calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
archives
201704 (26) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1352) 感染症 (325) 研修会 (304) 疾患情報 (286) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (173) 在宅医療 (148) 薬剤師 (127) 今週の花 (101) ボランティア (100) 医院情報 (100) 心に残る出会い (91) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (69) 禁煙 (58) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (23) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

いつからエンド・オブ・ライフ・ケアなのか

黄砂、来ます!
本日16日、および18-19日に広島地域は黄砂。
喘息をお持ちの方は吸入薬を少し増やしておきましょう。
気象庁 黄砂情報は当ブログ右上にリンクしてありますので
ときどき御確認ください。

さて、
昨日の話題の続きです。
人生の最終時期をむかえて受けるのは
エンド・オブ・ライフ・ケア
と呼ばれます。
ちょっと以前までターミナルケアと呼ばれていたものです。
緩和ケアとか
エンド・オブ・ライフ・ケアは
いつ頃から受けるものなのでしょうか?

現在では癌緩和ケアは
「がんになったら緩和ケア」
という標語も出来ています。
がんと診断されたら、という意味ですね。
厳密に考えれば、もう少し前、
「がんの疑いがありますので精密検査しましょう」
「がーん・・・!」
の段階から緩和ケアが関与してもいいですね。

今では
がんの治療と緩和ケアは車の両輪、
という位置づけになっています。
手術を受け完治する人であっても
緩和ケアは必要であるし、受けるメリットもあるのですね。
緩和ケアはけっして進行癌や末期癌の人だけが受けるものではないのです。

これに対し
エンド・オブ・ライフ・ケア というと
やっぱりある程度 終末期に近づいた人というイメージがあります。
残された時間が数か月単位、という状況のイメージです。
これが狭義のエンド・オブ・ライフ・ケア。

これに対し、
人生の最期を考え始めた時から心のケアが必要で
エンド・オブ・ライフ・ケアがはじまる、
という考え方も出来ます。
これが広義のエンド・オブ・ライフ・ケア。
この場合には
お亡くなりになるまでの時間は
数年、数十年ということもありえます。

この広義の考え方でいけば
「最期はどこで、どういう死をむかえたいか」
「それまでどういう生をおくりたいか」
を考え始めた時がポイントになりますね。
遺書を書いた・書こうと考えた、
尊厳死について考えた・尊厳死協会に加入した、
臓器提供意思表示カードにサインをした、
なんていうのは
エンド・オブ・ライフ・ケアについて考えはじめる段階といって
よいでしょう。


当院では
日本尊厳死協会のパンフレットや申込書を
窓口に置いています。
どうぞ よい死を、よい生を考えてみませんか?
尊厳死協会のパンフレット、
御希望のかたは当院窓口でお申し出ください。

***
市民公開講演会の予告
平成25年6月16日(日)14-16時
「認知症予防の最新情報」
講師:鳥取大学医学部 浦上克哉教授
スケジュールを開けておいてくださいね。


広島弁トランプ
面白そうなので購入しました。
まだ開封していませんが。
P1010492.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。
明日17日に
TBS系で“鳥インフルエンザ”を特集する番組『緊急!池上彰と考える“鳥インフルエンザ”迫りくる本当の危機!』(17日放送、後7:00)が放送されるそうです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

エンド・オブ・ライフ・ケアとは

平成24年度 厚生労働省 在宅医療連携拠点事業の報告書提出が終わりまして、
のんびり出来るはじめてのお休み、のはずでしたが。
昨日は東京の日本内科学会に参加してきました。
専門医制度がどうなるか先行きわかりませんが、
土台になる内科学会の認定資格を維持しておかないと
その上に位置する専門科目の専門医の資格も維持できません。

実践的生涯教育プログラム に参加してきました。
エンド・オブ・ライフ・ケアについて
~尊厳をもって生きるために~
講師:淀川キリスト教病院 田村恵子先生

緩和ケア、というと
癌に特化したイメージがあります。
緩和ケア病棟に入院できるのは癌とエイズ患者のみです。
しかし
在宅緩和ケアをやっていると
対象者は癌だけではなく、
終末期をむかえている全ての人が対象なんです。

で、
疾患を限定しない用語として
エンド・オブ・ライフ・ケア
という名称が1990年代から使われるようになってきています。
ただし、
まだ新しい名称のため
北米と、日本・ヨーロッパでは微妙に概念が違うそうです。
北米では広い概念、
日本・ヨーロッパは狭い概念(=ターミナルケア、≒緩和ケア・ホスピスケア)

今後はエンド・オブ・ライフ・ケアという言葉を
よく目にするようになると思います。
論文や著書を読む時には
どういう背景で書かれているのか
ちょっと注意が必要かもわかりませんね。

在宅看取りに対応している医療機関はどこもそうですが、
当院も癌緩和ケアに特化しているわけではなくて
エンド・オブ・ライフ・ケアに対応しているわけです。
御希望があれば御相談ください。


