calendar
<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
archives
201703 (29) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1337) 感染症 (324) 研修会 (304) 疾患情報 (284) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (171) 在宅医療 (144) 薬剤師 (127) 今週の花 (101) 医院情報 (100) ボランティア (99) 心に残る出会い (91) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (68) 禁煙 (57) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) 落語 (23) がん検診 (22) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

シーラカンスの魚拓

祝! ワールドカップ初戦勝利

サッカー ワールドカップが始まりました。
日本戦はついつい見てしまいますね。
初戦を勝って順調なすべりだし。今後も楽しみです。
今日は眠そうな目をした人が大勢いるに違いありません。

勝因についてシロウトが考えますに、
ドリブル・ボールキープのできる選手が非常によくやった、と思います。
日本のサッカーは細かいパスをつないで、つないで、
というイメージがありますが、
敵によせられた時にすぐパスを出すのではなくドリブルで一人抜く。
これが非常によかったと思います。

アフリカ勢は身体能力が優れている、ということで
ドリブルは通用しないのでは?
という心配は無用でした。
攻撃陣は非常によくやった、と思います。

高地対策もうまくいったようです。
高地だと、けったボールが思ったより飛ぶようです。
カメルーンの選手は、パスを受けた時のトラップがうまくいかず
日本にボールを奪われたり、すぐに体を寄せられていました。
そうなると前を向いてドリブル突破できないのです。
身体能力を生かす場面を作れなかったというわけです。
守備陣も非常によく守りました。

相手キーパーは何度かボールをはじいていましたので
カメルーンは高地対策が出来ていなかったのでしょう。
第3戦も高地だそうですので
また日本にチャンスはありそうです。

第2戦も見ちゃうんでしょうね。
コテンパンにやられるかもしれませんが
応援したいと思います。


写真はシーラカンスの魚拓
理科教育のメーリングリストで最近話題になっていましたが
広島ではこんなところにあったとは。
広島市水産振興センターの展示室に飾ってあります。
シーラカンスのウロコも展示されていますよ。
ぜひ行ってみてください。
P1120357.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
千葉県で学級閉鎖が出ています。
2009A/H1N1についての学級閉鎖基準が季節性インフルエンザとは変更
になっていましたが、
今年の基準は例年通りに戻っているのでしょうか?
例年通りで良いように思うのですが。
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1276133115

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

はやぶさ帰還おめでとう

正しくは
小惑星イトカワのサンプルの入っていることが期待できるカプセルが
地上に落下したことが確認された、
という段階です。
本日カプセル回収作業がおこなわれ、きっとうまくいくでしょう。

はやぶさ帰還、というと
本体が無事に戻ってきた、というイメージになりますが、
本体は大気圏突入して燃え尽きています。

はやぶさ本体が燃え尽きることについて、いろいろな見方があるようです。
子供たちの中には、本体が燃え尽きると知って
泣き出してしまう子もいたようです。
(YAC宇宙教育テレビの掲示板による)
自分が将来 燃え尽きないで帰ってくる探査機を作るのだ、
と誓った子もいるようです。

高齢の人の中には
自分は死んでも子を守る、という生き方になぞらえて感動した人もいるようです。
(医療介護系のML投稿による)

でも、
もともとは、はやぶさ本体は宇宙を回り続ける宇宙ゴミとなる計画でした。
思わぬ故障が相次いだため、制御上の理由で大気圏に突入させることになったものです。
とくに燃え尽きさせる計画だったわけではありません。
単に運用上の変更にすぎないので、
ここを擬人化して美化、感動するのはちょっとどうも・・・、
と思います。

月以外の天体に行って帰ってくる、というのは
今回が世界初の快挙です。
それだけで十分ではないでしょうか。
日本の科学技術のすばらしさを 喜びましょう、誇りに思いましょう。



写真は RCCラジオ番組ばりしゃきナウ で作られたメロンパン。
ヤマサキのお店がないのでどうしようか、と思っていましたが
普通に近所のスーパーで売っていました。
ブラックのほうが好きですね。
P1120356.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

肺炎予防推進プロジェクト「怖いぞ、肺炎! 予防が大事」キャンペーン

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

海辺の生き物観察

昨日はボランティアをしている日本宇宙少年団広島分団で
海辺の生き物観察をおこないました。
西区にある広島市水産振興センターの専門家による講義と
観察指導をいただきました。

さて、
私たちは水産振興センター側の河口にて観察をおこないましたが、
みずどりの浜公園側の河口にも人がおり
潮干狩りをしていました。
ここは、立ち入り禁止区域になっているのではないか、と思います。
以前、小学生が死亡して、浜への立ち入りが禁止されたはず。
(立ち入り禁止が解除された、という話は記憶にないのですが)

水深5cmもあれば、溺れて死ぬことはあります。
水深が浅くても足を泥にとられたりして転倒することもあります。
水深30cmもあれば、流れに足をすくわれることもあります。

立ち入り禁止区域に入っている人たちは、
その場所が立ち入り禁止区域であることを知っているのでしょうか?
そこが死亡事故のあった場所ということを知っているのでしょうか?

