calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201703 (29) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1337) 感染症 (324) 研修会 (304) 疾患情報 (284) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (171) 在宅医療 (144) 薬剤師 (127) 今週の花 (101) 医院情報 (100) ボランティア (99) 心に残る出会い (91) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (68) 禁煙 (57) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) 落語 (23) がん検診 (22) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

広島滞在したドイツ人がデング熱発病

昨日は寒かったですね。
朝の往診は雪の中で相当寒かったですが
その後は晴れておだやかになり、よかったです。
昨日の昼からは遠くの山も非常にきれいに見えました。
今朝は山々はひどくかすんでいます。
本日はPM2.5多い予測です。
喘息やアレルギー性鼻炎の方はPM2.5情報に注意しましょう。


さて、
デング熱が国内で発生した疑いがあります。
ドイツに帰って発病したそうですが
直前に日本を旅行しており、広島にも滞在しています。


デング熱の国内感染疑い例の報告について
厚生労働省 2014年1月10日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000034381.html

都道府県・政令市等への通達 1月10日
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10906000-Kenkoukyoku-Kekkakukansenshouka/0000034380.pdf

デングウイルス感染-日本(本州)から帰国したドイツ人旅行者におけるデングウイ
ルス感染
日本(本州)旅行から帰国した生来健康な女性(51 歳)が、2013 年9 月9 日にドイ
ツ(ベルリン)の病院を受診。9 月3 日より、40 度の熱、嘔気、続いて、斑状丘疹状
皮疹が出現。入院9 日前に、2 週間の日本旅行(8 月19~31 日)から帰国。旅程は以
下のとおり。
8/19-21 長野県上田市
8/21-24 山梨県笛吹市
8/24-25 広島県
8/25-28 京都府
8/28-31 東京都

これは、日本からドイツに輸入され、実験室診断されたデングウイルス感染症の第
一例目である。患者の行動履歴によれば、患者の行動やデングウイルスの潜伏期間を
考慮すると、当該患者は日本でデング熱に感染した可能性が高い。
***一部引用


広島県も滞在地です。
もしかしたら広島で感染したのかも??
そう考えると、私達にとって他人事ではありません。

広島で患者が発生したとして
早期に診断がつくとは思えません。
初期症状はカゼやインフルエンザと区別できるものはないのです。
重症、あるいは治りが悪いということで
病院に紹介し、(入院になるでしょう)
そこで診断検査をすることになるでしょう。
私は、医師のなかでは感染症に比較的詳しい部類と自負していますが
見たこともない疾患を早期に的確に疑う自信はありません。
(私は感染症専用病床を有する舟入病院に勤務したこともありますし、
県の結核の委員、新型インフルエンザ対策の委員をつとめたこともあります。
感染症に関しては、昔も今も関心を持っています。
それでもデング熱を的確に疑う自信はありません。)

海外の感染症に詳しい医療機関としては
舟入病院、県病院、大学病院などがありますが
それ以外の医療機関に入院した場合には
診断がつかないまま死亡することもあるかもしれません。
海外から帰国しての発熱は、
どの医療機関を受診するか、も実は大事なポイントです。

でもまあ、
そうひどく恐れる必要もありません。
日本国内で感染した患者発生は、過去60年ありません。
海外現地で感染して帰国後発症した患者については年間200名程度あります。
マンガ Dr.コトーではデング熱で医師が死亡と描かれていますが、
無事に回復することが多いです。
海外旅行では蚊に刺されないよう注意しましょう、
という種類の疾患だったのですが
地球温暖化で、こうした熱帯型の疾患が日本国内で発生する可能性は
高くなっていると考えられます。
マラリアとか、西ナイル熱とか、
いずれは国内でも患者が見つかる時代になるでしょう。

