calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
201711 (18) 201710 (31) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1467) 感染症 (327) 研修会 (321) 疾患情報 (296) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (179) 在宅医療 (161) 薬剤師 (131) ボランティア (103) 今週の花 (102) ニセ科学・ニセ医学 (101) 医院情報 (101) 心に残る出会い (98) 緩和ケア (74) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (37) がん検診 (27) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

欧米にはなぜ、寝たきり老人がいないのか

Yomiuri online の中の 
ヨミドクター yomiDr というコーナーです。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60441&from=osusume&google_editors_picks=true
一部引用***
高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。
 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。
***引用終わり


自分で食物をとることが出来なくなれば、死ぬ。
それは全ての生物に共通の大原則です。
人間だって、ほんの少し前まではそうでした。

ところが、
今や人間は
胃ろうや高カロリー点滴という方法を編み出し、
自力で食物をとれなくても生きることが可能となっています。

それは科学・医学の進歩ではあるのですが、
すべての人がその技術を受けるべきだとは思えません。
たとえば
100歳以上の人に抗がん剤を使用することはないでしょうし、
100歳以上の認知症ねたきりの慢性腎不全の方に
新たに人工透析をしようとは誰も言わないでしょう。
使える技術はあっても、
「使うべきかどうか」、という判断が必要なのです。


高齢になり食べられなくなってくれば死ぬ、それでいい、
ただ苦しまないようにだけはしてください、
と話される方は多いのです。
欧米では胃ろう寝たきり老人がいない、
胃ろう高齢者がこんなに多いのは日本だけにみられる特殊現象だ
ということは知っておくほうがいいと思います。

そのかわり
欧米では、食べてもらうための工夫・援助は
しっかりやります。
口から食べてもらうための努力は精一杯おこなって、
それでも食べられなくなった場合には
それ以上のこと(強制栄養投与)はしない、
ということなのです。

じゃあ、子どもが食べられない時はどうなんだ、と言う人がいますが、
ここで問題にしているのは高齢者なんです。
タイトルにも、ねたきり老人 と明記されています。
胃ろうも、もともとは小児のために開発された技術なのです。

どういう死をむかえたいですか?
どういう生き方をしたいですか?
最期まで自宅で暮らす、ということも出来ます。
ぜひ考えてみてください。
そして、子供たちに考えを伝え、
書面にしておきましょう。
書面にすることも、大事です。


博多からの帰りは博多駅で駅弁です。
九州駅弁グランプリ3位、呼子萬坊の いか三昧弁当。
とても手が込んでいます。
ちなみに上位はこうなっています。
http://manbou.typepad.jp/blog/2012/02/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E9%A7%85%E5%BC%81%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AA%E7%B5%90%E6%9E%9C%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%81%84%E3%81%8B%E4%B8%89%E6%98%A7%E3%81%8C%E7%AC%AC%EF%BC%93%E4%BD%8D%E5%85%A5%E8%B3%9E.html
【優 勝】佐賀牛すき焼き弁当(武雄温泉駅)
【準優勝】有田焼カレー(有田駅)
【第3位】いか三昧(博多駅)
全部食べてみたいですね。
a ikabenntou.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

関節リウマチの発症リスク、発症前の喫煙歴で2倍に

次の台風5号が来そうだ、とのこと。
まあ次々と。
雨がふって、晴れる、
また雨ふって、晴れる。
植物の成長のためにはこれが良いので、仕方ないですね。
雨風に用心しましょう。

さて、
タバコは呼吸器疾患をひきおこすだけではありません。
動脈硬化をおこし、心筋梗塞、脳卒中のリスクも高くなります。
その他にもイロイロ。

タバコを吸うと、
関節リウマチになるリスクが2倍になる、
という一卵性双生児対象の研究です。
元記事は日経BPサイトで登録者限定ですので
要点を間接引用したサイトをご紹介しておきます。
http://smokefreeway.blogspot.jp/2012/06/2.html

遺伝因子の影響を除外して検討するために
一卵性双生児を対象とした研究は
とても意味があります。
一卵性双生児の片方が喫煙し、他方は喫煙しないときには
喫煙の影響を比較しやすいと思われるのです。
(環境因子の影響は少しあると思いますが、
普通は一卵性双生児は生育環境などはほぼ同一と
考えられます。)

タバコは、身体とサイフに、いいことありませんよ。


博多アンテノール いろんなケーキが少しずつ味わえるセット
かつては広島でもアンテノール店内で食べることができていたそうですが
a cekeset.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

台風雨

台風雨ですね。
突然強く降ったり、またやんだり。
この強い雨の音で何度か目が覚めてしまいました。
台風被害が出なければいいのですが。
グリーンカーテンを設置している人など強風に要注意です。


