calendar
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
archives
201712 (11) 201711 (30) 201710 (31) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1476) 感染症 (328) 研修会 (321) 疾患情報 (296) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (180) 在宅医療 (161) 薬剤師 (132) ニセ科学・ニセ医学 (106) ボランティア (103) 今週の花 (103) 医院情報 (101) 心に残る出会い (99) 緩和ケア (75) 禁煙 (68) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (37) がん検診 (27) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

胃ろうでは誤嚥性肺炎は予防できない

9月17日開催の
「自然死」という「大往生」 
中村仁一先生公開講演会
ですが、
非常に多くの申込みをいただき、ありがとうございます。
大きな部屋を確保したのですが
定員に達しましたので参加受付は締切、終了しました。
月曜日までに申し込まれた方は大丈夫です。
なお、
当日は自由席です。
遅く来場された方は2階席となりますので
御了承ください。




肺炎が死亡原因の3位に上がってきています。
脳血管疾患が4位に。
2011年の人口動態統計にて、3位と4位が入れ替わったのです。
1位 悪性新生物(=悪性腫瘍)
2位 心血管疾患
3位 肺炎
4位 脳血管疾患
上位3つは間違えなく言えるように、と
これまで看護学校などで教えてきていました。
肺炎が3位、覚えておきましょう。

肺炎死亡が増えてきたのは
高齢社会がすすんできたことを反映しています。
90歳以上に限れば、肺炎が死因1位なのです。
高齢者の肺炎では、「誤嚥」が重要なポイントです。
単純な「細菌性肺炎」ではないのですね。
誤嚥性肺炎は再発も繰り返します。
一度誤嚥性肺炎をおこす状態になった高齢者は
いずれ再発を繰り返し、
最後の命とりにもなる、ということなのです。


医療・介護関連肺炎ガイドラインというのがあります。
日本呼吸器学会がまとめたものです。
このガイドラインでは、
施設などにいる(老衰、寿命の)患者さんが、肺炎になったからといって(人工呼吸を含む)強力な治療を行うべきなのかどうか。医療に対する倫理観、患者さんや家族との関係も重視し、ガイドラインを参考に、主治医が倫理的に考え治療すべきである、と明記されています。

いわば、肺炎のターミナルケアを、いかに行うか。

医療・介護関連肺炎(NHCAP:nursing and healthcare-associated pneumonia)という概念。
その定義は、以下のいずれかに該当する患者の肺炎です。
・長期療養病床または介護施設に入所
・90日以内に病院を退院した
・介護*を必要とする高齢者、身体障害者
・通院にて継続的に血管内治療**を受けている

  * 介護…身の回りのことしかできず日中の50%以上をベッドで過ごす
  **血管内治療…透析・抗菌薬・化学療法・免疫抑制薬など


このガイドラインの中で、
胃瘻についても述べられています。
***
医療・介護関連肺炎ガイドライン
第8章
誤嚥性肺炎
・誤嚥性肺炎の予防として、嚥下反射改善剤は有効性が期待できるが、
胃瘻造設は薦められない。
***

週間医学会新聞の座談会では
「社会的には,肺炎予防策としてPEG(経皮的内視鏡胃瘻造設術)が選択されることが若干ありますが,それは不適切だと明確に示すべきです。」
という発言もされています。

週間医学界新聞2011年9月5日号
【座談会】
超高齢社会における医療・介護関連肺炎へのアプローチ
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02943_01


「食べられないから胃ろうを考えましょうか?」
という選択は成立するかもしれませんが、
「誤嚥性肺炎を繰り返しますから胃ろうにしましょうか?」
という選択は明らかに不適切である、
ということなのです。

呼吸器学会の定めたガイドラインですから
呼吸器の医師のほぼ全員、このことは知っています。
ほかの分野を専門とする医師のなかには
誤嚥性肺炎の予防に胃瘻が有効でないことを知らない方も
まだおられるかもしれませんが、
死因3位、肺炎に関連するガイドラインですから
近いうちに共通認識になってくると思います。