どのような注意が必要でしょうか。
引用しておきます。
7 治療
・ 特異的な治療法はなく、対症療法が主体となる。
・ 有効な抗ウイルス薬はない。
8 予防法
・ (特に感染リスクのある地域では)蚊との接触をさけること。具体的には、
①長袖、長ズボンを着用し、素足でのサンダル履き等は避ける。
②虫除け剤の使用等によって、屋外だけではなく屋内でも蚊に刺されないように注意する。
③室内の蚊の駆除を心がける。
④蚊幼虫の発生源を作らないように注意する。

さきに引用したホームページにQ&Aも出ています。
一般向け、医療従事者向けQ&Aあり。
興味ある方は御覧ください。


びっくりドンキー宇品店 
小さい子を連れて外食しようと思うと
こういう店になってしまいますね。
店全体がにぎやかですし、子連れが多いため
小さい子が少々騒いでも迷惑になりません。
子どもはハンバーグもポテトも好きですしね。
パインバーグディッシュ
P1050525.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
安佐南区 長束西小学校で学級閉鎖でています。
広島市では今季初です。A型。
手洗い咳エチケットよろしくお願いいたします。

インフルエンザ出席停止期間:
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで

この期間は、熱が下がっても、
スーパーやデパートなど人の集まる場所に行かないでください。
自宅で安静・療養してください。
他の人に感染させる可能性があるのです。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

自爆営業

中区は雪です。
寒いですね。
本日は朝、1軒の往診がありました。
胃腸炎もインフルエンザもこれから流行ピークがきます。
高齢者にとっては命とりになる病気です。
家族全員、手洗いをしっかりおこなってくださいね。


さて、
昨年末から日本郵便の「自爆営業」の存在が明らかになって
いくつかのニュースで取り上げられています。

波紋広がる日本郵便の年賀はがき「自爆営業」~大量の販売ノルマ、自費で購入し転売…
Business Journal 2014/1/1
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140101-00010001-biz_bj-nb&ref=clipRank
日本郵便社内における年賀はがきの「自爆営業」に関する議論が再燃している。

この問題については、以前から一部メディアやインターネット上などで取り沙汰されてきたが、大手メディアによる詳細な報道としては、昨年11月17日、朝日新聞が、日本郵便が郵便局に勤務する非正規社員に対し年賀はがき4000枚販売のノルマなどを課しており、一部社員の間では自費で買い取る自爆営業が習慣化していると報じた。同紙によれば、ノルマを達成できない場合には「実績の低い者は給料泥棒だ」「営業やらんかったら、辞めてくれて構わない」などと上司から圧力をかけられたり、社員が自費で買い取った年賀はがきが金券ショップやネットオークションで転売されているという。
***一部引用

営業職については
販売ノルマがあるのは当然かもしれません。
達成できればボーナスを上乗せする、
という制度であれば まっとうな会社でしょう。

しかし
営業でない職種についても、ノルマは一般的かもしれません。
製造部門や総務・人事部門などに対して
社員割引販売価格で自社製品を購入できるという特典がある会社は多いですが
やはり販売ノルマ(この場合には購入ノルマ)が
存在している会社も一般的ではないでしょうか。

たとえば
私はJR西日本に在籍していた時期があります。
広島鉄道病院に勤務していたのですけれども
医療職に対しても「販売ノルマ」はありました。
乗車券に限らず、JR駅の窓口等で販売する演劇やコンサートチケット、
関連ホテルの利用なども販売ノルマに算定することが出来ます。
ノルマといっても、達成出来なくても罰則があるわけではありませんが
達成したら会社から表彰されます。
昇進考査にはノルマ達成が評価の対象になるのです。
ですから、私達医療職とちがい「本物の鉄道マン」たちは
ノルマ達成に真剣に取り組んでおりました。
達成するのは当然、という職場の雰囲気があるのです。

私が子どもの頃、
国鉄に勤務していた叔父にあたる人から
我が家は鉄道利用のチケット等をもらうことが時々ありました。
自分たちが行けなくなったから、
という理由で切符をくれていたと思うのですが
私がJRに就職してはじめて、
この切符はノルマ達成のために自分で購入していた切符だと悟りました。
当時は子供だったので、余った切符をもらえてうれしいな、
という程度の認識しかなかったのですけれどもね。
これも自爆営業と言えるものだったのでしょう。

