calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201706 (28) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1385) 感染症 (326) 研修会 (309) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (154) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (94) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (72) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

大野和士こころふれあいコンサート

世界的な指揮者、大野和士(おおのかずし)さんは
毎年8月の休暇中に帰国し、ボランティアで
こころふれあいコンサート をおこなっています。
今年は8月15日の日本赤十字長崎原爆病院からはじまり
8月30日の神奈川県立こども医療センターまで
14カ所を回られます。
広島県は17日と18日、
広島市立広島特別支援学校、
広島原爆養護ホーム 倉掛のぞみ園、
広島県立呉特別支援学校 の3カ所を回られました。
広島ではソプラノ歌手 坂井田真美子(さかいだまみこ)さん、
テノール歌手 与儀 巧(よぎたくみ)さんが
いっしょに回られました。
(会場により歌手の顔ぶれは変わります)。

(記事は昨日の中国新聞の地域面に出ていましたが、
インターネット版には出ていないようです)


運営するスタッフも手弁当、ボランティアでおこなっています。
広島会場では毎年 緩和ケア薬剤師もお手伝いしています。
今年は大学生の息子が帰省していましたので
息子にも手伝ってもらいました。
荷物持ちや会場設営・撤収など力仕事もあり
男子大学生がいれば大いに助かるのです。

一流音楽家の演奏を間近に体験でき、
移動の合間、食事の時の会話も楽しいもので、
それなりに喜んで手伝ってくれました。
別世界を知り、得難い体験になったようです。

ほんのちょっと、自分にできる範囲でかまわないので
これからもボランティアをしていける人間に育ってもらいたい、と
思いました。

みなさんも、ボランティア、いかがですか?
(公開講演会のお手伝いなど、ボランティア募集しています)


写真は大野和士さんに贈られた花。
全国を移動していくので、花は持ち歩けません。
ボランティアスタッフに下さいました。
持ち帰って医院玄関に飾ってあります。
100818_172000.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

カープ観戦 第3弾

息子が帰省しましたが、
カープに行ける日が昨日しかないことがわかりましたので
急遽マツダスタジアムへ。
あらかじめ予約したわけではないので
内野自由席に行ってみることにしました。
今年の「マツダスタジアムいろんな席から応援しよう」第3弾です。

内野自由席は1塁側から3塁側まで、かなり幅広く、
もちろん先着順に自由に座ることができます。
人気があるのは最前列と最後列でぎっしり、他は6分の入り、という程度でしたので
ゆったり観戦できます。
今回はライト側に近い部分に座りました。
ライトパフォーマンス席の応援団の音が良く聞こえ、
スクワット応援している人もたくさんいました。
座席の角度が急なので、立ち上がって応援を続けても
前の人の頭がじゃまになることもありませんので
チャンスではずっと立ちっぱなしで応援できました。
ライト外野指定席では、パフォーマンス席の真下あたりだと応援の音が案外聞こえず
しっかり応援したい人にはどうももう一息、と感じられることがあります。
そういう人たちが内野自由席のライト寄りに集まっているようです。
ライト外野指定席よりも、内野自由席のほうが
旧市民球場外野席の応援の雰囲気が残っているように思いました。
内野自由席、思ったよりいいですよ、雰囲気がいい。
売店もコンコースまで降りなくても内野席後ろの通路に主要なものは売っており
行列も短く買い物時間も短くてすみ、よかったです。
トイレの数も非常に多く、とても便利でした。

盛り上がりでいえば、
廣瀬のファインプレーは目の前、ほぼ真横から見る角度になったので
非常によく見えました。
パチパチ拍手拍手スタンディングオベーションで大盛り上がりです。
代打前田のときは、みんな立ち上がって大声援。
得点のあと、サヨナラ勝ちのあとは
前後左右の人たちみんなでハイタッチしてみんなで喜び合います。
内野自由席、いい雰囲気の席でした。

欠点は、上から見下ろすので、
ライナーの打球が飛んだ時に、取られるのかヒットになるのか、がわかりにくい。
とくにライトライナーは、いい当たり、というのはよくわかるんだけど
打球の高さがわからないです。

さて、試合です。
篠田の好投、良かったです。
完封目前あと2死というところで一発を浴びて同点にされ
勝ち投手がつかなかったのですが、
実質は篠田の作った勝ち試合でした。
攻撃陣も盗塁を試みたり、バントしたり、
前回の試合とは違っていろいろ工夫をこらしていました。
しかしヤクルトの投手もなかなか良く、決め手がなかったのです。
あと1点の追加点をとっていれば篠田完投勝利! だったのに、残念。


さて、本塁打を打たれて同点にされた直後のカープ9回裏の攻撃。
一発が出ればサヨナラ勝ちですので、上位打線には一発を期待する場面。
そこでヒューバーに代打前田がコールされます。

一発が求められる場面で代打をおくられる外人って何?

