calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
201710 (22) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1452) 感染症 (327) 研修会 (317) 疾患情報 (294) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (178) 在宅医療 (160) 薬剤師 (131) ボランティア (103) 今週の花 (102) 医院情報 (101) ニセ科学・ニセ医学 (100) 心に残る出会い (97) 緩和ケア (73) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (37) がん検診 (27) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

ひさびさの釣り

昨日は久しぶりの休み。
国へ報告する書類作成作業はありますが、昨日はやらないことにして
友人たちに誘われて海へ釣りに。
この時期のメバルは、
かぶら釣りという方法で釣ります。
針に緑色や白色の長さ3cmほどのビニールの切れっぱしのような
ものを取り付けてるものを使います。
疑似餌(ニセエサ)ですね。
メバルに聞いてみないとわかりませんが、
緑色の物はいかなご、白色はシラウオに見えるのではないでしょうかね。
あるいはエビかな?
この時期の「小さいイカナゴ」は、メバルにとって大ごちそうです。
イカナゴがあまり大きく成長しすぎると
その動きにメバルは追いかけることが出来なくなります。
メバルは岩場にいて、あまり泳がない魚なのですね。

で、
最初は小さいメバルのラッシュでした。
15cm以下は放流ですので
釣っては放し、釣っては放しの繰り返し。
いくつか場所を変わって、
19~24cmのメバルを10尾持ち帰りました。
久しぶりの釣りと友人たちとの会話は楽しいものでした。
メバル釣り、いいですね。
刺身、塩焼き、煮つけ、吸い物で
昨日と今夜の夕食の食卓にのぼります。



サイテー、と思うニュース。
東電、お粗末!福島第1原発の停電原因はネズミ
スポーツ報知 3月21日(木)7時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130320-00000260-sph-soci

タイトルだけでみると
ネズミが原因であることがお粗末、と読めますが、
問題はそこではありません。
福島原発は全電源喪失というのが大事故につながった、
というのに
今回またバックアップ設備がなかった、
というのは信じられないことです。

記事から一部引用
***
冷却システムにつながる重要な配電盤にもかかわらずバックアップ設備はなかった。今回は修理を試みたが原因は特定できず、結局、別の配電盤につなぎ替えて復旧にこぎつけた。今後は東電の無防備さと見通しの甘さに対する批判の声が上がりそうだ。
***引用終わり


東電は、本質のところで何も反省していない、
何も変わっていない、ということです。
昨夜のニュースで東電スポークスマンは
バックアップがなかったのは工事に伴う一時的なもので
これは仕方がない、という内容の発言をしていました。
何も反省していません。
サイテーな奴らです。
東電は、また原発事故をおこしますよ!!


メバル下ごしらえ中
P1010496.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

スポーツ選手とネックレス

WBCは日本よくがんばったと思います。
アメリカも韓国も決勝ラウンドに行けなかったのですから。
マエケンが大リーグの監督やスカウトの目にとまったことでしょう。
マエケンもダルビッシュのようにメジャーリーグ行きになるのでしょうね。

ところで
こんな記事が出ました。

マエケン球審から数珠外せと注意/WBC
日刊スポーツ 3月18日(月)23時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130318-00000059-nksports-base

今の野球選手の中には
ネックレスしたりしている選手がいます。
これ、やめたほうがいいと思っています。
一つはケガ防止のために、
一つは少年野球などのお手本として、
一つはニセ科学・ニセ医学の立場から。

私は大学時代にソフトボール部に所属しており
学生リーグ参加、西日本学生選手権参加など
大会にも出てきました。
弱小チームなんですけれども。
で、
危険防止のために
腕時計、イヤリング、ネックレスその他の品々を
身に着けることはルールとして禁止されておりました。
接触プレーがありますので
相手と自分と、思わぬケガをする可能性があります。
学生リーグの時には
試合のないチームが審判をしており、
私が累審をしている時に
代走で出てきた選手に腕時計をはずすよう
指導したこともあります。
プロ野球においても接触プレー、激突プレーもありますので
余計な物を身に着けない、というのが
安全だと思います。

そして
プロ野球を見ている、あこがれている子ども達がいます。
選手が装飾品を身に着けているのをマネしようと
思うことでしょう。
プロ選手はお手本になるべきですよね。
そういう意味では
きちんとユニフォーム着用すること、
余計な装飾品はグラウンド上では身に着けないこと、
そういうことをプロ選手は示す必要があると思います。

