calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
archives
201705 (28) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1368) 感染症 (325) 研修会 (306) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (151) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (93) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (70) 禁煙 (59) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

とうかさん食中毒に注意

とうかさんですね。
昨日夕方には、もう屋台がずらり並んでいました。
なかには食材がすでに運び込まれている屋台もあり。
え~、丸一日、食材を室温放置ですか!?

とうかさんの時には食中毒患者が多いのです。
アヤシイ店では食べないのが一番の予防策です。
屋台の裏側をしばらく観察していれば
その店の衛生レベルはわかりますよ。


さて、
昨日の内閣不信任騒動。
何だったんでしょうね。
この時期に内閣不信任案を出す、というのはどうかしている。
そんなことを考えたり討議するヒマがあるなら
復興を急ぎ、復興案をしっかり論議すべきでしょう。

原発がこの有様になっているのは
自民党の責任が大きい。
原発立地近くに断層の存在を指摘する地元研究者や
地震・津波への危惧を国会で質問した国会議員に対して
自民党政権と電力会社が「問題ない」、「事故はありえない」
と言い続けてきたのです。
自民党は、どう責任をとる?
まして
谷垣総裁は今国会で
原発への海水注入を止めた菅首相の責任を追及
ということで何時間も費やしてきました。
「報道によれば・・・」と言って。
でも、実際には海水注入は止まっていませんでした。
誤った情報に踊らされてムダな国会論議をおこなってきたわけです。

国会議員には我々にもマスコミにもない権限があります。
国政調査権 というものです。
国会議員ならば真実が知りたければ自分で調べればよい。
それを怠り、「報道によれば・・・」とやったのでは
国会議員として職務怠慢でしょう。

ニセ情報に踊らされた例として
民主党のニセメール事件というのがあります。
この民主党国会議員は議員を辞職しています。
さあ、自民党・谷垣さんが責任を取る番です。
総裁を辞めるのか、議員辞職するのか。
過去の自民党政権の原発擁護する国会答弁にどうけじめをつけるのか。


スペースシャトル、最後から2回目の飛行が無事終了しました。
あと1回で終わりです。
先月北九州へ行ったとき、ホテルの前の道路からの光景。
本物が引退したら、このシャトルはどうなるのでしょうね。
P1150164.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

本日のお勉強
一介護老人保健施設における褥創症例の検討
広島医学2011年4月号
牛田バラ苑 夜陣 紘治 先生ほか
要点
高齢で、寝たきりあるいは自力運動が不自由な方は褥創が発生しやすい状況にある。
病院での褥創有病率は0.96~3.32%
介護保健施設 2.47~2.67%とされている(2008年に発行された論文)。

平成19年から21年の3年間調査。
入所定員100名の施設で平均年齢86歳、要介護度3.7。
3年間で褥創は32名、37部位。うち5名は入所時褥創(持ち込み例)。
計算すると有病率は1.96%であった。
部位は仙骨部55%、足踵部24%、外踝部8%など。
治療は体位変換、ポリウレタンフィルムによる皮膚保護など。
治療期間は軽度の褥創でも7日間を要した。
重度になれば120日以上、最長290日を必要とした。
仙骨や下肢の毎日の確認が重要と考えられた。

褥創は、出来てしまうと大変です。
作らないように体位変換、
そして皮膚の色調変化などにふだんから注意を払うことが必要です。
でも
体調をくずして1日寝ていれば、もう褥創はできてしまいます。
まったく油断できません。
治療は進歩してはいるのですが、
寝たきりにならない、寝たきりを作らないのが一番です。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

グリーフケア

カープ、8安打で0点。
1イニング4安打で0点って、何? てなもんですね。
1球でバントを成功させないから こうなります。
全員、打撃練習の前と後にバント練習20分ずつじゃ~!
ま、昨日マー君相手に今村先発の「捨て試合」ですので
結果は負けでもいいのですが。
ヤクルト以外 全部負けてくれたので助かりますね。

義妹の誕生日のシャンパン。ロゼ。
昨年義父が亡くなってからは、
ほんのちょっとしたことでも家族皆が集まり
うれしい時間を共有するようにしています。
自然発生的なグリーフケア(死別の悲しみに対する心のケア)なんでしょうね。
P1150216.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