何でも法律などで規制することが良いとは思ってはいません。
しかし、昔の事故のことや危険性について知っておくことは必要です。
知っていて立ち入るのは、自己責任です。

でも、
きっと危険区域に立ち入っている人たちは、何か事故があれば
「立ち入り禁止の標識が見えにくかった」
とか
「立ち入り禁止の柵やロープが不十分だった」
と言って
他人のせい=行政の責任=に しようとするのでしょうね。

基本は自己責任。
そのなかで、子供たちに危険かどうかの判断ができる能力を養うために
親から子への伝承
地域の大人から地域の子たちへの伝承

もっと重視していかねばならないのでは、と思っています。


P1120380.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ロボットスーツ

10日は吉島病院オープンカンファレンスに参加しました。

西風新都の一角に、広島市総合リハビリテーションセンターができており、
主に脳卒中や神経難病などのリハビリをおこなっています。
そこに勤務されている先生から、施設の概要などのほかに
現在進行中の研究などについて御紹介いただきました。

リハビリのためのスタッフ、施設は ものすごいです。
当然赤字だそうですが。

本筋の話の他に、面白いな、と思ったお話。
HALというロボットスーツが開発されており、
力をアシストしてくれます。
ごく普通の人でも100kgくらいの重さを軽々と持ち上げることが
できます。
このロボットスーツは、寝たきりの人を抱えて移動したりする介護職などに
まず実用化されるものだ、と思っていました。
でも、
これを半身マヒの方に導入が試みられているそうです。
HALの簡易型のようなものです。
普通の人が装着すると、重くてイヤだな、というシロモノらしいですが
確かにマヒの人にとっては良いかもしれません。

みなさん、日本のロボット技術はすごいですよ。



写真は いぶしぎん 店内に飾ってある看板。
煮酒倶楽部。
燗酒を再評価し楽しもうというものだそうです。
美和桜さんが作った看板だそうです。
私は発泡にごり酒が好きなので燗酒はどうも、という感じですが
次回試してみましょうかね。
(燗酒イコール冬、というイメージが どうしてもじゃまをしますね。
先入観を打ち破っていかねば・・・)
P1120324.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

肺炎予防推進プロジェクト「怖いぞ、肺炎! 予防が大事」キャンペーン

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

平成の歩き方17 くつ

カープ連日の延長戦、まあ勝ててよかった、です。
しかし、
もう1点どこかで取っておけば延長戦にならず勝ちきっているわけです。
走者を3塁に進めても外野フライすら打てないのでは勝てるはずもありません。

そう考えると
昨日の最後の得点、石原のスクイズ、これを高く評価したいと思います。
1死3塁ならカープはスクイズ。
これを繰り返しおこなうのです。
相手が前進守備をしてくる時期になったらスクイズを捨て
そこで強打にすれば内野の間を抜ける率も高くなるでしょう。


平成の歩き方
特殊な用途のくつの場合。
たとえば富士登山をしたいな、
広島の山を歩きたいな、という場合には
ふだんから歩いて、靴に慣れておく必要があります。
富士山だとハイカットのトレッキングシューズ、
広島の山だとローカットのトレッキングシューズでもよいでしょう。
ローカットだと、日常使いにできないこともありません。
(どういう山に登りたいか、店員に告げて相談してくださいね。)

山歩きの初心者は、
ハイカットのシューズのほうをおすすめします。
ちょっと大げさなクツに見えますが、
初心者ほど 足首をひねったり捻挫したりしないような
安全配慮が必要なのです。
足首をしっかり固めて守ってくれるハイカットは安心ですよ。

ウォーキングシューズやスニーカーでの登山はどうでしょうか?
以前に私が日常使用していたウォーキングシューズは
大山クラスまでなら そのまま登れるものでした。
最近では、こういった ごついウォーキングシューズは見かけません。
今は店頭に並んでいるウォーキングシューズは、
ほとんどが町歩き用です。
スニーカーやタウン用ウォーキングシューズは底が薄く、
長時間の山歩きには向きません。

それから、もう一つ。
古いクツを手入れして大事に使う、というのも良いことですが、
登山では止めておきましょう。
トレッキングシューズは高機能になってきていますが、
それは素材の組み合わせが進化してきたためでもあります。
プラスチック系の素材や、接着剤部分は、年がたつと劣化します。
もろくなって割れたり、靴底がはがれたりするのです。
高い山や岩場のある登山道でクツが壊れたら、
楽しい登山どころではなくなり
命の危険にさらされることにもなりえます。
数年ごとに新品に買い換えることをおすすめします。
足元にはお金を惜しまない、というのが安全を守るコツなんです。

登山したいな、という思いのある人は
まず足元(クツ)に良いものをそろえ、
普段からしっかり歩くようにしましょう。


広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599