calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201703 (29) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1337) 感染症 (324) 研修会 (304) 疾患情報 (284) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (171) 在宅医療 (144) 薬剤師 (127) 今週の花 (101) 医院情報 (100) ボランティア (99) 心に残る出会い (91) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (68) 禁煙 (57) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) 落語 (23) がん検診 (22) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

心に残る出会い13 乳がんのYさん

Yさんは83歳。
20年ほど前にS病院で大腸癌を手術し、
その後2回の肝臓転移も手術で乗り越えてきました。
そのうちに乳癌がみつかり手術。
その後の肺転移も手術し、
抗がん剤などの治療を受けていたのですが、
骨転移もおこし、次第に通院がむずかしくなってきました。
その時、主治医の先生は、家の近くの病院に変わりなさい、と。

紹介先のN病院の先生も困ったのでしょう、
しばらく抗がん剤やホルモン治療したのちに、
次第に効果がなくなってきて、
K病院ホスピスの予約を取りなさい、と。
Yさんは、あちらの病院、こちらの病院に見放された
という印象を受けてしまいました。

予約はしたけれども、今はホスピスに入るほどの状態ではありません。
とりあえず痛みを何とかしなくちゃいけない、ということで
当院に依頼がありました。

骨転移については、現在はよい薬があります。
ゾメタという注射です。
この薬で、かなり痛みを抑えることができるようになってきました。
しかし、副作用に顎骨壊死(がっこつえし=顎の骨がダメージを受ける)というのがあります。
Yさんもすでに顎骨壊死をおこしていました。
もはやゾメタは使えなくなっていたのでした。
骨転移の痛みと、顎骨壊死の痛み。
食事をするのも痛いのですから、これが問題でした。

病院では、オピオイド内服(医療用麻薬)は使用されていましたが
臨時使用の薬(レスキューと言います)は処方されていませんでした。
そこで、まずはオピオイドの調整です。
痛みの時間帯、強さなどを考えて
中心となるオピオイドの種類と量、服用する時刻を決め、
その上でレスキューの種類と量を決め、細かく調整していくのです。
骨の痛みに対しては、他にも薬を選んで使用していきます。
これで何とか在宅療養を続けることができました。

Yさんの家は大家族でした。
ちょうどその時期、Yさん家では
同居のお孫さん(Yさんの孫)が臨月をむかえていました。
このため、お嫁さん(Yさんの息子さんの妻)が一人で
Yさんの看病、お孫さんの世話、ひ孫の面倒など
一家の家事を全部まとめて引き受けないといけない状況でした。
さすがに疲れた~、これ以上はもうダメ~、と
お嫁さんが当院でぐちって帰られることもありました。
(ストレスや負担を相談したり、はき出す場があることも
在宅療養を続けるためには大切なことです。)

Yさんは時々高熱が出ることがありました。
腎盂腎炎など感染症をときどき起こしていたのです。
そのつど抗生物質点滴などで乗り切ってきていました。
ある日、また高熱が出ました。
この時はお孫さんが出産・退院したばかりで、
お嫁さんの負担がもう限界だという状況を知っていましたので
本人、家族とも相談のうえ、
ホスピスに連絡して緊急入院させてもらう手配をとりました。
Yさんの御家族は、みんな精一杯がんばっておられました。
看病する側が疲労で倒れたりしないように、
「レスパイト入院」という考え方があるのです。

でも、Yさんの場合はレスパイト入院では終わりませんでした。
ホスピス入院後に病状が急速に悪化したのです。
Yさんはそのままホスピスで亡くなられました。


もみじまんじゅう味のラムネ
買ったけど、まだ味わっていません。
飲んだ人(娘)の感想では、却下、だそうですが。
P1120811.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
沖縄でインフル患者が3週連続増、流行指標上回る
Yahooニュース 7月23日15時38分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000003-cbn-soci

福井県と沖縄県で流行している、というのが先週でのお話。
福井のほうは流行は下火になったそうです。
沖縄は増加しています。
夏休みに沖縄旅行を計画している人(とくに小児)は
インフルエンザワクチンを接種しておいたほうがよいかもしれません。
今年のワクチンは10月頃でないと出来てきませんが、
昨年の国産ワクチンは使用可能です。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

