calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
archives
201712 (11) 201711 (30) 201710 (31) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1476) 感染症 (328) 研修会 (321) 疾患情報 (296) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (180) 在宅医療 (161) 薬剤師 (132) ニセ科学・ニセ医学 (106) ボランティア (103) 今週の花 (103) 医院情報 (101) 心に残る出会い (99) 緩和ケア (75) 禁煙 (68) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (37) がん検診 (27) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

キャベツ使い回し?

黒田は1年16億円の提示がされるようです。
すごいですね。

さて、
キャベツ使い回し、という見出しを見て
わーキタナイ、と思いますが
本文をよく読めば実は「思い浮べた状況」とは違うようです。

最初のころに流れたニュースの見出し

キャベツ、おしんこ使い回し=とんかつ和幸の「恵亭銀座店」
時事通信 11月29日(金)14時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000064-jij-soci


12月4日時点での見出し

とんかつ和幸の食材使い回し問題、どこまで批判されるべき?“悪質さの度合い”の難しさ
Business Journal 12月4日(水)3時35分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131204-00010002-bjournal-bus_all
「客が箸をつけたキャベツを出していた」というイメージが広がり、批判が集中したこの問題だが、実際には専用の大皿でテーブルごとに提供し、トングなどで取り分ける方式で、“大皿に残ったもの”を再利用していたという。それでも客が“直箸”で取り分けていた可能性もあり、衛生面での懸念や生理的な嫌悪感を覚える人が多いのも事実だが、「このくらい許してやれよ」「まだ食べられる食材を捨てるよりいいんじゃね」との声もあり
***


私は とんかつ和幸は 弁当しか利用したことがなく
店で食べたことがないので
キャベツがどういう形で提供されていたのか知りません。
2番目の記事のような状況であれば
客がトングなどマナーを守って使用していれば
問題ないようにも思いますが。
これを使い回しと呼ぶのでしょうかね?
まあ、知らないのでコメントはしずらいです。
記事の見出しはイメージ形成に重要だ、ということは言えそうですね。



ところで再利用について。
医薬品については、返品再利用は基本的には出来ません。
使わなかったから返すので返金してくれ、
というのはダメです。
出来ません。
病院/医院や薬局ではきちんと温度・湿度など管理して
保管をしておりますが、
いったん患者さんの手に渡れば
どういう状況で保管されていたものかわからないのです。
間違って冷凍庫に入れて凍結/解凍されているかもしれませんし、
真夏の車の中で直射日光、60℃・70℃の環境に置かれていたかもしれません。
品質が保たれているという保証がないのですから
他の人への再利用は出来ず、
したがって返品/返金は受け付けることが出来ないのです。
(薬局が薬を出し間違った場合には
間違った薬は返品し、正しい薬を受け取ることは出来ます。
この場合、返品された薬は廃棄処分されます。)

薬局で薬を受け取る時には
窓口でちゃんと確認して受け取ってくださいね。
違っているようなら その場ですぐに指摘をしてください。


同じように、ワクチン。
医療機関がワクチンを入荷し、
余ったからと言って返品/返金は出来ません。
多くのワクチンは冷蔵庫で適温に保管する必要があり
製造会社から問屋までは厳重に管理されています。
コールドチェーンといわれる流通なのですが、
問屋から医療機関に配達されたあと、
個々の医療機関が「厳重に」管理しているという保証はない。
インフルエンザのワクチンが余ったから返品/返金というのは
メーカーも問屋も受け付けてくれません。

ですから
余分な在庫のワクチンは医療機関にとって損金となってしまいますので
インフルエンザのワクチンの在庫を抱えないように
各医療機関は気を付けています。
もう今シーズンのインフルエンザワクチンの接種を
終了している医療機関があるのは そのためです。
当院でもあと約20名で終わりです。
ワクチン接種をお考えの方は お早めにどうぞ。


瀬戸田レモンケーキ
季節限定という言葉に弱いので買ってしまいますね。
これはおいしいです、先日2個目を買いました。
P1050317.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
香港では初のH7N9患者発生、重体。
中国本土で感染したもののようです。
日本にもいつ入ってきても不思議ではありませんね。

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する

全身がんって何?