本日のお勉強
既治療進行非小細胞肺癌に対するベバシズマブとカルボプラチン、ドセタキセルを用いた多剤併用療法の経験
肺癌 2010年12月号
香川大学医学部 松浦奈都美 先生ほか
要点
ベバシズマブは血管内皮成長因子VEGFに対するモノクローナル抗体で、
本邦では2009年に扁平上皮癌をのぞく切除不能な進行・再発非小細胞肺癌への使用が認可されている。
ベバシズマブ併用化学療法を4例おこなった。
2コース後に2例は明らかに縮小、2例は縮小傾向であった。
副作用は許容範囲であった。

私はまだ使用したことのない薬剤です。
私が注目した点として、
このうち1例は、脳転移に対するガンマナイフ治療後に施行されていたことです。

本邦では脳転移は原則禁忌とされています。(そのはずです)。
しかし、過去に実施された第2相試験でも脳転移症例にとくに問題なく、
NCCNガイドラインで既治療脳転移は投与対象に含まれる、のだそうです。

禁忌と書いてあるところを突破していく、
その勇気はすばらしいと思います。
日本だけの特別ルールで患者に不利益が出る、というのは
もう止めて欲しいですね。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

講演会 平穏死について考える

カープ、3試合連続0点負けの5連敗、4位陥落。
とはいえ、バント・スクイズをきちんとおこなっていれば
5試合のうち3試合は勝てている試合でした。
広商の監督を呼んできて監督させたほうが、よほど勝てますね。
打てないなら打てないで勝つ作戦を実行しないと。
バント・スクイズ・盗塁が少なすぎます。


直前で申し訳ございませんが、講演会のお知らせです。

日時:6月5日(日)10-12時
場所:広島市民交流プラザ北館6階マルチメディアスタジオ
 広島市中区袋町6-36
 082-545-3911
講師:世田谷区立特別養護老人ホーム「芦花ホーム」 石飛幸三 先生
演題: 平穏死について考える
参加費:無料(定員100名、要事前申込)
主催:広島施設医療勉強会
申込先:折口内科医院 高橋浩一 082-241-6836

石飛先生は、広島出身。
東京都済生会中央病院副院長を経て
平成17年2月から芦花ホームに勤務。
著書:平穏死のすすめ(講談社)
NHKテレビ「食べられなくなったらどうしますか」出演
ほか、講演会多数。

認知症などで施設に入所中の高齢者が
口から食べることが出来なくなったり、誤嚥性肺炎を繰り返すようになると
胃に穴を空けて流動食を注入する胃瘻(いろう)を作られることが多い。
しかし、それが本当に本人にとって幸せなことなのかどうか?

いっしょに考えてみませんか?

義妹の誕生日は、ポワブリエールのケーキでした。
P1150208.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する

今、不信任案か?

原発作業員がヨード剤を指示どおり服用せず、高い内部被ばくをしているようです。
避難者の中には、早く地元に戻りたい、と思っている人も多いようです。
放射線は目に見えない。音もしないし、熱も感じない。
だから非常に楽観してしまう人が出てしまいます。
きちんと管理することの重要性をくりかえし報道することが重要です。
あとで後悔しないですむように。


なんで自民党が内閣不信任案を出そうとしているのか
私にはよく理解できません。
今は復興のため急ぐべきことは急ぎ、
そして将来の日本のあるべき姿を議論する時。
今は誰が総理であっても、やることに大差はないです。
それとも、独裁者の出現を待望するのでしょうか?
あるいは総理の首を取ることで、復興が早くなるとでも?

谷垣総裁は、
原発に海水注入をやめさせたのは管首相の責任だ、
ということで追求をしていました。
国会で、何時間もかけて。
でも、実際には海水注入は止まっていなかった事実が明らかになりました。
谷垣総裁は、何時間もかけて、事実と違う話で国会を空転させたわけです。
原発震災の事実経過・時間経過をていねいに追い
どこにどういう転換点があったのか、を
検証することは非常に大事です。
でも、今、復興を急ぐ時期に、国会で追及すべき話題ではないでしょう。
検証がおおむね終わった段階で追求すればよい話題です。
自民党は、この上さらに国政を停滞させようというのでしょうか。
そんなものは半年後にでもすればよろしい。