そんな外人なら最初から要らないんじゃないでしょうか??
タイミングが全く合わず投ゴロに三振に・・・全タコ。
高校出のルーキーに打たせたほうがよっぽどまし。


16日の当ブログで
「6番ファースト、ヒューバー」のコールは今の広島に必要ない、
という中国新聞 球炎 の結語をお伝えしました。
それが6番どころか5番ヒューバーだなんて・・・がっかりだよっ!

ヒューバーはもう必要ありません。
岩本を使いましょう。
来季に向けて若手をしんぼうして使い、育成しましょう。


写真は内野自由席ライト寄り からの眺め。
次はどの席から応援しましょうかね。
P1130209.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

有効だった症例を積み重ねてもダメ

ようやく息子が帰省し、ジャムくんのお墓にも昨日お参りしました。
昨日は、この夏でただ1日だけ、息子とそのいとこたちが全員広島にいる日で
食事会をおこないました。
本日からまた各地に散っていきます。

私は学生時代から法医学教室でネズミの実験や飼育などしていましたので
盆や正月はとんぼ帰りでした。
ネズミに日本酒を飲ませる実験などをさせてもらっていたのです。
盆に帰省しない年もありました。
生き物の世話をしていると連続した休みは取れません。
それが当たり前、だと思ってきました。
今思うと、それは親不孝だったのかな・・・。
子供達、いとこ達の活躍話を聞くのは、とってもうれしく楽しいものです。



「ホメオパシー」トラブルも 日本助産師会が実態調査

朝日新聞がホメオパシー問題を続けて取り上げています。
asahi.com 2010年8月5日4時34分
http://www.asahi.com/health/news/TKY201008040482.html

今回は社会部の記事だそうです。
問題があるぞ、ということに記者さんたちが気づいてきたようで
今後 ニセ医学問題に進展があることを期待しています。
助産師側がどのような弁論をするのか注目していますが、
第一回公判は助産師側は全員欠席したそうです。


代替医療やニセ医学の問題に取り組んでいると、
「私は効いた」
とか
「効いた人を知っている」
とか
「効いたという人の体験談が載っている」
と反論してくる人があります。

でも、これではダメなんですよ。
個人の体験談をいくら集めてもダメなんです。

効いた体験談、というのは、専属ライターによるでっちあげ記事のことが多い、
というのはNHK番組でも紹介されていました。
単行本一冊が全部ウソ記事、ということもありえるのです。

私は効いた、という例を出すことについては
私は看護学校や専門学校で、以下のような問題を出すことがあります。
例題:Aさんはインフルエンザに感染したが、
とくに薬を飲まずに5日間で治ってしまった。
薬は飲んでいないが、米や水は食べたり飲んだりしている。
では、広島の米がインフルエンザに効く、
広島の水がインフルエンザに効く、
と言ってよいか?
(状況に応じ、米や水ではなく、針灸治療だったり、ビタミンだったり
問題の中に出てくる「物」を替えて出題しています)

カゼやインフルエンザは、放っておいても治癒するものなのです。
(一部に重症となり入院を要する状況になる人もありますが)。
治っていく時期に、「たまたま」食べたり飲んだりしたものがあれば
「それで治った」、と言い張ることは可能です。
広島市民100万人がそれぞれ
私は広島の米を食べてインフルエンザが治った、
私は薬を飲まず広島の水を飲んでインフルエンザが治った、
と主張することは可能なのです。

でも、
東京や大阪の人たちもインフルエンザは治っています。
東京や大阪の人が広島の米や水を買い求めて治ったわけではありません。
広島の米や水で治った、という人よりも
広島の米や水を使わずに治った、という人のほうがはるかに多いことは明らかです。

以上のように、
「私は××で○○を治した」、
という体験談が仮に100万人分あったとしても
それだけでは全く意味のない情報なのです。

科学的に、統計学的に検討された結果でなければ
効くと言うことはできないのです。
効くという証明にはならないのです。

体験談には、くれぐれも御用心ください。
こういうのは
「体験談商法」 に分類されるインチキ商法の手口です。


交通科学館の特別展 開催中、9月5日まで
クワハラ BMX
映画「ET」(1982)
ETを前かごに乗せて・・・。
P1120768.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
医師限定のインフルエンザ関連MLに参加しています。
毎週、全国のインフルエンザ発生情報がはいってきます。
昨年の本日、当院ではじめて新型インフルエンザ(2009A/H1N1)を報告しています。
こんな暑いさなかだったのですね。

