calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201709 (25) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1437) 感染症 (327) 研修会 (314) 疾患情報 (293) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (178) 在宅医療 (160) 薬剤師 (130) ボランティア (102) 医院情報 (101) 今週の花 (101) ニセ科学・ニセ医学 (97) 心に残る出会い (97) 緩和ケア (73) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (26) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

iPS細胞臨床応用の誤報問題その2

誤報問題の続きです。
その1では、
どういう場で発表された内容なのか、
それだけでも内容の信頼性はある程度わかる、
というお話をしました。
今回は
わざとウソをつく研究者がいる、
という話です。


森口氏の記事、7本中6本誤報と読売新聞判断
読売新聞 10月26日(金)7時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121026-00000088-yom-soci
読売新聞の自己検証にて、
現時点では7本のうち6本が虚偽、と判断したようです。
1本、本当があるじゃないか、と思われかねない見出しですが、
残り1本は他人の研究データを再解析しただけ、のようです。
要するに自分では何ひとつ成果を出していません。


研究者は、(国から)研究費をもらってこないと
研究ができません。
研究費をもらうためには、実績を示すことが必要です。
そこで
虚偽のデータ、虚偽の結果を書く者が出てきます。
ねつ造、です。
有名なところでは
ES細胞(iPS細胞と同じような万能細胞)研究で
韓国初のノーベル賞受賞が有力視されていた人物のねつ造事件が
記憶に新しいところです。
Wikipedia 2012年10月28日現在 から引用。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E7%A6%B9%E9%8C%AB
***一部引用
黄禹錫(ファン・ウソク、1952年1月29日 - )は韓国の生物学者。
かつて、世界レベルのクローン研究者とされ、ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)の研究を世界に先駆け成功させたと報じられた。自然科学部門における韓国人初のノーベル賞受賞に対する韓国政府や韓国国民の期待を一身に集め、韓国では「韓国の誇り」 (pride of Korea) と称されたこともあった。
しかし、2005年末に発覚したヒト胚性幹細胞捏造事件(ES細胞論文の捏造・研究費等横領・卵子提供における倫理問題)により、学者としての信用は地に落ちた。この捏造の影響により、正攻法でES細胞を作り出そうとしていた民間企業が研究継続の断念に至るなど、山中伸弥がiPS細胞の生成に成功するまでの間、ES細胞や再生医療分野の研究の世界的な停滞を引き起こした元凶とされる。「科学における不正行為」をテーマとした書籍でたびたび言及される人物でもある。
***引用終わり


実験データを多少ごまかす、という程度なら
なかなか見抜きにくいです。
(予想や理論から 大きくはずれたデータを
「なかったもの」として削除して解析する、等です。
2つか3つの測定データをなかったことにすれば
相関関係が出てくるグラフになることなどもあります。)
本当は
その「理論からの実測値のずれ」を追及していくことが
ノーベル賞につながったりするのですけれども。

実際にちゃんと実験したデータかどうか、
わかりにくい場合もあります。
そういう時には、「聞いてみる」。
じつは論文には全部書いてあるわけではなくて、
微妙なコツなどは あえて論文には書かないことがあります。
敵に手の内は見せない、ということです。
それと、あまり冗長な論文は良い論文とはされませんので、
主題に関係なさそうな部分は詳しく書かないのです。
ですから、実際に「他人の論文に書いてある通り」にやっても
実験がうまく行かないことがあるのです。
その、書かれていない部分を聞いてみれば
その著者・論文が信頼に足るものかどうか、
実際に手を動かして実験したかどうか、の参考にはなります。

私の博士論文の審査会のとき、
審査会がはじまる前に主審査員の免疫学教授が
マスス1匹から得られる肺胞細胞数・回収液量について
何種類の免疫染色が可能か、
世間話的に聞いてきたことがあります。
自分の教室でも今後やってみようと思ってね、なんて。
もちろん自分自身で何年も手を動かしてやってきた実験ですので、
その質問にはすんなり答えられました。
「いや、これはぼんやり聞いたのではなく
本当に真剣に実験してきた人間かどうか、
探りを一本入れたのではないか」、と
後になって思ったわけなんですね。


あまりに筋道通りの結果の実験は疑う、
実験の細部について質問してみる。
日本を代表する新聞で科学記事にしようというのならば
大ニュース! と記事にする前に 
それくらいのことはしてほしいと思っています。


新垣家 島らっきょう
これも定番ですね。
a rshomara.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

iPS細胞臨床応用の誤報問題その1

昨日は心配したほどの雨ではなく、よかったですね。
白神社の祭りに行ってきました。
りんご飴、タコ焼き、ベビーカステラ、
それと江田島のたこ天、いが餅。
例年通りのお楽しみです。
今日29日が本来の祭りの日です。