どういう状況にあり
どういうことを目標・目的に胃ろうを作るのか、
それをしっかり考えましょう。


パセーラ6階ミスホア サイゴンビール
珍しいですね。
a misuhoa8.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
東京で早くも学級閉鎖が出ています。A型です。
インフルエンザ:墨田・横川小で学級閉鎖 今季都内で初 /東京
毎日新聞 9月7日(金)10時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120907-00000019-mailo-l13

comments(5) , trackbacks(0), この記事を編集する

震災から1年を経ての心のケア

9月17日開催の
「自然死」という「大往生」 
中村仁一先生公開講演会
ですが、
非常に多くの申込みをいただき、ありがとうございます。
昨日で参加申し込み受付を終了いたします。
大きな部屋を確保したのですが
その定員数に達しましたので
御了承くださいませ。
なお、
当日は自由席です。
遅く来られた方は2階席となりますので
これも御了承ください。



塩野義製薬株式会社は、
医療従事者を対象としたハンドブック
「震災から1 年を経ての心のケア」
を制作しました。
このハンドブックは、東日本大震災から1年余りを経過した現在の被災者の方々に必要な心のケアについてまとめた内容で、
福島県でメンタルケアに携わっておられる福島県立医科大学 丹羽 真一教授と、
阪神・淡路大震災ほか複数の大規模災害での臨床経験が豊富な神戸赤十字病院 村上 典子医師の監修により、
実際の症例や実践的な対処法を紹介しています

東日本大震災の被災地では、被災者の方々の心理的回復が遅れている状態にあります。
特に、自然災害に加え原発事故に起因する被害を抱える福島県では、
いまも約15 万人の方々が避難生活を余儀なくされており、
将来の見通しが立ちにくい状況の中、
ストレスにより心身症や抑うつ症状などを引き起こすケースが見られ、
きめ細かな支援や心のケアが求められています。
当ハンドブックは、
「震災から1年を経た、被災地の精神状況の実態」
「これから起こりうる疾患や症状(人災と自然災害後の心の変化の違い)」
「被災者(県内・県外避難)に必要とされる心のケア(対処法)」
などで構成されています。
県外に避難されている被災者の方々が多いこと、
また、身体症状での受診が医療機関へのファーストコンタクトとなり得ることなどから、
被災地の医師や専門医の方々だけでなく、
全国のかかりつけ医や一般内科医の方々にとっても心得としていただけるように制作していま
す。
(塩野義製薬ホームページから一部引用)
***

塩野義製薬、いいハンドブックを作ってくださったと思います。
当方にも届いています。

このハンドブックによると
2012年2月時点で福島県外にいる避難者は6万2674人。
広島県には307人となっています。
このうち2名の診療を当方が担当していますが
お二人とも癌の方で、
すでに1名は亡くなられました。


現時点では「震災医療」が適用されて
避難者の方の医療費は無料です。
ところが、
原発に非常に近い被災地(指定された市町村)をのぞいて
他の避難者は9月末で震災医療の適用が終了となるのです。

お話を聞いてみたところでは、
家が傾いてしまい、とても住めるような状況ではない、というお話でした。
身寄りもなく、家の修理費もありません。
帰れる見込みも、帰るあてもないそうです。

10月からは医療費負担が発生してきますが、
年金生活であり、暮らしは楽ではありません。
福島県外に避難されている方のなかには こういう方もおられます。


パセーラ6階ミスホア まるごとアスパラと豚肉の揚巻き
a misuhoa19.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

高齢者作品展

カープ、勝てる試合でしたね。
ヤクルトも引き分けだったので1差は変わらず。
でも、来週は
カープは巨人、中日との6連戦。
これに対しヤクルトは阪神、横浜との6連戦です。
巡り合わせはカープにとって非常に厳しい。
続いて9月17日からはヤクルトと直接対決3連戦。
いよいよ、いよいよ3位争いの正念場です。
がんばれカープ!
応援しましょう!!

さて、
老人ホームなど高齢者向け施設は
理事長や施設長の方針により
運営は各施設ごとに異なります。
老人施設なんてどこも全部同じ、
と思ったら大間違いです。
施設ごとに重視しているポイントが異なるのです。
口から食べることを重視している施設、
食材や調理方法にこだわり、栄養士などが活躍しています。
おむつをはずせないか、ということを重視している施設、
自分でトイレに行き排泄する、というのは人間のプライドにかかわります。
リハビリを重視している施設、
最後までお世話する、看取りもすることを重視している施設、など。
(逆に、病院併設の施設などでは、
全員早めに病院に受診・入院できます、ということを
売りにしている施設もあるでしょう)。

