calendar
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
archives
201710 (22) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1452) 感染症 (327) 研修会 (317) 疾患情報 (294) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (178) 在宅医療 (160) 薬剤師 (131) ボランティア (103) 今週の花 (102) 医院情報 (101) ニセ科学・ニセ医学 (100) 心に残る出会い (97) 緩和ケア (73) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (37) がん検診 (27) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

子宮頸がん予防ワクチン無料 本日から

寒いです。
屋根などに霜がおりています。
日陰の部分に、雪が少し残っているところはありますが
他は雪は消えています。

さて
子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)
本日から無料接種開始です。
当院でも接種できます。
(予約をお願いします。 082-241-6836)

対象は中学1年~高校1年相当の女子。
年齢・住所の確認できるもの、母子手帳(もしあれば)を御持参ください。
3回の接種です。初回、1ヶ月後、6ヶ月後。
高校1年相当の方については
本年3月31日までに初回接種を受けていれば
残りも無料になりますが、
3月31日までに受けておかないと無料になりませんので御注意ください。
お忘れないように。

住民票のある市町での接種です。
本年度は違う市町ではワクチンを受けられません。
広島市ではない方は、お住まいの市町に御相談ください。

ワクチンが常時在庫があるとは限らないため
事前に医療機関に予約をしてください。

未成年なので保護者同伴が原則ですが、
予診票に保護者の署名があれば子どもだけでの受診でも可能です。

詳しくは広島市ホームページにあります。
予診票、説明書もそこからダウンロードできます。
当院窓口でも配布しています。
署名をして医療機関に御持参ください。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1291091825629/activesqr/common/other/4d227446002.pdf

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1291091825629/index.html

せっかくの無料化制度ですから、
一人でも多くの方に受けていただきたいと思います。
「知らなかった」 とか
「うっかり期限をすぎてしまった」
なんていうことのないように したいものです。
友人、同級生、あるいは部活、PTAなどのネットワークを通じて
みんなに漏れなく情報がいきわたるように お願いいたします。

今週の花 グロリオーサ、デルフィニウム
konsyu.jpg広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

平成の歩き方30 整備されていない道の端は歩くな

中区は雪景色です。
寒いです。受験生は大変でしょうね。
我々も今日は宇宙少年団の活動日なのですが、さてさて。
今日は足もとに注意しましょう。


これまでは土手道とか歩道とか
整備され歩行者にとって比較的安全な道について考えてきました。
あまり整備されていない道ではどうでしょうか。

たとえば堤防斜面や段差とガードレールで仕切られていない道。
つまづいたり、突風に吹かれてよろめく、という事態は想定しなければいけません。
おっとっと、と踏ん張るだけの余裕の広さが必要ですね。
そうでなければ斜面をすべり落ちてしまいます。

こういう道だと、
端から50cm、できれば1mは離れたいものです。
狭い道であるなら、中央を歩くのも仕方ないでしょう。
すれちがう時にはお互い譲り合って下さい。

典型例が四万十川の「沈下橋」、
柵もガードレールもありません。
行ったことはありませんが、なかなか怖そうですね。
端のほうに白線が引いてあります。
その内側を歩いてください、ということなんでしょう。
駅のホームに黄色い線が引いてある、というのと同じです。

整備されておらず、線も引いていない道であれば、
自分の頭の中に黄色い線を引かねばなりません。
それが出来なければ危険、ということになります。
イメージトレーニングが大切なんですね。


オステリーア桂
和のデザートも出ます。
アルコールは別料金で、事前に相談できます。
今ならスペイン人のシェフがいます。
(・・・冗談です、風貌は外人シェフのようですが日本人。
スペイン帰りというのは本当です。)
最大25名まで可能。完全予約制です。
眺めも良く、川をいく遊覧船も眼下に見えます。
P1140110.JPG

P1140113.JPG

P1140100.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
京都府で新型インフルエンザで死亡者が出ています。
54歳、持病あり。やはりワクチンを接種していない人だそうです。
持病があるのにワクチンを受けていない、というのが理解に苦しむところなんですが
ワクチンを受けられない理由でもあったのでしょうか・・・。
Yahooニュース 産経新聞 1月15日(土)7時57分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110115-00000081-san-l26

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

広島でインフルエンザ流行入りを発表

広島市、広島県とも
インフルエンザ流行入りを発表しました。
うがい手洗いマスク咳エチケット、よろしくお願いします。
毎日新聞 1月14日地方版
http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20110114ddlk34040521000c.html