さて、
誤報問題も、ピーク過ぎましたかね。
こんなの、本質的には報道する価値ゼロなんですけどね。
報道すべきは
iPS細胞についてわかりやすく(原理)、
どんな疾患に応用が可能か(意義)、
その臨床応用にはいくらくらいのお金がかかるのか(実用可能性)、
どんな副作用・問題点が想定されるのか(乗り越えるべき課題)、
などについて
マスコミは伝える意義はあると思うのですけど。

iPS細胞の臨床応用をやった、と発表した森口氏、
その発表をうのみにして新聞で報道した読売新聞。
とくに読売新聞科学部の程度が低い、
と断言しておきましょう。

その理由です。
科学の世界では(医学も科学の一分野です)、
誰が一番乗りか、ということに価値があります。
その発表は、内容が重要であればあるほど
権威ある一流雑誌・学会誌に投稿されます。
(これら雑誌・学会誌はインパクトファクターというランク付けがおこなわれており、
すぐれた業績を二流雑誌に投稿することはありえない世界です。)
いつ投稿され、いつ編集部が受理したのか、
ということも論文には明記されます。
誰が一番乗りか、という論争の証拠となる情報だからです。

ですから、
今回の山中教授たちも
「論文が雑誌に掲載されるまではじっと待つしかなく、
気が気でなかった」、
という内容のことを述べています。


では、
学会発表というのはどうでしょうか?
実は、医学の世界では学会発表というのは「屁」です。
成果を発表したうちに入りません。誰もそんなことでは評価しません。

アメリカでは、新発見があれば、
まず論文に発表し(少なくとも投稿し受理されてから)、
その後に学会で発表して学会で議論を戦わせます。
学会というのは公表された論文・結果に対する議論の場なのです。
例外的に癌関連の学会で
ある治験プロジェクトについての解析結果などは
まず学会発表され、その後論文化される例もありますが、
それは速報に価値(公共性)があると思われるためであり
また、治験プロジェクトは著者独自の「新発見」とは言えませんので
ノーベル賞とは無縁の世界の発表内容です。

つまり、
世界初のiPS細胞臨床応用6例! 
なんていうのが
論文でなく学会発表、という時点でオカシイと
アメリカで学会発表経験のある者ならわかるのです。
(私もアメリカで発表したことあります。)
それも、
「ポスター発表」というのは
「誌上発表」に次ぐ下から2番目ランクのチンケな発表です。
優れた内容の発表ならば
ポスター発表から「口述発表」に繰り上がるし、
(自分の口で話し説明する時間をもらえる、という意味です)、
さらにはシンポジウム発表に選ばれたりします。

ときどきいるのですよ、
自分の研究を新聞社に売り込む人が。
今度の○○学会で発表します、と。
それに飛びつく新聞社もあります。
でも
学会のよっては、
「学会費さえ払えば誰でも発表できる」
という学会もあるのです。
トンデモ科学の内容であっても発表できる学会もあります。
しかも学会会場の議論でコテンパンにされても
それは記録として残り伝わることはありません。

学会で発表します、というだけなら、それは「屁」です。
それを取り上げる新聞記事も「屁」。
新聞社には、しっかりしてほしいものです。


極 黒豚めし。
鹿児島産黒豚の柔らかさ・旨さを存分に味わえるものです。
http://rail.hobidas.com/travel/ekiben/archives/2011/02/post_165.html
白神社の祭りの帰り、フレスタで購入。
a kurobuta.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

心に残る出会い38 IVHルートを作成したIさん

昨日は、広島で生の落語を聴く会。
独演会でたっぷり、もいいのですが、
昨日は二人会ということで
トリの演目「へっつい幽霊」では前の噺を受けて話を振ってみたり、
それは面白いものでした。
みなさんもぜひ落語会に御参加ください。
次回は1月13日、立川生志師匠「ひとりブタじゃけぇ」PARTⅣです
http://namarakugo.e-know.jp/


さて、毎月最終日曜日は心に残る出会いの御紹介です。
在宅末期がんでは、中心静脈点滴ルートを新たに作成することは
あまりないことなのですが、
まれには作成することがあります。

Iさんは74歳。
1年半前に膵頭部癌の手術、引き続き抗がん剤治療を受けていましたが
再発、肝臓転移をおこしていました。
痛みには経口オピオイドが使用され、症状はおさえてきましたが
食欲がなくなり動けなくなってきました。
それまでは週1回病院に通院しつつ点滴を受けていたのですが
もう通院は出来ません。
そこで、娘さんから在宅緩和ケアの依頼があり
当方のはじめての出会いです。

Iさんは、食べるたびに下痢をしており
ヤセが進行していました。
血圧も低めで、脱水もあります。
点滴をすると楽になる、というので
週3回、訪問看護にて点滴をおこなうことになりました。

しかし、手足にいい血管がありません。
血管が細く、点滴するとすぐに漏れてしまうのです。
留置針という工夫もしてみましたが、
ついにどこからも点滴困難という状況になってしまいました。

この段階で、選択肢がわかれます。
点滴を終了する選択、
皮下注射でおこなう選択、
点滴ルートを作成する(IVHルート確保)選択、です。
点滴終了となることが実際には多いです。