NHK「 食べられなくても生きられる~胃ろうの功罪~」

胃ろうをテーマの番組です。
生きる、とは どういうことか。
ぜひ御覧になってください。

NHK教育テレビ:
ETV特集7月25日(日) 午後10時00分~11時00分
http://www.nhk.or.jp/etv21c/index2.html

高齢者が脳卒中などで食べられなくなると
今では胃に穴をあけて栄養チューブを直接胃に入れる
「胃ろう」
という方法が選択されることが多くなっています。
老人ホームの2割以上が胃ろう患者となっているのです。

胃ろうそのものは、口から食べることを併用できる技術なのですが、
老人ホームでの胃ろうでは
口から食べさせることはありません。
手間と時間がかかり、誤嚥性肺炎の危険も高いからです。
本人から「食べる楽しみ」を奪い、
口から食べることをしないで生きるという「不自然」な生存方法です。

時間になったらチューブから水と栄養を与えられ、
時間になったらオシメを交換する。
効率重視の流れ作業を毎日毎日受けるだけ。
それで
「人間らしく生きている」
と、言えるのか?

胃ろうの現状と問題点を知ってください。
ぜひNHKテレビを御覧ください。



写真はEXILEスペシャルもみじまんじゅう。
バスセンター売店では1人3個まで、となっているそうです。
広島駅では購入するのに行列でした。
P1120804.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

学校薬剤師のお仕事

緩和ケア薬剤師です。
ちょっと古い話になってしまいましたが、
6月19日土曜日の午後、広島市学校薬剤師会総会に出席しました。

学校薬剤師って、ご存じですか?
どの学校にもいるんですよ。

学校薬剤師とは、児童・生徒の環境調査、を主に担当しています。
教室の明るさや黒板の見え方、
空気中の二酸化炭素濃度を調べたり、
プール水を調べて指導・助言をします。
プール水から大腸菌が出たりしたら子どもたちは泳げないから大変です。
今回は薬物乱用防止教育の活動についても詳しい説明がありました。



ホンダ CR-V
テレビ「ウルトラマンダイナ」(1997)
撮影に使用された実車が展示されています。
P1120736.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
中外製薬、中間経常益39%減=「タミフル」売り上げ5割減で
Yahooニュース 7月22日20時1分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100722-00000051-jijc-biz

昨年は小児用タミフルが不足し、
成人用カプセルをばらして使用してよい、という
緊急避難的処置がOKとなっていました。
タミフルが売れて、さぞかし中外製薬はもうかったのではないか、
と考えていた人もいたようですが、
そうではない、という発表です。
インフルエンザは冬になり流行がピタリと終息してしまいました。
このため結局シーズン全体でみると
売り上げは5割減であった、と。
感染症を相手の商売は、予測がむずかしいので大変です。

輸入に頼らねばならない、というところも問題だと思っています。
国産の感染症薬を開発するプロジェクトを、
ぜひ進めていってもらいたいと思います。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

協会けんぽ、赤字4830億円

カープ、何とか勝ってオールスター休みにたどりつきました。
多くは言いますまい、
休み中にバント練習を。
もう、それだけです。


健康保険として負担しているお金は
どういう流れになっているでしょうか?
そこを知っておくことは大切だと思います。
集めたお金が、無駄な事務費・人件費に消えているとしたら・・・。

協会けんぽ が大赤字を出している、というニュースです。
YOMIURI ONLINE (2010年7月12日20時55分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100712-OYT1T00993.htm

医療機関を受診した際には、
健康保険の保険料を支払うことにより
医療機関の窓口では自己負担3割(あるいは1割)で受診できます。
しかし、
中間に「協会けんぽ」という組織があり、
そこで人件費が発生してしまいます。

協会けんぽ という組織が大きければ大きいほど、
人件費が高ければ高いほど
健康保険料の値上げ という形ではねかえってきます。

逆にいうと
協会けんぽ という組織が小さければ小さいほど
保険料が安くおさえられるわけです。

協会けんぽ は天下り団体の一つと考えてよいです。
しかも、絶対に倒産することのない組織です。
がんばって仕事するわけがない、親方日の丸同様の組織なのです。

私たち医療機関は、レセプト(診療報酬)請求を協会けんぽに提出し
審査を受け診療報酬を2-3ヶ月後に受け取るシステムです。
レセプトはオンライン提出が義務(原則)となったため
レセプトの審査業務もパソコンで自動判定が可能となっている(はず)なので
協会けんぽ の人員は相当数が不要となっているはずなのです。

