calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201706 (28) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1385) 感染症 (326) 研修会 (309) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (154) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (94) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (72) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

カープ開幕を楽しみにする90代のおばあちゃんたち

ここでは親しみを込めて、
あえて おばあちゃん と呼ばせていただきます。

Iさんは90歳。
難聴があり、自分のペースで何でもやっている人です。
もともと骨粗鬆症で腰椎圧迫骨折がありましたが
昨年転倒し、ついに大腿骨頸部骨折をおこしてしまいました。
そのまま手術→寝たきり→施設へ入所→誤嚥性肺炎で死亡、
という経過となる人も多いのですが
ここでIさんは生命力を発揮します。
これまでどおり、何でも自分で、自分のペースでやろうとがんばるものですから
どんどん動けるようになりました。
そうして、ついにリハビリ病院を経て自宅に戻ることが出来ました。
でも、さすがに自宅の外を歩くところまでは回復しません。
動けるのは自宅の中だけです。
毎週、訪問診療で骨の注射をしていますが、
楽しみはカープだけじゃ、
早う開幕せんかいのう、
と最近はこの話題ばかりです。
耳が遠いのでテレビの画面にくぎ付けになるのでしょうね。


Mさんは92歳。
やはり骨粗鬆症で胸椎の圧迫骨折。
起き上がるのも痛く、寝たきりとなっていました。
そのため同じように訪問診療で週1回の注射をすることになり
当院が担当することになったのですが、
自宅におうかがいしてみると
ベッドの周りは前田智徳の写真がいっぱい・・・。
カープカレンダーなど、前田のページが切り取ってあって
前を見ても、右を見ても、左を見ても 前田、前田、前田。
前田のファンなんですね、と声をかけると、ニヤリ。
わかる?
そりゃ、わかりますとも。

Mさん、
痛みが軽くなって、車いすに1時間でも座れるようになったら
マツダスタジアムに行って
一緒に前田を応援しましょう。
それを治療の目標にしましょうね。

そういうわけで
家から一歩も出られないおばあちゃんたちが
開幕を楽しみに楽しみに待っていました。
おばあちゃんたちをがっかりさせないように、
今年こそカープ、がんばって! しっかり頼みますよ!!

骨骨亭の中華そば、ふつう。
昨年から自家製麺に代わっていて、太麺です。
広島の人間は細麺に慣れているので
太麺では客が減ってしまうのではないかと思います。
オペラはだしのゲン のあとで骨骨亭に来た客は
私たち夫婦2名だけだったですから。
P1160185.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
広島県のインフルエンザ警報は、そろそろ解除されそうです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

永久アイラインはダメよ

在宅でみている患者の中に
脳動脈瘤のある人もいます。
時々(数年に一度)、MRI検査で大きさを追跡しています。
来月、県立広島病院でのMRI予約を取りました。

脳MRI検査は、
脳血管疾患(とくに脳梗塞)、脳動脈瘤、脳腫瘍、癌の脳転移
について すばらしい威力を発揮します。
脳CTとは比べ物にならない情報量なのです。
とくに癌診療では脳転移の有無を判断する必要がありますので
脳MRIは欠かせない検査です。
CTではわからない非常に小さな脳転移まで検出することができます。

ところが
MRI検査を全員が受けられるわけではありません。
MRIを受けられない人/受けられない条件があるのです。

有名なところでは
心臓ペースメーカーを装着している人は
MRI検査は受けることができません。
強力な磁場で機械が狂ってしまうのですね。

で、
永久アイラインですが、
県立広島病院のMRI申し込み用紙に明記してありました。
MRI検査を受けることができません。
Wikipediaから一部引用すると
「入れ墨、一部の貼付薬も、上記の化粧と同様に磁性体を含んでいた場合、熱を持ち熱傷を引き起こすことがある。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E7%A3%81%E6%B0%97%E5%85%B1%E9%B3%B4%E7%94%BB%E5%83%8F%E6%B3%95
そう、
永久アイラインは、入れ墨そのものなんです。

今や、2人に1人が癌になり
3人に1人が癌で死亡する時代です。
こんな時代にMRIを受けられない、という不利益!!!