ひよこ100周年ストラップ
P1010602.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
北京でも患者が出てきましたね。
ヒトーヒト感染が生じているのか。
いつ警戒態勢にはいってもいいように
準備が必要ではあります。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

イレッサ裁判と遺族の思い

カープ、調子いいですね。
今日は先発 戸田。
若手の起用もいいですね。
野村監督、いい流れを作って若手を育成し
今年で引退してもらいたいものです。

さて、イレッサ訴訟の最高裁判決が出ました。

イレッサ訴訟、遺族側の全面敗訴確定 最高裁が上告棄却
iza産経新聞2013/04/12 15:23
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/645955/


亡くなられた患者さん、御家族には、
まず、お気の毒なことでした、と申し上げます。
その上で、
この判決は妥当であり当然であろうと考えます。

イレッサというのは、分子標的薬のはしりの薬です。
癌細胞に生じている遺伝子変異のうち、
癌が成長するのに重要な役割をしている分子をブロックしてやれば
癌が消えるのではないか、という考えの薬です。
実際に、効く人にはよく効きます。
癌が画像検査で全く消えてしまった人も経験しています。
(効かない人には全く効果ありません。
効くか効かないか、その2つしかなく、中間はありません。)
しかし
完全に治ってしまうわけではなく、
仮に効果があった場合であっても
約1年後には薬が効かなくなって癌が再増殖をしてきます。
癌細胞が、この薬剤が効かなくなるような
2度目の遺伝子変異をおこすためです。
つまり イレッサというのは、
約1年間、元気で暮らせる時間を得られる可能性のある薬、
ということです。

どんな薬にも副作用はあります。
メリットとデメリット、その天秤のうえで
薬を投与するか投与しないか、を決めていきます。
通常の抗癌剤は、薬によって癌が消える率が2%、
抗がん剤で死亡する率が2%、
こういうバランスで使用されています。
薬が少なすぎれば癌に効かない、
十分に効く量にすれば副作用が避けられない、
そういうことなのです。
効果を期待するためには数%の死亡率はやむを得ない、
そういう薬剤量を設定しているのが抗がん剤なのです。

イレッサについては
間質性肺炎という副作用をおこす危険性が4%
副作用で死亡する率が2%、
いったん副作用が生じれば
食い止めることはむずかしく、
短期間で亡くなられます。
しかし、もし効けば、安定した生活を1年保つことが期待できる、
と、こういう薬です。

抗がん剤が効くかどうか、
副作用で死亡してしまうかどうか、
というのは賭け、ギャンブルです。
結果をあらかじめ予測することは不可能です。
つまり、
イレッサで死亡するのは仕方がない。
運がなかった、賭けに負けた、ということです。
ここは裁判の争点にはなっていません。

争点になっていたのは
死につながる間質性肺炎という薬の副作用、
これが薬剤添付文書の4番目に記載されていました。
こんな副作用ならば添付文書のもっと上の方に記載して
注意を喚起していなければならなかった、
国と製薬メーカーに責任があるはずだ、
というのが今回の裁判の争点です。

しかし、ですね、
私の肺癌治療医の立場・経験からすると
癌治療医は添付文書のすみずみまで読んでいます。
製薬メーカーから薬の説明を受け、
学会や講演会などで情報を集め、
それでようやく使用するのです。
添付文書の上の方に書かれていようが
下の方に書かれていようが
実際には何の影響も与えません。

抗がん剤で治療をすること、
それはギャンブルなのだ、
ということを理解していただきたいと思います。
抗がん剤は安全で優秀な薬ではない、ということを御理解ください。
結果としてギャンブルに負けたことはお気の毒ではありますが、
裁判をおこすという性質の出来事ではないと思っています。


遺族の無念な気持ちはわからないでもありません。
でも、
この記事を読むかぎり、考え方が間違っていると思います。

<イレッサ訴訟>全面敗訴へ 遺族「命はこんなに軽いのか」
毎日新聞 4月2日(火)20時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130402-00000077-mai-soci
「東京高裁の判断が維持されるなら、結局娘がなぜ亡くなったのか分からない。がん患者の命はこんなに軽いのか」
***引用終わり

娘さんが亡くなられたのは癌のためです。
イレッサを使っても、使わなくても、癌で亡くなられています。
イレッサという最後の頼みの綱に賭け、
賭けに勝てなかった、というだけのことです。
(仮にイレッサが効いていても、1年後頃には亡くなられているはずです。)
亡くなられた原因は癌であり、明明白白なんです。

癌治療医で、患者の命が軽いなどと思っている医師は一人もいません。
一人ひとりに真剣に向き合い、
最善の治療を模索し、
死亡する可能性のある薬であることを承知した上で
抗がん剤治療をおこなっています。
本人・家族にも、死亡することのある薬であることを
説明し、了解していただき治療をおこなうのです。
本人や家族が、それを知らなかったとは言わせません。