前田氏は、栗原にエールを送っているようです。
栗原はケガからの回復が問題ではありますが
無駄な力を抜けば3割20本打てると思います。
期待したいですね。

前田智氏、広島優勝のキーマンに栗原指名「はい上がってこい」
スポニチ アネックス [ 2013年12月2日 11:17 ]
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/02/kiji/K20131202007122710.html
参加者に来季の打順予想をリクエストされると、前田氏の思いがあふれ出た。「一塁はキラが守るでしょうが、栗原がいますから」としたうえで「厳しい道のりですよね。でも、まずは代打からでもオレははい上がっていくんだと…。僕個人としては彼に活躍してもらいたい」とエールを送った。
***


さて、少し古い記事ですが
いい記事と思いましたので御紹介しておきます。

樹木希林さん告白で注目「全身がん」って何?
THE PAGE 11月28日(木)10時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131128-00000004-wordleaf-hlth
女優の樹木希林さんが、テレビ番組で自身のがんについて語った内容が大きな話題となっています。樹木さんが「全身がん」と表現したことから「全身がんって何?」と思った人も多いようですが、これはどういうことなのでしょうか?


亡くなるギリギリまで体調をコントールしながら、健康な人に近い生活を維持することも十分可能になってきています。日本人の死因のトップはがんであり、3人に1人ががんで亡くなっている現状を考えると、がんは治りにくいという事実を受け入れつつも、社会がそれを認識し、がんと共存していくという姿勢が重要であることが分かります。

しかし現実はそうではありません。厚生労働省の研究班による調査では、がんに罹患した人の30%が依願退職を余儀なくされ、4%が解雇されたという悲しいデータがあります。こうした事態が起こってしまうのは、病気に対する無理解と「死」というものをむやみに忌み嫌う日本の土着文化が大きく影響していると考えられます。
***一部引用



全身がん という癌があるわけではありませんで
癌が全身あちこちに転移している、
という意味で表現されたようです。
乳がんや前立腺癌では、全身あちこちの骨に転移することも多いです。
樹木希林さんの場合は、乳がんということです。

癌になったら、すぐに死ぬ、
というイメージを持っている人も多いですが、
それは正しくありません。
癌をもちながら、何年、あるいは十何年も
生きていく時代になっています。
生きていくということは
仕事をして、お金を稼いでいく、
それも大事なことだ、ということでもあります。

ところが
癌になったらすぐに死ぬ、
というイメージを持たれていたのでは
会社を退職に追い込まれてしまう、という事態が起こります。
「がんに罹患した人の30%が依願退職を余儀なくされ、4%が解雇されたという悲しいデータ」
があるということ。
ここを何とかしなければいけません。

私どもは昨年度の市民公開講演会で
産業医科大学の平岡先生を講師にお招きして
「癌になっても生きる・働く」
というお話をしていただきました。
癌専門医と会社側(産業医)をつなぐツールが作成されて
普及に向けて動き始めているところです。

癌になっても、いい仕事が出来る、
ということを
女優さんほか 多くの方が示してくれると
癌に対する社会の受け止め方が変わるでしょうか。
期待しつつ応援したいと思っています。
この記事、いい記事だと思いますので、ぜひ全文お読みください。
じつは、一部引用した内容の次のページに
考えさせられる内容のことが書かれています。


中区サンタクロース
抹茶のおかし と フィナンシェ
P1050319.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

インフルエンザ流行はもう少し先か

Jリーグ、サンフレすごい追い上げですね。
次が最終戦で、勝ち点差2の2位。
横浜FMが負けか引き分け、サンフレが勝てば逆転優勝です。
野球で言えば最終戦でゲーム差0.5といった状況ですね。
では2位は確定なのか、というと そんなこともなく、
サンフレが負けて、鹿島・浦和が勝つと4位に転落し
ACL(アジアチャンピオンズリーグ)に出場も出来なくなる。
逆転連覇へ、応援しましょう。
最終戦は12月7日(土)15:30キックオフです。