自分だけは癌にならない、と思っているかもしれませんが、
2人にひとりは癌になるのです。
そして、癌の診療にMRIは欠かせない検査なのです。
そのMRI検査を受けられなくなる永久アイライン、
これは受けるべき処置ではありません。
永久アイラインで得られるメリットと
今後 大事な検査を受けられなくなるというデメリット、
事前によく比較して 考えておくことが必要です。

癌診療の立場から、お願いします。
永久アイラインは受けないようにしてください。
あとで必ず後悔する時が来ますから。

骨骨亭のラーメンは3種類。
こってり、ふつう、さっぱり。
食べログ
http://r.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34003739/
価格も違います。こってりが高いです。
写真は、こってり。
P1160180.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

いのちを守る森づくり

震災のがれきが復興の妨げになるというのであれば
全国に分散して引き受ける必要があるかもしれません。
しかし、運搬にもお金がかかります。
運搬の途中で小さいゴミは飛散してしまいます。
費用面でも環境面でも、遠距離運搬方式にはムダが多い。
ゴミは現地で処理するのが大原則なのです。

今月号の「子供の科学」を読んでいると
がれき処理について
いのちを守る300キロの森づくり(宮脇 昭)
という
被災地の防潮林・防潮堤作りの提言が紹介されていました。
昨年の、かなり早い段階で提案されたもののようですが、
恥ずかしながら、子供の科学を読むまで知りませんでした。
日本宇宙少年団広島分団 分団長をしていますので
「子供の科学」は時々読んでいるのです。

今回の震災では、
「万里の長城」と呼ばれた高いコンクリートの堤防でも
津波は乗り越えていき、堤防は壊れました。
現地の再生に向けて
「コンクリートで もっと高い、もっと大きな堤防を作る」、
という作戦はとるべきではないと思います。
田老地区の防潮堤、さらに高くして再建へ
Yahooニュース2011年10月19日17時27分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20111019-OYT1T00726.htm

どんなに高く大きな構造物を作っても
いずれは劣化し大きな地震と津波で破壊されてしまいます。
コンクリートでは人命は守れない、
というのが今回の教訓の1つでもあります。

宮脇昭 先生の提言内容は
被災地の海岸沿いにがれきを埋め、
その上に高く盛り土をし
植林をして防潮林・防潮堤にしよう、というものです。
これだと、がれきは現地で処理が出来ます。
コンクリートの巨大構造物を作る必要もありません。
木は大きくなり、大きな木は根を深く張ってくれます。
樹木は世代交代し、何十年どころか何百年にもわたる防災設備となります。

それに、
コンクリートで隔絶された海岸線よりも
樹木のある海岸で遊びたいですよね。
どっちが楽しいか美しいか、言うまでもありません。

YOU tubeにも出ています。
いのちを守る300キロの森づくり 約4分間。
http://www.youtube.com/watch?v=gDOEs2_ONGM

「子供の科学」に載りましたので
今では多くの子供が この方式を知ったことになります。
まあ、
盛り土の土はどこから持ってくるのか、
とか
せっかくの土が流出しないよう沖合に消波ブロックのようなものを
設置する必要性があるのではないか、
とか
つっこみどころはありますが。
これについて、子供の科学には、消波ブロックについても
新しい理論・形状のものが紹介されておりました。
みなさん、うかうかしていると小学生に知識で負けてしまいますよ。

そういうわけで
私は被災地のがれき受け入れについては反対です。
被災地のがれきは、現地で処理できる方法をとるべきだ、と考えます。

土をどこから持ってくるか、に関してついでに述べておくと、
私は今回の津波到達地域に住宅を再建すべきではないと思っています。
同規模の震災は必ずまたやってくる。
少なくとも今回の津波が及ばなかった高台に集落を作るべきと考えます。
田老地区でも8割が高台移転を希望しているという記事もありました。
もし水産業など海、海岸近くに仕事がある人は
高台の集落から海に出勤してもらえばよいのです。
海岸近くには、避難できる大型ビルは1棟建築します。
10階建て以上で屋上はヘリポートに出来る広さ。
5階以下はふだんは駐車場か会議室程度の利用として
6階以上が非常用物資集積場と避難場所。
地震があったり津波のおそれがある時には
高台まで逃げる時間のない人がこの建物に避難する、
という避難ビルを海岸近くに1か所は作る必要はあるでしょう。
高台を切り開くことで土砂は大量に出ます。
これを盛り土に利用すればよいのです。