Iさんと御家族は話し合った上で
IVHルートを作成してもらうことを希望されました。
すぐに元の病院に連絡しIさんに受診していただき
頚部から中心静脈点滴ルートを確保していただきました。
もう何日ももたないことが想定されていたために
IVHのポート埋め込みまではおこないません。
高カロリー点滴だとゆっくり時間をかける必要があるため
体を動かせず、苦痛です。
このため通常の点滴500mlを1本だけです。
(ブドウ糖は多めに混ぜています)

その後も次第に衰弱はすすみ内服も困難になり、
オピオイドは貼り薬に変更しました。
これで痛みはおさえることが出来ています。

ある朝、呼吸の間隔が長くなった、と電話です。
緊急で駆けつけましたが、そのままお亡くなりになりました。
昨夜は遅くまで家族そろって、いろんな話をしたそうです。
東京出張の予定があった長女さんも、事情を説明して出張を延期してもらい
家に家族全員がそろっていたのでした。
もう遅いので寝ましょう、といって前夜は就寝し、
娘さんが朝起きたら もうIさんの意識はありませんでした。

在宅で癌末期の方にIVHルートを作成することはあまりないのですが、
「最期まで点滴を受けたい」、という本人の希望をかなえることもでき、
苦しむことなく最期まで自宅ですごすことができた、と
御家族は感謝しておられました。


昨日は広島で生の落語会のあとニシナ屋コーヒーに立ち寄り、
沖縄料理 新垣家で家族が集合し夕食。
http://dm-okinawa.com/arakakiya/
定番のラフティー。
温泉卵つきは珍しい、おいしい。
a rafutei.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

老害

若い人が、就職先がなく困っています。
職があっても正社員になれる人は少なく、
派遣社員のことが多いのです。

これに対して、高齢者。
年金があてにならない時代ですから
高齢になっても元気なうちは働きたい、と思うのは当然です。
いつまでも社会に貢献したい、という思いも大切。
でも
老人がその職に居座っていたのでは
若い人の就職・活躍はますます困難になるばかりです。
ある程度の年齢になれば若い人に席を譲り、
もし社会貢献をしたければボランティアとして活動すればいいのです。

もう、おわかりですね。
石原都知事のことです。
80歳で国政復帰、なんて、老害でしょ。
68歳で広島県の中川秀直議員は引退、
同じ年齢の田中真紀子議員は文部科学大臣、
これが花道になるかな、もう1期、立候補するでしょうかね。
これくらいの年齢(70歳前後)が引退時期でいいんじゃないかな、と思います。
ある年齢を過ぎたら、
「後進を育成する」、というのが重要な仕事でしょ! 
と思うのですよ。

ズゴック豆腐 だし入りで、鍋用。
これはまあまあおいしかったです。
a tou.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

がん 「悪い知らせ」を伝える

カープのドラフト、
1位指名を続けて逃すとは、運がないですね。
ま、投手力は現有戦力でがんばりましょう。


昨日は広島赤十字・原爆病院 地域医療連携研修会に出席してきました。
特別講演は
「精神腫瘍学:がん患者とのコミュニケーションと抑うつへの対応」
講師:岡山大学 内富庸介 教授
要点
「悪い知らせ」により、患者は将来への見通しを根底から否定的に変えられてしまうことがある。
たとえば がん=死 と思いこみ、将来はない、と目の前が真っ暗になることがある。
将来への見通しを立て直すためには、
1:がんの軌跡(経過)を知る
2:心の軌跡(経過)を知る
3:終末期のQOL(個別のニード)を知る
それによって将来につながる架け橋を築くことが大切である。

医師に(癌検査の)結果説明を受ける時に役立つように
「質問促進パンフレット」を作成している。
事前にこのパンフで
自分はどういうことを質問したいのか
他の人もこんなことを質問しているのか、
ということがわかると
頭の中を整理できる。
がんの告知を受けて頭の中は真っ白になり、
あとはどうやって家に帰ったのかも思い出せない、
なんていう事態は避けることが出来る。
***

国立がんセンター がん情報サービスには
各種 役立つ情報が出ています。
http://ganjoho.jp/public/index.html

質問促進パンフレット
「重要な面談にのぞまれる患者さんとご家族へ
─聞きたいことをきちんと聞くために─」
http://pod.ncc.go.jp/pamphlet/PromptSheet_110620.pdf#search=

このほかにも
がんになったら手にとるガイド
とか
「身近な人ががんになったとき」冊子 
などなど
がん情報センターには各種ありますので
お役立てください。


おしい!熊野化粧筆 のポスター
熊野町 筆の里工房 にみなさん行ってみましょう。
a osii.JPG広島ブログ
★RSウィルスが流行しています。
乳幼児に肺炎などをおこす可能性のある気道感染ウィルスです。
うがい手洗い咳エチケット、よろしくお願いしますね。
RSウイルス感染症、冬期のピークを前に過去最多件数に
RBBtoday 2012年10月22日(月) 15時31分
http://www.rbbtoday.com/article/2012/10/22/96388.html

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634 | 635