本日のお勉強は上級編。
心不全のときの睡眠時無呼吸の新しい治療器具について。
心不全というのは、もちろん心臓の病気で
循環器内科が担当する病気です。
でも、心不全が悪化する原因が睡眠時無呼吸症候群だ、
ということも よくあります。
心不全の人は一度は睡眠時無呼吸の検査を受けられた方がいいかもしれません。


オステリーア桂
洋食ばかりでなく和も出来ます。
写真はふぐ刺し。
これ、値段をつけ忘れていませんか?
と心配になるくらい安いです。
実際に、「値段間違えてませんか?(安すぎ)」
という電話が後でかかってくることがあるそうです。
完全予約制。ホームページありません。
P1140101.JPG広島ブログ
本日のお勉強
Adaptive servo bentilationを用いて加療した重症心不全の1例
広島医学 2010年11月号
広島大学循環器内科学 同道 頼子 先生ほか
要点
睡眠時呼吸障害、とくに中枢性睡眠時無呼吸症候群は
心不全が原因となり、また心不全の増悪因子でもある。
心房細動の発症・持続にも関係があり、
無呼吸の治療が心房細動の抑制に効果がある。
中枢性睡眠時無呼吸症候群の治療として、最近ではAdaptive servo bentilationが用いられる。
在宅でも使用できる。

Adaptive servo bentilation っていうのは
睡眠時無呼吸のときに使用される治療機器の1種、と考えて下さい。
どの機械を使って治療するか、は 担当医の専門的判断になります。
いい機械が開発されてきていますよ、ということです。

心不全や不整脈で加療中の方は、
いちど睡眠時無呼吸症候群の検査を受けてみたほうがいいかもしれません。
担当医あるいは呼吸器内科で御相談ください。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

伊達直人現象その2

昨日のブログ、
7パパの伊達直人についてのブログを読まずにアップしていました。
10日の7パパのブログ、およびコメント欄をぜひお読みください。
当方の思ったことの大部分はそこにすでに書いてありました。
どうせ寄付するのなら、ランドセルという「用途限定」の物ではなく
現金を寄付していただけると 
もらった方は状況に応じた最適な活用ができます。
そのほうが寄付の趣旨に合うことになると思われますので
全国の伊達直人さん、よろしくお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/yuusakata/

で、昨日の続きを書く必要もなくなった、というわけですが
せっかくですので少し追加します。


日本にはボランティアとか寄付とか、あまり普及していないように思います。
特別な人だけがやっている、
特別な人だけがやればいい、
そう思われているのかもしれません。

伊達直人としての寄付は
お金持ちがやっているのだろう、と思われた方、ハズレです。
金持ちの人々は、ライオンズとかロータリーとかの団体に所属し
慈善事業をおこなう体制は確立されています。
本当の金持ちは、こうした形での寄付はしません。
少なくとも伊達直人は金持ちグループに入れてもらえる人ではないです。
ごく普通の退職者、零細自営業者、あるいは年金生活者だと思います。
そのへんにいる、普通の人ですよ、きっと。
(子どもや孫のいない人だろう、とは思います)。

寄付については、
税金を免除する、というような制度もありますが
この制度が適用される団体は多くはありません。
税金免除の制度がもっと広く利用できるようにすれば
寄付文化は定着していくものと思います。
行政に期待。

今回は児童養護施設への寄付でしたが、
他にも運営の苦しい団体はたくさんあります。
いわゆる老人施設、認知症施設などもそうですし、
社会教育団体、青少年育成団体の多くも資金面では苦労しています。
私が主宰する日本宇宙少年団広島分団だって、そうです。
子ども達のためになるお話をしていただける講師を東京から招いて
参加費無料の公開講演会を毎年開催していますが、
交通費の負担も安くはありません。

学校や公民館に目を向けてみても
たとえばかつて配備されたパソコンも
更新費用・修理費用がなくて故障したまま放置されているものも多いです。
公民館のパソコンは半分程度は使えなくなっています。
どこが、どういう援助を必要としているか、
それを広く知らせるのがマスコミの役割ではないかと思います。
そうすれば、必要な所に必要な援助が行く可能性が高くなります。

そのほかにも
手助けしてくれるボランティアが不足している団体、施設も
たくさんたくさんあります。
別にお金や品物の寄付だけが求められているわけではありません。
どうかお気軽にボランティアをやってみてください。

