。

人は、
自分ひとりでこの世に生まれ出でたわけではありませんし、
自分ひとりで育ち、
自分ひとりで生きてきたわけではないのです。
必ず、あなたに関わってくれた人たちがいます。
生きる、ということは
他者との関係を作り、維持し交流していく、という営みでもあるのです。

ですから
あなたが死んでも、
関わった人たちは生きています。
あなたに影響を受け、あなたのことを思いだす人はいるのです。
誰かの心の中で、あなたは生き続けています。

年月がたち、
あなたのことを思い出す人が一人もいなくなった時に
(社会のなかで) あなたは死んだ、と言える。
これが「二度目の死」です。


二度目の死を考えてみた時、
自分の生き方を考えるヒントになるように思います。

自分がこの世に生きたあかし、
それが後世まで残れば理想なんですけれども、
全員が偉人伝に残る活動ができるわけではありませんね。
日々、小さい善行を積み重ねていれば
30年間くらいは「あの人はいい人だった」と言われるでしょう。
もっともっと世の中の役に立つ活動ができれば
100年でも、1000年でも、記憶と記録に残る人になれるかもしれません。
逆に
「生きている間が全て、死んだら終わり」、
と言って勝手きままに人生を送っていたならば
「あの人は自分勝手な人だった」と30年間くらいは言い続けられることになる。
大きな悪行をおかしたならば「悪い記憶と記録」が何百年も残ることになります。
そんなのは嫌ですね、
どう考えても、死んだら終わり ではないですよね。



で、
癌の話に戻りますと。
癌の治療が効果を失ってきた時、
「現代医学ではここらが限界です」と宣告されることがあります。
人生の残りの時間がおおまかに伝えられる場合もあります。
当方は、残った時間と残ったお金は
家族といっしょに旅行したり食事したり、
「いい思い出づくり」をされてはいかがですか?
という思いを持っています。
御家族にいい思い出といい記録を残されてはいかがですか、と。
癌治療の終了を宣告されて、
頭が混乱してどうしていいのかわからない、という方には
そういうお話をさせていただくこともあります。
でも、中には
自分だけは助かりたい、自分だけは奇跡をおこしてみせる、と
財産を全部、 
○○の水、××のツボ、△△療法
といったものに費やしてしまったという人も経験しています。
家も土地も貯金も全部失い、
親兄弟からは見捨てられる、
そういう人を経験しているのです。
死んだら終わり、自分の金だから自分の自由に使っていいか、
というと  
まあそうです、ということになるのかもしれませんが
でも
このお金の使い方では 死んだ後で
「あいつは話にならん奴だった」と言われるだけです。
悪徳業者を喜ばせ「いいカモだった」と言われるだけです。
墓の中まで金は持っていけない、
どうしても生きているうちに金を使いたい、
ということであるならば
こどもの療育施設・団体に寄付をしたり、
地域の小学校や中学校に寄付をしたり、
近隣の公民館や図書館に本や購入費などを寄付したり、
被災者支援に寄付をしたり。
自分ひとりのためでなく、困っている人のためにお金を使う、
というのが良いのではないかと思うのです。
あの人は、最後に善い行いをされた、と
関係する人たちは心に思い出を刻むことでしょう。


人は二度死ぬ。
ならば
どういう生き方をしたいのか。
どういうお金の使い方をすべきなのか。
考えてみたいですね。



小腹がすいたら こんにゃく
わらびもち風ですが、よく出来ています。
P1070330.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する

タクシーはミニバン化へ

カープ、一度は追いついたのですけどね。
なかなか楽には勝たせてもらえませんねえ。
現時点で雨。
今日の試合、あるのでしょうか?
雨天中止が増えると
シーズン最終に追加試合が組み込まれるので
優勝を決する試合とか
観戦スケジュールが予定できませんね。
まあ、それも楽しみのうち、ということなんですけどね。
先日、お好み村カープに行ったときに
向かいに座っていた若い女性3人組は
仕事の休みをそろえて高知からカープ観戦にきたのに
雨天中止となってしまったそうで。
かわいそうですけど。
広島の食を楽しんで帰っていただくしかないですねえ。
雨天中止のチケットを店頭で示せば
一人200円引き、とか、ワンドリンク無料とか、
雨天中止を逆手に取るキャンペーンとか どうでしょうかね?
少しは雨天中止のがっかり度が減ると思います。


さて、
タクシーについて。

タクシー、ミニバン化…高齢化・外国人に対応
読売新聞 7月4日(金)16時15分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140704-00050106-yom-bus_all
国内のタクシーが、おなじみのセダンから、車高が18~45センチ程度高いミニバンなどに切り替わっていくことがわかった。

高齢化社会を迎え、タクシー業界と自動車メーカーがお年寄りの乗り降りしやすさに配慮することにした。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、外国人観光客が増える中、体の大きな外国人の乗りやすさも考慮する
***一部引用


当方は、大学院時代に
アメリカの呼吸器学会に発表に行ったことがあります。
今も昔も、アメリカでの学会発表というのが
大きな目標なんですよ。
アメリカの学会は、申し込んだ演題の内容チェックが厳しく、
採択される率は日本国内学会よりかなり低いのです。
ですからアメリカの学会の発表に採択された、というと
「よかったねー」とお祝いするくらいの出来事なんですね。

で、アメリカの空港に着いて驚いたのは
空港にはセダン型のタクシーはほとんど存在せず、
ほぼ全車 ミニバンタイプの車だったことです。
人数もたくさん乗れ、荷物もたくさん載せられる。
ははあ、タクシーがミニバンなら、とても便利だな、
と思ったものです。
(この当時、日本国内ではミニバンというと
マツダのMPVが出たのか出るのか、という時期でした。)

日本もようやくその流れになってきた、
ということなのでしょう。
タクシーにも、プリウスが採用されておりますが、
プリウスタクシーは狭く、乗り心地悪く、トランクも狭い。
燃費はたしかに良いかもしれませんが
乗客としてはおおいに不満です。
タクシーとしては採用すべきでないと思っています。

ミニバンは、乗降の高さが高い車種もあります。
必ずしも高齢者に対応してのミニバン、
とはいかない車種もありますが
乗降が楽な車種での採用なんでしょうね。

乗客としては、ミニバン型が便利ですよ。



ふなっしー のコラボ商品があると
つい買ってしまいます。
コロンも食べましたが、写真なし。
P1060102.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599