最後はニセ科学の観点から。
ネックレスなど、何のためにやっていますか?
宗教上の理由なら仕方ないかもしれませんが、
おそらく
パフォーマンスが向上する、として
装着するよう「誰かが」選手に言ったわけです。
それは科学的・医学的に正しいことなのか、
企業の宣伝に乗せられているだけなのか、
プロ野球機構などは検証したとは思えません。
ニセ科学だろうと考えていますが、
私にも判断すべき情報はありません。

早く走る、すばやく動く。
それを要求される選手であるなら
1グラムでも軽いほうが良いに決まっています。
余計な装飾品があればパフォーマンスは落ちる、
というのが基本のはずです。

カープの選手にもネックレスをしている人は多いです。
チームが弱いのはそのため、と
私は実は思っているのです。

今週の花
P1010391.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

「細胞レベル若返り」根拠なし 「たかの友梨」 都が改善指示

いい天気ですね。
いい天気なんだけれども、山はかすんでいます。
今日から明日にかけて黄砂ですね。
御用心ください。

さて、
ニセ医学・ニセ科学にだまされる人は
同時に2つだまされる、というトホホな記事です。

「細胞レベル若返り」根拠なし 「たかの友梨」 都が改善指示
東京新聞 2013年3月19日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013031902000116.html

第1点です。
記事を引用してみましょう。
***
「細胞レベルでの若返り」など、根拠のないエステ広告を出したとして、東京都は十八日、美容業界大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営する「不二ビューティ」(渋谷区)に景品表示法違反(優良誤認など)で改善を指示した。
 都生活文化局によると、同社は昨年十一月~今年一月、新聞折り込みのちらしやウェブサイトで、幹細胞成分を配合したとされる化粧品での美顔トリートメントについて「細胞レベルでの若返りをめざす」などと科学的根拠がない美容効果を表示した。
***引用終わり

細胞レベルの若返りって、何なの?
と思うのが正しい反応です。

人間の体は、古い細胞は死んで脱落し、
新しい細胞におきかわっていきます。
これが「新陳代謝」です。
皮膚の若々しさを保つために新陳代謝を促進します、と言うのであれば
それは納得できる説明になります。

今いる細胞が若返ったら、どうなるでしょう?
若返るということは細胞寿命が延びることを言うのでしょうね。
だとすると
新陳代謝すべき古い細胞が長く生き残り、
皮膚はシミだらけ、しわしわになっていくことになりますね。

「細胞の若返り」というのは
何を指標にそういうことが言えるのか?
これは医学、生物学、細胞学をやっている人間にとっても、
非常に難問です。
一般的には何らかの細胞の機能、
たとえば分裂能力=増殖能力 や 移動能力、
あるいは細胞寿命などを指標にするのでしょうが、
それが生体にとって良いことかどうかは別問題です。
究極の若返り細胞は がん細胞ということになりますから。

朝日新聞デジタルによれば
細胞若返りについての実験は何もやっていないようですから、
まったくのウソ広告というのが実態のようです。


第2点です。
さきほどの記事の続きを引用します。
***
また「特別お試し価格」として、期限内に申し込んだ先着三十人に安く施術するかのように表示していたが、実際は期限後も価格は同じだった。
 同社は「お客さまに誤解を与える表現をしたことに深くおわび申し上げ、今後、法令順守を徹底していく」などとコメントした。
***引用終わり

先着○○さま限定、
というと飛びついちゃう。
でも、これもウソだった、ということです。

何か一つでも、「それっ」と飛びついちゃう人は
2つも3つも同じように飛びついちゃうということを
暗示しておりますね。
細胞若返り、というと科学的知識がない人がだまされるのか、
ということになりますが、
この第2点については科学的内容とは関係ない話なのですけどね。

会社のコメントで
「誤解を与える表現・・・」となっていますが、
第2点については 明白な虚偽です。
これは詐欺と言ってもよい内容だと思いますけどねえ。


RCCラジオ番組おすすめ全国グルメフェスティバル
本日までです。
山形牛の牛めし弁当 これもボリュームありました。
P1010404.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

がんと共に働く

風が強いですね。
明け方にビュービューいう風の音で目が覚めました。
この風が終われば春ですかね。

さて、
昨日は市民公開講演会
「がんになっても生きる・働く」に
遠方からも御参加いただき、ありがとうございました。
講師は平岡晃先生、
厚生労働省「がんと就労」研究班研究協力者です。
いろいろな支援用資料がダウンロードできますので
どうぞ御活用ください。
http://www.cancer-work.jp/