毎日新聞が、高速増殖炉もんじゅに関連する記事を
連発で配信しています。
スクープか、ガセネタか。
他のマスコミが追随するかどうかも、ウォッチしましょう。

<核燃サイクル秘密会議>書き換え・隠蔽、ゆがむ政策
Yahooニュース 毎日新聞 6月19日(火)2時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120619-00000012-mai-pol

核燃サイクル秘密会議:「もんじゅに不利」シナリオ隠蔽
毎日新聞 2012年06月19日 02時30分(最終更新 06月19日 03時01分)
http://mainichi.jp/select/news/20120619k0000m010142000c.html?inb=yt


日本は高速増殖炉研究に約2兆円を投じており、継続するなら10年でさらに約3200億~3700億円かかる。

これだけ資金を投入しても
まったく動いていない、という事実は
認識しておかねばなりませんね。


博多のアンテノール 季節のパフェ
a pafe.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

マツダ、ルマン復帰

梅雨の合間、昨日は久しぶりに少し走りました。
走れるのはうれしいのですけれど
湿度は高いので外を出歩く/走る方は御用心ください。
いつもなら500mlの水分補給だったのですが
同じ距離なのに2本の補給を必要としました。
こまめに水分補給をお忘れなく。

ところで、マツダ ルマン復帰とのニュース。
おお、うれしいねえ、と思いました。

マツダ、21年ぶりのル・マン復帰を発表
Yahooニュース TopNews 6月17日(日)0時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120617-00000006-fliv-moto

でも、
内容を読むと、ディーゼルエンジンの提供だそうです。
ロータリーエンジンではないのですね。

ヨーロッパではディーゼルエンジンが高い評価を受けています。
BMWもディーゼルターボをラインナップに加えたりしているようです。
これを機会にマツダファンが世界に広がることを期待しましょう。


アンテノール博多岩田屋店。
ケーキセットではケーキが選べます。
a cake.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

日本で最も美しい村

カープ、相手と同じ安打数は打っているのですけど。
ところで、昨日のスタメンに、無安打が二人います。
他のスタメンは、1安打ずつ打っています。
無安打の二人とは
2番に抜擢されている安部 友裕。
そしてもう1人は、指名打者5番の石井 琢朗です。
安部は2軍から上がったばかりでチャンスを与えられている。
2番でなく下位打線で楽に打たせてやりたいものです。
問題は石井。
なぜ打率1割そこそこの石井を、5番に据える必要がある?
そんな打者が5番にいては、勝てるはずがない。
4打席ノーヒットの石井に、きびしいけれど一言。
選手は、引き際が肝心だ。
選手をやめてコーチに専念すべきだ、と。

もう石井が出る時代ではない、ということです。
若手に機会をゆずって育成せねば、カープに未来はない。
それに、どうせ指名打者で使うなら好調前田のスタメンが見たいです。
今日が交流戦最終日、前田スタメンの最後のチャンスです。


さて、
南アルプスに近い、
長野県上伊那郡中川村。
日本で最も美しい村、と自称しています。
その中川村村長の村議会での答弁が素晴らしい、と
医療系MLで話題になっていますので
情報を共有したいと思います。
日本で最も美しい村は、村長も素晴らしい。
日本という国はどうあるべきか、ひとりひとりが考えを表明し、自由に議論しあえる、
こういう子どもを育てなければ、と思います。
長くて申し訳ないですが、全文引用しておきます。
http://www.vill.nakagawa.nagano.jp/index.php?f=hp&ci=10685&i=11049


中川村議会6月定例会で、高橋昭夫議員から、「国旗と国歌について村長の認識は」という一般質問を頂いた。
 一問一答方式のため、受け答えはやりとりの流れに応じた“アドリブ”になっていき、正確に再現することは難しいので、頂いた通告と私の答弁原稿を以下に掲載する。

<一般質問通告>
 小・中学校の入学式や、卒業式の席で、村長は(壇上に上る際、降りる際に)国旗に礼をされていないように思います。このことについて村長のお考えをお聞きしたい。

<答弁原稿>
 たいへんありがたい質問を頂戴しました。ご質問の件については、村民の皆さん方の中にも、いろいろ想像して様々に解釈しておられる方がおられるかもしれません。説明するよい機会を与えていただきました。感謝申し上げます。

 私は、日本を誇りにできる国、自慢できる国にしたいと熱望しています。日本人だけではなく、世界中の人々から尊敬され、愛される国になって欲しい。
 それはどのような国かというと、国民を大切にし、日本と外国の自然や文化を大切にし、外国の人々に対しても、貧困や搾取や抑圧や戦争や災害や病気などで苦しまないで済むように、できる限りの努力をする国です。海外の紛争・戦争に関しても、積極的に仲立ちをして、平和の維持・構築のために働く。災害への支援にも取り組む。
 たとえて言えば、日の丸が、赤十字や赤新月とならぶ、赤日輪とでもいうようなイメージになれば、と思います。
 世界中の人々から敬愛され信頼される国となることが、安全保障にも繋がります。