今回報道された日本郵便に販売ノルマがあり
自分で購入してノルマ達成する「自爆営業」は
けっして珍しいことではないと思います。
よい事かどうかは別として。

自爆営業のない社会になればいいのでしょうね。


そごうトリコロールのパフェ
P1050544.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(8) , trackbacks(0), この記事を編集する

大晦日のテレビ番組視聴率

寒いですね。
中区がこれだけ寒いですので
山間部は雪になるのではないでしょうか。
御用心ください。

外来では、嘔吐下痢の患者さんが多くなっています。
インフルエンザはまだそれほど増えた実感はありませんが
嘔吐下痢は非常に多いです。
手洗いをしっかりおこなってください。


さて、
大晦日の視聴率が発表になったそうです。

『Yahoo!』のトップにも「フジ大みそか瞬間視聴率0%台」 紅白の裏で惨敗のフジテレビ視聴率が話題に
アメーバニュース2014年01月07日
http://news.ameba.jp/20140107-556/
2013年の大晦日、NHK『紅白歌合戦』の後半視聴率が44.5%を記録。また日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP!!』第1部が19.8%、TBSで放映されたボクシング井岡一翔の防衛戦が14.5%と報じられる中、ネット上ではフジテレビが2.0%を記録し、瞬間視聴率では0%台もあり“大爆死”だったことが話題になっている。

ネットでは「サザエさんの再放送でもやってた方がまだ数字がとれたのでは」なんて声も出ていたりしたのだが、結構的を射ているのではないかと思える次第である。
***一部引用

大晦日の視聴率ですが、
紅白ががんばったようです。
我が家も実家で集合し、
紅白を最初から最後まで見ていました。
ただひとり、父のみは、ボクシングが見たいといって
別室のテレビを見ていましたけれども。
80歳すぎてボクシングを喜んで見る、
というのも まあいいか、の世界です。
年寄りは紅白を見るものだ、という思いこみは崩れていますね。
今後はこのような高齢者が増えることでしょう。

さて、
フジテレビの視聴率が爆死、という記事です。
東京五輪決定スペシャル、というのが
民意から完全に離れていますね。
五輪報道はすでに飽きられていますが、フジテレビは判断できなかったのでしょう。

大晦日に子ども向け番組が
かつてはあったような気がするのですけど。
ドラえもん映画とか。
少子化で子供の数は減っていますが、
だからこそ良質な子ども番組があれば
一定の視聴率は稼げるように思います。


年末に。
そごうカフェテラストリコロールのロールケーキ
P1050545.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
広島市が流行入りしています。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

スタジアムやホールを作るには

やしきたかじんさん、
食道癌で番組を休養されていましたが
死去されました。
とても残念なことです。


私が注目していたのは
大阪を明るく元気にしよう、という
「OSAKAあかるクラブ」という活動の中で
大阪に世界一のホールを作ろう、という活動をされていたことです。
やしきたかじんさんは
「OSAKAあかるクラブ」のキャプテンでした。

OSAKAあかるクラブ
ホール建設プロジェクト
http://akaruclub.jp/about/outline.html

行政に対して、「ホールを作ってくれ」、
と言うのではなく、
自分たちが主導して世界一のホールを作ろうというのです。
お金も(番組では200億円と言っていました)
自分たちで集める。

募金活動などもおこないますし
Tシャツ販売、
自動販売機の売り上げの一部を寄付する
というようなシステムも作ったりしています。

まあ、こうした活動も自身の番組で取り上げており
番組のネタ、という視点もあったかもしれませんが、
使える広報手段は何でも使う、ということでいいのでしょう。


広島でも
街を元気にするために
サッカースタジアムが必要だと思いますし、
世界に通用する音楽ホールもぜひ欲しいです。
でも
行政に対して
欲しい!欲しい!
と言うようじゃ ダメなんです。
そういう意味において
大阪のプロジェクトがどうなるのか
注目しておりました。