国立がんセンターに、がん対策情報センター
がん情報サービス というのがあります。
がんの基本的知識はここで入手することができます。
がんについての情報は、「信頼できる情報」を入手することが大切で
ぜひ国立がんセンターのサイトを御活用ください。
http://ganjoho.jp/public/index.html

そのサイトから外部リンクで飛べますが、
日経ビジネスオンライン 
「がんと共に働く まず一歩前へ」
というサイトも公開されています。
http://special.nikkeibp.co.jp/as/201207/strategy/

引用しておきます。
***
「がんと闘う」から、「がんと共に生きる」「がんと共に働く」へ―――。
日本は世界トップの長寿国です。言い換えれば、人口の高齢化が進んでいます。そこで、よりクローズアップされる病、それが「がん」です。国民の2人に1人は一生のうちに1回はがんになると言われています。がんには未だ「不治の病」というイメージがつきまとっています。罹ってしまったら、もはや闘病だけの人生に……。そう思われている方がまだまだ多いと感じます。

けれども時代は変わりました。がんは、不治の病とは限りません。治療をしながら、入院せずに、仕事を、人生を続けていくことがじゅうぶん可能になりつつあります。がん対策基本法に基づき作成された「がん対策推進基本計画」にもその考え方が盛り込まれています。

どうすれば、がんと共に生き、がんと共に働くことができるのでしょうか? 
がんに罹るとご本人も、周囲も、みんなが動揺します。

だからこそ、「どう心がまえるか=マインドセット」と「実際に何をするのか=マネジメント」とを明確にしておくことが重要です。本連載では、ご本人、ご家族、企業、地域社会、そして医療機関それぞれの立場で、「がんと共に働き、生きる」ことができる社会の実現のために、何をすればいいのか、どう考えればいいのか、具体的にお話ししていきます。
***引用終わり

こうしたサイトもぜひ御参照ください。


RCCラジオ番組おすすめ全国グルメフェスティバル
加藤牛肉店「牛肉欲ばり弁当」
ハンバーグが見た目よりボリュームたっぷりで満腹になります。
P1010402.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

癌になっても生きる・働く

いい天気ですね。
我が家の鉢植えチューリップのうち1本は花芽が大きくなってきました。
来週は咲くかな?
広島での桜の開花宣言も来週でしょうね。


在宅医療連携拠点事業
「在宅・施設医療ネットワーク広島」
第4回市民公開講演会 のお知らせです。
多くのみなさまの御参加をよろしくお願い申し上げます。

とき:  3月17日(日)13:30
ところ: 広島市中区吉島公民館3階大集会室
講師:  産業医科大学 平岡晃 医師

タイトル: 癌になっても生きる・働く

参加無料
主催:
平成24年度 厚生労働省 在宅医療連携拠点事業
「在宅・施設医療ネットワーク広島」
事務局 折口内科医院 
本日の講演会ですので
参加ご希望の方は直接会場におこしください。

内容(予定)
癌になっても、長く生きることが出来る時代になってきています。
たとえば乳がんなど、治療を継続しつつ
何年も社会生活をおくることが可能となってきています。
他の癌でも、抗がん剤治療は外来化学療法という形で
入院することなく実施できる時代になっています。
しかし
癌と聞くと
もう会社をやめてください、と言われることも多いし、
辞めるしかないのか、と思って辞職する患者もいます。
雇用主側も患者側も、癌は重病で、すぐ死んでしまう病気だ、
というイメージが固定しているのです。
実際には辞める必要はなかった、十分働ける、
と思っても、辞めてしまった後ではどうしようもありません。
収入が途絶えてしまったのでは、
闘病や生活そのものにも影響は避けられません。
たしかに、勤務を継続するためには、なにがしかの勤務上の配慮が
必要なケースもあることでしょう。
癌について正しく知ること、
勤務について適切に配慮すること・してもらうこと、
が出来れば、と
後悔している人も多いのです。
そこで今回は、
癌になっても生きる、働く。
そこに焦点を当てて市民のみなさまと考えてみたいと思います。



福屋広島駅前店 RCC番組おすすめ
全国グルメフェスティバル 
三宮一貫楼 の神戸豚まん
淡路島の玉ねぎがしっかりと存在を主張している豚まんです。
玉ねぎ大好きな人にはいいですね。
我が家では551蓬莱の豚まんのほうに軍配。
P1010401.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634 | 635 | 636 | 637 | 638 | 639 | 640