中間で搾取し、ぬくぬくとしている組織をスリム化していかないと
保険料が安くなることはありません。
赤字を計上した組織は、人員削減をすべきなのは明白です。
民間だと考えられないほどの赤字をたたきだした組織、協会けんぽが、
大規模な人員整理、人員削減をするかどうか。
ぜひこの点にも目を光らせておいて下さいね。



交通科学館の特別展で展示されています。
ポンティアック ファイアーバード トランザム
テレビ「ナイトライダー」(日本では1987~)
フロント部分のイルミネーションが印象的で、
マネした車は今も時々みかけます。
P1120742.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する

熱中症を予防するには

昨夜のカープ。
勝った、と思ったのですがね。
でも、
10回裏の第一球をラジオで聞いていて、
家族みんなで 「こりゃ、負けるかも」と話しました。
初球の球速が133kmだったのです。
直球でも140kmしかありませんでした。
「高校野球でも打たれる速さじゃ」と言っていたところ
案の定、1死もとれずに2本塁打で逆転サヨナラ負け。

あの場面で、他のチームでは150km投手が出てきます。
高校野球並みの投手が投げるしかないチームでは
勝てないのは当たり前です。
あまりに悔しいので、阪神のヒーローインタビューを
最後まで全部聞きました、悔しさを刻み込むために。

実績にとらわれず、若手の球の速い投手を抜擢してください。
伸びのある球を投げる投手に任せてみましょう。
中田投手など いいんじゃないかな?

それと、
みなさん、応援に行きましょう。
昨日の甲子園は、平日なのに4万人ですよ。
8割の入りとするとマツダスタジアムだと2万4000人くらい、ということになります。
平日のマツダスタジアム、そんなに入った日はないように思います。
昨日は、応援が力になる、という試合でもあったと思います。
ラジオを通じて阪神ファンの応援の盛り上がりが伝わってきました。
悔しいけれど、阪神ファンの応援の力強さを認めないわけにいきません。
カープファンも同じように球場に足を運ぶようにならなければ
強いカープは実現できないのではないでしょうか。



急に暑くなったので、全国的に熱中症が多発しています。
多いのは3つのパターンです。
一つは、学校のクラブ活動など、暑い中で運動している場合。
昔は、しんどいのをがまんしろ、途中で水は飲むな、
という指導をされていた時期がありますが、
今はその指導は否定されています。
水分はしっかり補給しなければいけません。
運動で汗をかく場合には、電解質の補給も必要です。
指導者は、なかば強制的にでも途中休憩をとらせ、水分補給を指示しなければいけません。
「科学的指導」ではなく
「精神論による指導」をしているような指導者の場合はとくに要注意です。
「危険な指導」をする指導者は、
事故が起きる前に解任しましょう。保護者の力で辞めさせて下さい。
事故が起こってからでは遅いのです。

2つめは、屋外で仕事をしている人たちです。
道路工事や建設現場など。
しかし、今は現場に熱中症の基礎知識が知れ渡ってきたため
今ではかなり対策がとられてきています。

3つめは、自宅です。
自宅の部屋の中にいても熱中症になるんですよ。
室内気温が30℃を超えることも よくあります。
そのままだと簡単に熱中症になってしまいます。
小児や高齢者は、
ノドの乾きを感じにくかったり、乾きの訴えが伝えにくかったりします。
そうして、周囲が気づいた時にはぐったり、というわけです。
小児や高齢者は予備力がないので死亡する危険性は高いです。

室内熱中症の対策は2つ。
まずはこまめな水分補給です。
水分の目安は、おしっこがちゃんと出ること、です。
尿の出が少ない、というのは、すでに危険なサインです。
のどが渇いてから水を飲む、というのも「遅い」です。
すでに脱水が進行しているからのどが乾くのです。
のどが乾く前に水分補給。これ大事です。

2つめは冷房を使うことです。
高齢者では、電気代がもったいない、と考えるためか、
冷房を入れない人がたくさんいます。
もう、本当に思ったよりも多くの人が、「冷房を入れない」、と言います。
暑いときは、がまんせず冷房スイッチを入れて下さい。


カワサキKZ1000P
映画「ターミネーター2」(1991)で登場。
P というのは Police という意味です。
P1120733.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599