昨日まで、市民交流プラザで
「平成24年度高齢者作品展」~達人たちの夢~
http://www.cf.city.hiroshima.jp/hitomachi/24sakuhinten.pdf
というのが、開催されていました。
5つくらいの部門があるのですが、
当方が嘱託医をつとめている施設では
2部門で 最高齢者賞 をいただきました。
この施設では93歳、94歳といった入所者の方々が、
絵画や手芸など、作品づくりに取り組んでおられるのです。

受賞された方は、もちろん喜んでおられました、テレながら。
職員一同にとっても、励みになります。
さしずめ、創作活動・手を使う活動に熱心な施設、といえましょうか。

施設はどこも同じではない、
ということを知っていただき、
どうか本人に合った施設をお選びください。

受賞作品を写真にとってブログにアップしていいかどうか、
本人に聞いていませんので御紹介できません、
すみません。


パセーラ6階ミスホア 豚肉のカリカリ揚げ焼
これはおすすめ。
a misuhoa15.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。


a nakamura.JPG
「自然死」という「大往生」 中村仁一先生公開講演会

大往生したけりゃ医療とかかわるな
~自然死のすすめ~(幻冬舎新書)の著者、
中村仁一医師の市民公開講演会を開催します。

日時:平成24年9月17日(月、祝)
   開場13時、講演13:30-15:30
会場:広島国際会議場 地下2階ヒマワリ
 (会場を変更しています。ご注意ください。
 国際会議場の地下2階というのは同じです。)
講師:老人ホーム「同和園」附属診療所所長 中村仁一医師
講演:人生の最期は手術や医療処置をせず
   「自然死」という「大往生」
参加費:無料
申込方法:9月14日までに
 氏名(複数可)、代表者連絡先(電話など)を明記して
 「在宅・施設医療ネットワーク広島」事務局あて
 FAX:082-241-6856 (折口内科医院)

参加申込みが殺到しており、主催者としてはありがたいことです。
ただ、ヒマワリの座席数600を超える可能性もあります。
当日、座席が満席となれば、それ以降の来場者は2階席に上がっていただくことになります。
御了承ください。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

シェルティのバッグ

マエケン、さすがでしたね。
ここで負けたら4位に転落するというピンチに
完封で勝利とは、さすがエースです。
今日も勝って、ヤクルトを引き離していきましょう。
観衆数 26131人 だったそうです。
連日3万人 はいってほしいところですね。
今日は野村。順当にいけば勝てる相手です。
行ける人は、ぜひ球場で応援しましょう!


緩和ケア薬剤師です

定期的に患者さんのお宅へお伺いして
診察することを、「訪問診療」といいます。
くぅーさんのお近くにお住まいの方の所へ訪問診療に行くことになったとき、
初めて「FURIFURIしっぽ♪」さんへ行ってみました♪
かわいくて大感激☆

ワンコバッグもいろいろありました。
色や形もいろいろでしたが、
残念ながらシェルティーのはなかったのでした。
残念な気持ちでお尋ねしたら
「いつになるかはわからないけど、オーダー可能ですよ~」
と、やさしく言っていただけたので
迷わずお願いしました。
「耳の立っているシェルティーでお願いします!」
と。
ずーっと待っていました。
「サイズや布をセミオーダーできます」とお知らせのあったのが
一ヶ月くらい前かなあ。
「できましたよ~」
というメールを頂戴したのがおととい。
土曜の午後、受け取りに行ってきましたよ。

ラテくんの「さあなでろ攻撃」を受けつつ、
受け取りました。うふふふ❤
JAMと名前まで刺繍もしてくださっており、
嬉しくって仕方ありません。

明日の訪問診療からこのバッグで
JAMと一緒に患者さんのお宅をまわります。
元気が出ました!