さて、
昨日は2つの仕事がありました。
夜は広島市医師会夜間急病センターで勤務でした。
インフルエンザ、感染性胃腸炎の流行がはじまっているだろう、と
忙しいことを覚悟していったのですが
患者数はそう多いわけではありませんでした。
高熱の人にはインフルエンザ検査をおこないましたが
陽性者は出ませんでした。
インフルエンザの流行はもう少し先のようです。
嘔吐・下痢の人がほとんどでした。
とくに思いあたる食品(生もの、カキなど)のある人もおられず。
予防対策ですが、手洗いをしっかりおこないましょう。


昨日昼は、呉圏域で開催された
在宅医療推進医等リーダー育成研修会Ⅱ の講師をつとめました。
呉圏域は、都市部には大病院・基幹病院がたくさんあり、
広島市中心部(中区など)と同じような状況にありますが、
島嶼部や沿岸部も呉圏域に含まれており、
そこは過疎地、人口減少地域です。
「地域の実情」というのが、本当に違います。
呉圏域で一つのまとまったプランを策定するのは難しく
現実的ではないでしょう。
各生活圏域ごとに、地域包括エリアごとに地域多職種連携をおこなっていく。
そのために少しでも参考になれば、という思いでお話しました。


島嶼部や沿岸部などでは、高齢化率が非常に高い。
今はまだ地域で医療や介護を受けることも出来る。
しかし、
子どもが生まれないわけではないのだけれども
高校を卒業すると都会に出て行ってしまい、
地元に残る若者はいない。
このまま20年30年経過したならば
介護を受けようにも介護の担い手が地域にはいなくなっていて
地元で介護を受けることが事実上不可能になっている。
病気や障害をもつようになったら都会に出ていくしかない。
そういう選択をするしかない状況になっているであろう、
という意見も出ました。
地域コミュニティの再生・再構築ということを私どもは目指しているわけですが
行動に移すのは待ったなしだな、と感じました。

呉圏域の医療・介護・福祉の実務者のみなさん、
来年度は地域包括エリアごとに多職種連携会議が開催されますよ。
楽しみにお待ちください。


雨後の月 活性にごり酒
活性といっても弱いもので、扱いは難しくありません。
よくまとまった、高いレベルの一品です。
活性にごり酒はどうも・・・、という人におすすめ。
P1050315.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

マエケンは来季大リーグに行く

マエケンの契約更改の時期になりました。
大リーグ移籍条項がはいってくるかもしれません。

マエケンvs広島 「年俸3億円」の平行線に巨人・内海の影
日刊ゲンダイ 12月1日(日)10時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131201-00000017-nkgendai-base

ゲンダイの記事なので、どこまで関係者取材しての記事なのか、
信憑性については大幅に割り引く必要はありますが
マエケンがなぜ大リーグを目指すのか
背景がわかるような記事です。
マー君の移籍がうまくまとまるようだと、
来年はマエケンが大リーグに行くでしょう。
カープが優勝できるチャンスは、来年1年限りで
その後はまたチャンスが遠ざかると予測されます。
3位で喜んでいてはいけないのです、
あくまで優勝を目指さなければ。
優勝を勝ち取る戦いのできる監督/采配でなければいけないのです。
3位になったので大赤字になった、とボヤく
経営陣(クソオーナー)ではいけないのです。

ファンクラブへの入会は今年も申し込みませんでした。
ただ、来年でマエケンが見納めになりそうですので
マツダスタジアムには数回は応援に行きましょう。
マエケンの快投を目に焼き付けておかなければいけませんのでね。


さて、
インフルエンザワクチン、打たないと考えている人もいます。
若い人であれば、それでもいいのですけれども、
高齢者の御家族でも、
高齢者なんだけど打たなくていいと思っている人もいます。
その論拠を聞いてみて
一つ一つ論破することも出来るのですが
それでは意味がない。
自分で考えて、判断してもらう、ということが大切です。
そういう意味では以下の記事が参考になります。
ぜひお読みください。