癌で死亡するのは
癌治療医が悪いのでしょうか、
癌治療薬が悪いのでしょうか?
癌で亡くなられたことはお気の毒ではありますが、
誰かのせい、何かのせいにするのは
筋違いだと思います。

抗がん剤の副作用がイヤならば
抗がん剤治療を受けない、という選択肢もあります。
薬があるから全員が治療を受けなければいけない、
という話ではありません。
私は、そういう人を何人も経験しています。
「もう十分生きさせてもらった。
もうこれ以上、積極的な治療はもういいです。」

それ以上の癌治療を選択されず
淡々と人生の最期を迎えられた多くの人を知っています。


いただいた日本酒。
おいしいのはおいしいのですが、
無理して辛口淡麗に振りすぎている感じがします。
個人的には、もう少し自然な作りのほうがおいしい酒になったと思います。
辛口淡麗が好きな方にはオススメです。
P1010699.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
中国のH7N9。
タミフルなど抗インフルエンザ薬が効くそうですから
現時点でパニックになる必要はなさそうです。
冷静に続報に注目していましょう。

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する

チョイス@認知症予防の取組み

昨夜は広島市医師会夜間急病センターで勤務でした。
インフルエンザ検査も何人かにおこないましたが陽性者なし。
何らかのウィルス感染症はあるようですが
インフルエンザはほぼ終息ですね。

さて、
昨日、一つの区切りがつきました。
平成24年度 厚生労働省 在宅医療連携拠点事業に採択され
1年間活動をおこなってまいりました。
「在宅・施設医療ネットワーク広島」
在宅医療と施設医療を同列に論じ、
課題解決には同じ手法が適用できる、
というのが当方の出した課題解決策で
この視点は当方の独創的なものです。
昨日、活動報告書を厚生省に郵送、提出しました。
これで一区切りです。
御協力いただいた皆様、
講演会や多職種連携に御参加いただき貴重なご意見をくださった皆様、
ありがとうございました。
厚生労働省の支援を得られる期間は終わりましたが、
私たちは今後も在宅医療連携拠点として
活動を続けてまいります。

在宅医療連携拠点の活動の一つとして
本年度の市民公開講演会の開催が2つ、すでに決まっています。
第一弾として、
浦上克哉先生を6月に広島にお招きして
市民公開講演会「認知症予防の最新情報」をおこないます!!

まずはテレビを御覧ください。
NHK教育テレビ(Eテレ)
チョイス@病気になったとき
http://www.nhk.or.jp/kenko/choice/index.html#/content_0
4月13日(土) 午後8時~8時44分
再放送金曜日午後1:05~1:49
認知症をくい止めろ
増加の一途をたどる認知症患者。発症をくい止めるためには、あるチョイスが重要だ。多くの人が見過ごしてしまうそのチョイスとは一体何か?成功した人からその極意を学ぶ。

出演:鳥取大学 医学部 教授
   浦上 克哉(うらかみ・かつや)

当方の主催する浦上先生の市民公開講演会は
6月16日(日)14-16時の予定です。
もちろん参加費無料
細部が確定すれば広報開始しますので
お楽しみに。

広島駅新幹線口のミニヨン ミニクロワッサンセット
カープ応援セットだったかな、6種+1個で550円。
P1010692.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
広島県は4月11日、インフルエンザ警報を解除しました。
あともうしばらくの間、B型が散発的にみられるでしょうが
シーズンインフルエンザはほぼ終息に向かいます。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

認知症を予防しよう!

カープ、なかなか連勝を続けるのはむずかしいですね。
野村には早く勝ってほしいものです。
久本だって、2試合好投しましたが
3試合続けて好投できるとは限りませんしね。
勝てる試合は勝ちきっておかないと。
今日は中日戦、相手の中田投手の出来がポイントですね。


さて、
認知症は、予防や早期発見・早期治療を目指して
かなり進歩してきています。
明日のNHKテレビを是非ご覧ください。
私たちは講師の浦上先生を6月に広島にお招きして
市民公開講演会をおこないます!!

NHK教育テレビ(Eテレ)
チョイス@病気になったとき
http://www.nhk.or.jp/kenko/choice/index.html#/content_0
4月13日(土) 午後8時~8時44分
再放送金曜日午後1:05~1:49
認知症をくい止めろ
増加の一途をたどる認知症患者。発症をくい止めるためには、あるチョイスが重要だ。多くの人が見過ごしてしまうそのチョイスとは一体何か?成功した人からその極意を学ぶ。

出演:鳥取大学 医学部 教授
   浦上 克哉(うらかみ・かつや)

当方の主催する浦上先生の市民公開講演会は
6月16日(日)14-16時の予定です。
もちろん参加費無料
細部が確定すれば広報開始しますので
お楽しみに。


今週の花 
P1010706.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
感染者、死亡者数が増えてきていますが
基本的には驚くべき新しい情報ではありません。
経過を注目しておきましょう。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604