広島でも、
こういった活動、
出来ないものでしょうか。
やしきさんに相当する立ち位置の方って
広島にはあまりいないでしょうけどねえ・・・。


先日、「音楽は平和を運ぶ」活動の
新年初会合がありました。
今年、来年、再来年に向けて動き始めています。
私は私に出来ることをおこなっていきます。


新年のお菓子 クランチジャム
P1050652.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する

東電、賠償金の返還請求

寒いですね。
熱、咳あるいは下痢といった患者さんが増えています。
手洗いをしっかりお願いいたします。

さて
東電について
毎日新聞がいい取材を連発で出してきました。
いったん支払った賠償金を
社員や家族に対しては返還を求めているそうです。

<原発避難賠償>東電、家族にも返還請求
毎日新聞 1月6日(月)6時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000001-mai-soci
東京電力福島第1原発事故による避難者に対する賠償を巡り、東電が既に判明していた社員だけでなく、社員の家族にも、いったん支払った賠償金の返還を求めていることが分かった。

立教大の淡路剛久名誉教授(民法)の話 
東電社員、ましてや家族は原発事故の加害者ではなく、一般の被災者と差をつける理屈はない。東電は社員の転居を知ったうえでいったん賠償金を支払っており、その後状況が変わっていないのに返還を求めることは、法的に妥当性がない。
***一部引用


すでに判明していた社員への賠償金返還というのは
以下の記事です。


福島原発事故:賠償金返還請求「高線量下、作業したのに」
希望失い…東電の若手が続々退社、悔し涙
毎日新聞 2014年01月04日 07時00分
http://mainichi.jp/select/news/20140104k0000m040109000c.html
東京電力から賠償金の返還請求を受けた男性社員のうち一人は、福島第1原発の事故直後、吉田昌郎・元所長(死去)の指揮の下、最前線で収束作業に当たった。高い放射線量の中、震えながら作業したが、会社の対応は冷たい。希望を失い若い社員が次々と退社していく。士気の低下は著しく、廃炉作業に暗雲がたれこめている

東京電力福島第1原発事故の賠償は、国の原子力損害賠償紛争審査会が策定した指針に基づき、東電が払う。指針は避難に伴う賠償を▽精神的損害▽一時立ち入り費用▽避難費用など8項目に分類。被害者が東電に請求する。
***一部引用


東電社員・家族は、責任企業の職員・家族という立場のほかに
被災者・避難者という立場の人もいます。
住んでいた場所に住めなくなり
避難・転居せざるをえなくなった家族もいて
それは社員家族かどうかには関係がない話です。
該当する人たちには規定に従い賠償金が支払われたわけですが
これは社員家族であろうとなかろうと
条件は同じでなければなりません。
公平でなければいけないのです。

東電は、 「公平性」 という概念が欠落している企業なのでしょうか。

公平性に欠ける企業に
社会インフラを任せることは出来ないと思います。


今年のおせち料理
P1050549.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
タミフル、リレンザに続き
イナビルにも予防投与が認められました。
読売新聞が1月5日に報じています。
ただし、対象者についての詳しい報道はありませんでした。
添付文書を見ますと、予防投与の対象は以下のとおり。

予防に用いる場合は、原則として、インフルエンザウイルス感染症を発症している患者の同居家族又は共同生活者である下記の者を対象とする。
( 1 )高齢者(65歳以上)
( 2 )慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患患者
( 3 )代謝性疾患患者(糖尿病等)
( 4 )腎機能障害患者

つまり、同居の家族であっても、若くて健康な人は予防投与の対象にはなりません。
妻がインフルエンザになったから私(夫)に予防薬を、
という薬では ありません。
御了承お願いいたします。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599