インフルエンザワクチンは「打つべき!」か?
高山義浩 (たかやま・よしひろ)
朝日新聞アピタル 2013年11月25日
http://apital.asahi.com/article/takayama/2013112500025.html


三越地下で購入の和菓子 玉椿
伝統的な和菓子で、おいしいですね。
P1050306.JPG広島ブログ

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

東北に医学部新設

寒いですね。
今日は朝から自宅での看取りがありまして。
その道中、太陽が当たっていれば暖かい。
太陽のありがたさをあらためて実感した朝でした。

さて、
復興支援として医学部新設、というニュース。
即効性はなく、永続性も疑問で
失政に終わるとみています。


東北に医学部、15年春にも=復興支援で1校限定―文科省
時事通信 11月29日(金)10時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000030-jij-soci

医師不足、ということが言われていて
ならば医師を養成・増員すればいいじゃないか、
ということになるのですが、
それだけでは解決しません。

どういうことか、というと
「地元に残る医師」を養成しなければいけないのです。
卒業すれば、全国どこの病院で研修を受けることも出来ますし、
研修のあとは全国どこの病院等に勤務することも出来ます。
東北に新設された医学部の卒業生が
東北でそのまま働き続けるとは限らないのです。
奨学金制度があって
地域で既定の年数 医師として働けば
返済を免除する、などという制度は今も出来ています。
広島大学にもあります。
「地域枠」と呼ばれるものですが、
卒業と同時に奨学金を一括返済すれば自由の身になれますので
実効性がどれほどあるか、は今後の実績次第というところです。

東北のために医師養成、という目的であれば、
「地域限定の医師免許」という新しい制度を作れば解決します。
教員など、自治体採用の制度になっている例がありますので
けっして不可能なことではないと思います。

それと
医師が東北で
(あるいは全国の「医師不足地域」で、と読み替えてもいいですが)
働きやすい環境を整備する、
ということも重要なことです。
過酷な労働現場からは逃げ出してしまい、
それを無理やり止めることは出来ません。
たとえば
妊娠出産を契機に現場から退く医師もいますが
産休育休制度の充実、
院内保育所など子連れでも働ける環境を用意すれば
医師として働き続けることが出来るようになります。
60歳定年、65歳定年という一律の制度をやめて
70歳とか75歳でも働き続けることが出来るようにすれば
高齢医師の活用ができます。
もちろん
高齢医師に過酷な当直勤務は無理。
当直というのは、本来 睡眠をとれるくらい「ゆるやかな」拘束勤務で
あるべきなのです。
地域全体で
夜間休日のコンビニ受診はしない、
軽症であれば翌日朝まで待って受診する、
在宅や施設での看取りを増やし、看取り往診は翌朝まで待つ、
などといった「地域医療を守る受診」を
地域全体で考え、徹底していくことが医療崩壊を防ぎます。

ほかにもありますね、
医師がイナカを離れ都会へ移るのは
「子供の教育」を考えると・・・、
というのも大きな理由の一つです。
イナカにいても都会に負けない教育環境である、
この地からでも東大や医学部にいける学力が身に着く、
という環境を用意すれば医師は定着するでしょう。

医学部を新設し、病院を作れば
東北の医療環境は改善され復興に役立つ、
というのは幻想です。

まだまだ言い足りません。
医学部新設ではなく、現存する医学部の地域枠を拡大すれば
問題解決はかなり容易なはずなのです。
医学部新設して、養成した医師が前線で働けるようになるころには
東北では人口そのものが減少してきて
医師を必要とする状況になっていない可能性も高い。
そういう時系列での見地からの話など。
医学部を新設しよう! というのは
景気のいい「土建屋政治」としか見えません。
が、長くなるので
今日はこれくらいで。


今週の花
P1050316.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
全国で流行がはじまっています。
インフル患者急増、各地で学級閉鎖相次ぐ-東京の一部や北海道で「流行入り」
医療介護CBニュース 11月29日(金)18時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131129-00000002-cbn-soci

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634 | 635 | 636 | 637 | 638 | 639 | 640 | 641 | 642 | 643 | 644 | 645 | 646 | 647 | 648 | 649 | 650