FURIFURIしっぽ♪ さんのブログはこちら↓
http://furifurilatelate.blog117.fc2.com/

バッグはこれです。ありがとうございます。
a jambag.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。


a nakamura.JPG
「自然死」という「大往生」 中村仁一先生公開講演会

大往生したけりゃ医療とかかわるな
~自然死のすすめ~(幻冬舎新書)の著者、
中村仁一医師の市民公開講演会を開催します。

日時:平成24年9月17日(月、祝)
   開場13時、講演13:30-15:30
会場:広島国際会議場 地下2階ヒマワリ
講師:老人ホーム「同和園」附属診療所所長 中村仁一医師
講演:人生の最期は手術や医療処置をせず
   「自然死」という「大往生」
参加費:無料
申込方法:9月14日までに
 氏名(複数可)、代表者連絡先(電話など)を明記して
 「在宅・施設医療ネットワーク広島」事務局あて
 FAX:082-241-6856 (折口内科医院)
 またはメール info@origuchi-naika.jp  で

新聞記事にはFAX番号だけでなく電話番号も出ました。
間違えてFAX送信されている方もかなりおられますので
(電話に出たら ピーピロピロ・・・)
番号をもう一度御確認ください。

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する

乳がん検診は、いつまで受けるべきか

中村仁一先生の市民公開講演会、
昨日の中国新聞に掲載されまして、大反響。
予定数を大きく超える申し込みが殺到しました。
運よく当日 国際会議場の大きな部屋が空いていたので
会場をダリアからヒマワリに移しました。
よろしくお願いいたします。


昨日の当ブログで
大腸癌検診を受けるのは75歳頃までが目安、
というお話を紹介しました。

本日は乳がん検診について。

2009 the United States Preventive Services Task Force recommends that women over the age of 50 receive mammography once every two years.
2009年アメリカ予防医学専門委員会(というイメージ)の報告では
50歳以上(から75歳まで)の女性の2年毎のマンモグラフィーを推奨しています。

では、75歳以上は? というと、
この報告で同専門委員会は、
75歳以上のマンモグラフィーは推奨していません。

昨日の当ブログに出てきた「ACP」も、
マンモグラフィは75歳で中止することを推奨しています。
ですから、
乳がん検診についても大腸癌検診と同様に
75歳まで、というのが一つの目安になるかもしれません。


しかし、乳がんは、進行がそんなに速いタイプの癌ではありません。
癌になっても、かなりの期間の生存が望めることになります。
ですから、癌検診をいつまで受けるかには異論もあって
American Geriatrics Society(アメリカ老年医学会、というイメージ)は
85歳まで継続することを推奨しています。

さらに別の考え方もあり、
アメリカ癌協会ACSガイドラインでは
Screening should continue for as long as a woman is in good health and would be a candidate for treatment (life expectancy > 5 yrs)
健康で、治療の対象となる女性(5年以上の生存が期待できる)は
スクリーニングを出来るだけ長く継続すべきである
としています。

逆に言うと、
何らかの身体的疾患や精神疾患、認知症などで
抗がん剤や手術の治療対象にならない状況になれば
乳がん検診は薦められない、ということです。

検診というのは
発見して治療につなげていくことが目的なのですから、
治療を受けられない状況となれば検診の意味がないのです。

ついでに御紹介しますと
アメリカでは乳がん自己検診法はもはや推奨されていません。
日本では乳がんの自己検診法は
乳がん検診の場に行くと学ぶはずなのですが。
日本人とアメリカ人では乳房の大きさが違うので、
これは日本オリジナルのデータを出すしかありませんね。


当院のグリーンカーテン
まだまだ各種咲いています。
a gurii.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

a nakamura.JPG
「自然死」という「大往生」 中村仁一先生公開講演会

大往生したけりゃ医療とかかわるな
~自然死のすすめ~(幻冬舎新書)の著者、
中村仁一医師の市民公開講演会を開催します。

日時:平成24年9月17日(月、祝)
   開場13時、講演13:30-15:30
会場:広島国際会議場 地下2階ヒマワリ
講師:老人ホーム「同和園」附属診療所所長 中村仁一医師
講演:人生の最期は手術や医療処置をせず
   「自然死」という「大往生」
参加費:無料
申込方法:9月14日までに
 氏名(複数可)、代表者連絡先(電話など)を明記して
 「在宅・施設医療ネットワーク広島」事務局あて
 FAX:082-241-6856 (折口内科医院)
 またはメール info@origuchi-naika.jp  で

★会場整理のボランティアを若干名 募集します。
 18歳以上、高校生不可です。
 お問い合わせは上記メールアドレスへ

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634 | 635 | 636 | 637 | 638 | 639 | 640 | 641 | 642 | 643 | 644 | 645 | 646 | 647 | 648 | 649 | 650