 これは、私一人の個人的見解ではなく、既に55年以上も前から、日本国憲法の前文に明確に謳われています。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 そして、憲法前文は、次のような言葉で締めくくられています。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

 しかし、現状はまったく程遠いと言わざるを得ません。日本国は、名誉にかけて達成すると誓った理想と目的を、本気で目指したことが、一度でもあったのでしょうか。

 東京電力福島第一原発による災害では、国土も、世界に繋がる海も汚染させました。たくさんの子ども達が、かつての基準なら考えられない高汚染地域に放置されています。そしてまた、安全基準も確立しないまま、目先の経済を優先して、大飯原発の再稼動を急いでいます。放射性廃棄物をモンゴルに捨てようとしたり、原発の海外輸出まで模索しています。
 明治になって日本に組み入れられた琉球は、抑止力のためという本土の勝手な理屈で多くの米軍基地を押し付けられ、さらにまた美しい海岸をつぶして新たな米軍基地を造ろうとする動きがあります。イラク戦争に協力し、劣化ウラン弾で子どもたちが苦しめられることにも、日本は加担しました。兵器輸出の緩和さえ模索しています。
 他にも、福祉を削り落として、貧困を自己責任に転嫁するなど、言い出せばきりがありません。ともかく今の日本は、誇りにできる状態から程遠いと言わざるを得ません。

 しかしながら、誇りにできる状態にないから、国旗に一礼をしない、ということではありません。完璧な理想国歌家(twitterで誤字を指摘頂いた。多謝)はあり得ないでしょう。しかし、理想を目指すことはできる。しかし、そのそぶりさえ日本にはない。それが問題です。
 
 もっと問題なのは、名誉にかけて誓った理想を足蹴にして気にもしない今の日本を、一部の人たちが、褒め称え全面的に肯定させようとしている点です。この人たちは、国旗や国歌に対する一定の態度を声高に要求し、人々をそれに従わせる空気を作り出そうとしています。
 声高に主張され、人々を従わせようとする空気に従うことこそが、日本の国の足を引っ張り、誇れる国から遠ざける元凶だと思います。
 人々を従わせようとする空気に抵抗することによって、日本という国はどうあるべきか、ひとりひとりが考えを表明し、自由に議論しあえる空気が生まれ、それによって日本は良い方向に動き出すことができるようになります。
 人々に同じ空気を強制して現状のままの日本を肯定させようとする風潮に対して、風穴を開け、誰もが考えを自由に表明しあい、あるべき日本、目指すべき日本を皆で模索しあうことによって、誇りにできる日本、世界から敬愛され信頼される日本が築かれる。日本を誇りにできる国、世界から敬愛される国にするために、頭ごなしに押しつけ型にはめようとする風潮があるうちは、国旗への一礼はなるべく控えようと考えております。
<以上、初回答弁の原稿>


<一問一答のやりとりの最後(要旨)>
Q:村長は子供たちが国旗に礼をしないようになる方がいいと考えているのか?
A:教育内容について行政から口を挟むことは控えるべきだと考える。なにをどう教えるかは、教育委員会の管轄である。国旗に対して、どういう態度を取るべき、とか、取るべきでない、とか、これまでも申し上げたことはないし、今後も申し上げるつもりはない。

<新聞記者(信濃毎日新聞、長野日報)との取材でのやりとりの最後(要旨)>
Q:子どもたちには、どうあって欲しいと思っているのか?
A:いろいろな人がいて、いろいろな考え方があるのだな、と感じてもらえれば嬉しい。その上で、自分はどう考えるのか、じっくり検討して欲しい。こういう態度を取らねばならないと、ただひとつの形しか提示しないのは問題。型にはめようとするのはよくない。「まぁ、この場は空気を読んでこう振る舞うのが大人だし…」というような対応を積み重ねた結果、曾て、場の空気に絡め取られ戦争に向けて後戻りできない状況に陥り、後悔したのではなかったか。どういうものであれ、自分の感じ方、思いを気安く表明できる「空気」を創っていくことが大事。それによって、互いに議論が深まり、理想の日本、あるべき日本、目指すべき日本が模索され、その結果が皆に共有されていけば嬉しい。
2012年6月12日 曽我逸郎


博多のシメは屋台 伸龍 の ラーメン。
博多の屋台は今 過渡期にあるようで、
娘たちの一番おすすめの店というのは なくなっていました。
a ramen.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634 | 635 | 636 | 637 | 638 | 639 | 640 | 641 | 642 | 643 | 644 | 645