放射能汚染がれき、除染のことについては、また次に。


アステールで オペラはだしのゲン を見た帰り、
骨骨亭で夕食。
ギョーザとビールは定番です。
P1160182.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

減思力(げんしりょく)

黄砂、
予報を見る限りでは
次の大きな飛来は30日頃になりそうですね。
その数日後にも来そうです。
気が抜けませんね、しっかりマスクしておきましょう。

さて
福島大学の有志が
放射線と被ばくの問題を考えるための副読本
というものを作り公開しました。
サブタイトルは
“減思力(げんしりょく)”を防ぎ、判断力・批判力を育むために
https://www.ad.ipc.fukushima-u.ac.jp/~a067/FGF/FukushimaUniv_RadiationText_PDF.pdf

減思力(げんしりょく)というのは
言いえて妙ですね。

これまでは学校の副読本などで
原発は安全だ、心配ない、
という路線の教育のみが行われてきました。
「安全であると信じたい」ということと
安全かどうか考えよう、ということは違います。
安全神話にとらわれるのは、思考力があるとは言えません。

逆に
放射線怖い怖い、と
必要以上に怖がったり、
ゼロリスクを求めるのも正しい対応とは言えません。

原発関連では、多くの書籍が出版されています。
買えば1000円なり1500円かかります。
今回発表された副読本はインターネットに公開され無料ですので
ぜひお読みください。
そして
原発がれきの処分方法はどうすればいいのか、
原発は今のままで存続が必要なのか、
とくに上関原発を今さら建設する必要性があるのか、
原発以外の発電方法を普及させればいいのではないか、
(風力発電も地熱発電もソーラーも日本の技術は世界トップレベル)
などなど、
もっと考えてみませんか。


そごうレストラン街のフレンチ オオモト
http://www.french-oomoto.com/
最後はコーヒー。紅茶も選べます。
私たちが行った日は、ほぼ満席でした。
予約して行った方がいいようです。
P1020967.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

黄砂到来

ニュースでは九州山口に24日黄砂観測、とのことですが
別な情報では東広島でも
車が茶色くなったそうです。
黄砂到来ですね。

九州・沖縄・山口で黄砂…今年初
読売新聞 3月24日(土)19時52分配信
 九州・沖縄、山口で24日、今年初の黄砂が観測された。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120324-00000567-yom-soci

喘息のある人は
黄砂情報に注意しましょう。
マスクをしっかり装着すること、
不要な外出はしないこと、
黄砂が予測される時にはステロイド吸入中の人は少し増やしておきましょう。

運動したい場合は屋内で。
私は先日ベイシティ宇品に行ったのですが、
なんかスポーツオーソリティが呼んでいる気がしました。
アディダス、上級者向けの靴の試着会を31・31・4月1日に開催するそうです。
上級者(km4分の走者)はぜひ御参加ください。
今ではどのランニングシューズも
kmあたり4分、5分、6分、ファンラン等と
その商品に適合する推奨走力が表示されています。

で、靴を見ていたのですが、
アンダーアーマーの靴の新製品に一目ぼれ。
サイズの合うものを購入しました。
アンダーアーマーは若者向けのスポーツ下着・Tシャツなどを
おもに作っている会社なのですが
靴も出しているのですね。
もちろん6分用です。
ミズノなどにくらべ土踏まずがかなり高く作られています。
靴の中で足は安定しフィット感はかなりよいですが、
長距離になったときに土踏まずが高いことが吉と出るか凶と出るか、です。

これで室内用の運動靴が2足になりました。
2足を交代しながら使用することができます。
黄砂に弱い方、黄砂の季節が完全に終わるまで、
室内走に徹しましょう。
a kutu.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617