原発を推進し、
原発の危険性、原発立地の危険性を訴えてきた住民たちの声をにぎりつぶし
原発マネーに群がったのは自民党。
その反省はどうなっている?
その議員・首長たちは今どう言っている?
(原発推進派は現在黙ってじ~っとしているようですが)。
自民党は、将来の日本のあり方を どうすべきと思っている?
対案を出せ! というのが重要なのだが、といつも思います。
政府・民主党からの将来像の提示が遅いのなら
先に自民党が将来像を国民に示せばよいのです。


ところで
管首相はサミットで世界の脱原発の流れにブレーキをかけたようです。
jiji.com 5月28日によると
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201105/2011052700933
原発に関連して管首相は
最高水準の原子力安全の達成
ということを発言したそうです。

つまり、
安全性を高め原発を継続する、
という発表です。

脱原発の流れが加速する千載一遇のチャンスを逃し
世界の脱原発の動き・自然エネルギー開発普及を妨げる発言であるとは
本人はちっとも思っていないでしょう。
その意味では、管首相の将来の評価は非常に低いものとなる。
このサミット発言を理由にしての不信任なら
私も不信任案に1票かもしれません。


球場に行くと、食事もケチケチせず買います。
ハレとケを分け、日常を離れ楽しまないとね。
はなおか の 豚バラ、つくね、ソーセージ。
豚バラは塩こしょうがたっぷりかかっていて辛いです。
ビールがすすむ味付け。
子ども向きとは言えないので御注意を。
P1150199.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
沖縄では、注意報が出ています。
沖縄タイムス 2011年5月27日 09時49分
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-05-27_18369/

インフルエンザの状況を、日本中、同じ状況と思ってはいけません。
沖縄は気象条件が違うので
流行時期も違うんですよ。毎年のことなんです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

和みカフェ

カープ、点を取る工夫なし。
勝てる試合だったのに。
センター前ヒットで2塁から生還できなかったのは
丸の判断ミス走塁ミスではあるが、
その直後にスクイズしておけば丸のミスは帳消しにできたのに。
監督の采配ミスですね。
無死2・3塁での代打前田。でも速球にはついていけません。
昨年から抑えの速球派には手も足もでなくなっています。
私どもは前田のファンではありますが、
本人も限界を感じているでしょうから、今年で引退でしょう。
前田の出番は、相手の先発投手が疲れてきた6回7回あたりにすべきで
8回9回では出番は遅いです。
前田の最後の活躍の舞台を、きちんと用意してあげたいものです。

昨日は第3回雑貨daバザーだ!! in和みカフェ
に行ってきました。
http://nagomicafe.exblog.jp/
元気に復活されて、ほんとうによかったです。
手前は手作り小物類、真ん中はsugiさん、奥は江田島焼きなど。
P1150217.JPG

しょうがプリン
P1150219.JPG

シフォンケーキ
このほか、ちらし寿司も具だくさんでおいしかったです。
P1150220.JPG

買ったもの。バッグなど小物、高津堂のもみぢ饅頭、パン、コーヒー豆などなど。
P1150221.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

本日のお勉強
リウマチ性疾患診療の魅力と問題点
(招待講演の要旨)
日本内科学会雑誌 2010年9月
神戸大学免疫内科 熊谷 俊一 先生
要点
免疫というのは、自己と非自己を見分けるシステムです。
非自己を見つけて攻撃するのに対し、自己には寛容であり攻撃対象から除外します。
どうやって非自己を認識し、どうやって自己に寛容になるのか、
ということを追求するのが免疫学の醍醐味です。

その仕組みが壊れたときに自己免疫疾患がおこります。
自己抗体の解明などがすすみ、
関節リウマチなどでは治療の発想、治療方針がガラッと変わりました。

このほかの例では、
SLE 全身性エリテマトーデス という病気について
研究を要する問題として5つ挙げられています。
1:自己抗体群と反応する抗原決定基群の本体
2:クロン消去の機構とその異常とは何か
3:SLEが初潮の後に発病する内分泌因子の役割
4:禁じられたクロン消去機構に対する老化の影響
5:薬剤性ループスの本体

まだまだ、わからないことがたくさんあります。
免疫学って、面白いですねえ。
進路を決めかねている学生さん、免疫に取り組んでみませんか?
免疫学の分野で、大阪大学 審良静男 教授など
ノーベル賞間違いなしです。
日本が世界のトップを走れる分野ですよ。

comments(8) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611