ランドセルでいいのか?(現金のほうがいいよ)
児童養護施設だけでいいのか?(援助を求めている所は他にもたくさんあるよ)
お金や品物だけでいいのか?(物やお金じゃないよ)
特別な人だけでなく誰でも寄付・ボランティアできる世の中にしましょうよ、
というお話でした。

オステリーア桂
当院では昨年、前院長が亡くなったため忘年会はしませんでした。
今年になり、めでたい事があったので新年会をおこないました。
完全予約制、びっくりするほどお安いです。
P1140114.JPG

P1140098.JPG

P1140103.JPG

P1140105.JPG

P1140108.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

特集 鳥インフルエンザの現状
毎日新聞 2011年1月13日 よくまとまっています。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110113dde012040026000c.html

comments(6) , trackbacks(0), この記事を編集する

伊達直人現象

児童養護施設などにランドセルが伊達直人という名前で贈られる
ということが報道されてから、
模倣続出で社会現象になっています。
NHKも民放も新聞も、みんな報道するものだから
今後もしばらくは模倣が続出すると思います。

恵まれない人たちに支援の手を、
ということであれば、
まあ「いいこと、善行」なので、歓迎してもいいのでしょうが
私は少~し違和感があります。
ま、そんな活動でもないよりはいいか、という程度。

恵まれない人たち、困っている人たちに支援を
という運動は、もうずっと前からありますよね。
毎年恒例の歳末助け合い運動をその代表として
他にも地震などの被災者支援・復興支援もありますし
24時間チャリティテレビ番組なんていうのもあります。

では、なぜ全国の「伊達直人」は
すでに存在する助け合い運動に寄付するのではなく
自分で施設に寄付をしているのだろうか?

一つには、寄付している人がアニメ世代になってきたということ。
おそらく伊達直人現象の多くは60歳代の人たちだろうと思われるのですが、
タイガーマスクを見た世代になってきたのですね。
従来型の寄付、助け合い運動は、
アニメ世代に向けてリニューアルを迫られているということなのでしょう。

二つには、
既存の運動では寄付した自分のお金がどう使われているのか、実感がない、ということ。
自分で寄付すれば、お金・品物の行き先、使われ方は確実に目に見え
納得ができるのですね。
伊達直人現象によって、全国規模の募金・助け合い運動の影の部分を
見事に浮き彫りにしていると思います。


やはり社会というものは
助け合いの精神が根底にないと いい社会にならないと思います。
ボランティアや寄付が、もっと広まるべきでしょう。
しかも
地域で、コミュニティでの助け合いが広まることが必要だと思います。
全国規模ではなく。
自分の力が、確かに世の中の役に立っている、
地域の役に立っている、という
「自分の存在意義」が明らかに、疑いようもなく実感できることが必要なんですね。

世の中に、ほんの少しの援助を必要としている人はたくさんいます。
それは養護施設の子どもだけではありません。
たとえば一人暮らしで孤立している高齢者で
話相手もおらず、自分が生きている意義も感じられない状況になっている人も
たくさんいます。
でも、
私たちの患者さんの中に、
毎日朝晩のバス停の掃除というボランティアをはじめることで
すっかり元気を取り戻した人がいます。
毎日生き生きとされています。
ちょっとくらいの体の不調は、吹っ飛んでしまったのです。
自分が世の中に役に立てる、役に立っている、ということを実感できることが
生きていく上で何より大切なことだ、とわかります。

お金を寄付することだけがボランティア活動ではありません。
一人暮らしの高齢者といっしょにお茶を飲み世間話をする
というだけで、十分なこともあります。
高齢者といっしょに地域の清掃活動をする、ということでも十分です。
地域の中に、いくらでもボランティアのネタはあるのです。
一人一人が 世の中とつながっていることを実感できる方法、
世の中の役に立っていることを実感できる方法を
考えていけばよい、ということなのです。
それは高齢者でも子どもでも、同じこと。

長くなりましたので、続きは明日に。

緑茶のコンフィチュール
三越 大九州展で買いました。
フランス語で、ジャムのことです。甘くておいしい。
(製造方法に少し違いがあるのかどうかは知りません)。
緑茶のほかにも、マンゴーなどもあります。
P1140128.JPG広島ブログ
★インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(5) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634 | 635 | 636 | 637 | 638 | 639 | 640