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

喘息入院と黄砂の関連を初証明

昨日の中国新聞 球炎(スポーツ面)に、
「6番ファースト、ヒューバー」のコールは今の広島に必要ない、
と結ばれていました。
小西 晶さんの署名コラムです。
まったくその通り、同意いたします。
クライマックスシリーズへの自力到達はできなくなった今、
もう野手の外人は不要です。
来年に向け若手を辛抱強く使って、育成をしていきましょう。


昨日は初盆のおまいり。
納骨も昨日でした。
納骨にもいろいろ書類手続きがあったり、けっこう大変でした。
おかげさまで、これで一区切りがついた感じがいたします。


さて、喘息のお話。
黄砂が飛ぶと喘息が悪化する、ということは
呼吸器・アレルギーの医師として
あるいは喘息患者(自分自身)として実感していました。

小児限定ではありますが、
黄砂による喘息悪化についての統計が初めて報告されました。

黄砂当日、児童のぜんそく入院リスクは3倍以上
8月10日3時4分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000030-yom-sci

季節はずれの話題で、申し訳ありません。
来年の黄砂時期には
黄砂情報、黄砂に対する喘息治療の情報など
アップしてまいります。


写真は広島星まつりの公開天体観望会で
ライトダウンする直前の風景。
ビニールシートで寝転がる準備をしている人、
天体望遠鏡で星をのぞいている人、
夏の大三角などの指導を受けている人などなど。
P1130165.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
新型インフル対策に大きな変更なし-WHO終息宣言で厚労省
8月11日(水)20時7分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20100811-00000005-cbn-soci&s=created_at&o=desc

WHOは、ポストパンデミック と宣言しましたが
終息と宣言したわけではありません。
ポストパンデミックとは、世界的大流行期がすぎた段階、という意味です。
地域によっては、まだ患者はけっこう発生しています、世界的には。

ピークをすぎた、と言っているだけのことですから
対策には大きな変更はありません。



広島星まつり 8月14日(土)佐伯総合スポーツ公園で開催しました
また来年お会いしましょう!
スターウィーク協力イベントです。
http://www.starweek.jp/index.shtml

スター・ウィークバナー
本サイトは「スター・ウィーク2010」に協賛しています。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

広島星まつりの御礼

昨日は第8回広島星まつり、予定どおり開催できました。
雲がでていて観望会はダメかな、という状況での開始でしたが、
次第に雲が薄くなり、
御来場のみなさんには、
月、金星、夏の大三角、アルビレオなど
肉眼や天体望遠鏡にてお楽しみいただけたのではないか、と思います。
またそうめん流しも大好評でしたし、
星を見ながらのオカリナ・ギター演奏も雰囲気があって良かったです。

望遠鏡工作教室に参加してくれた小学生のみなさん、
月のクレーターはよく見えますので、
この望遠鏡を使い倒してくださいね。
天文教室に参加してくださったみなさん、
星について新たに疑問点などが出てくれば、当方にメールで質問してください。
講師の先生におうかがいして回答いたします。

というわけで
第8回広島星まつり、成功といっていいと思います。
日本宇宙少年団広島分団、佐伯総合スポーツ公園のスタッフのみなさん、
天文教室、天体観望指導をしてくださった夢天文台アストロ、広島天文協会のみなさん、
オカリナ・ギター演奏および準備作業をしてくださったみなさん、
そうめん流しに御協力していただいたみなさん、
ありがとうございました。

おまけ。
星空について言えば、
小学校5年生で夏の星空を観察する、という夏休みの宿題が出ていたそうです。
5年生と保護者、という参加がとても多かったです。
夏の大三角、さそり座アンタレス、北斗七星、カシオペア、北極星などを見ること。
広島星まつり参加のみなさんは、一応全部クリアできましたね。
うすぼんやりですが、天の川も確認できた、と私は思いました。
(ふだん見ていない人には見えませんが)
ペルセウス座流星群も私は1個見えました。
宮島花火大会の明かりは心配しておらず、
実際に花火で夜空がチカチカ明るくなる、ということはありませんでした。
しかし、ドーンという音がけっこう大きく、
それにはびっくりしました。
最初は雷か、と思うほどの音でしたから。
佐伯町まで花火の音って響くのですねえ。

来年も開催する予定で企画会議をしていきます。
来年もぜひ御参加ください。
ボランティア参加してくださる方も募集します。
お気軽にお問い合わせください。


写真は広島星まつりの帰りに立ち寄った長浜ラーメン。
打撃王のところのお店です。
こってりラーメン大盛り。
汗をかいた後は、こういった麺類がおいしいですね。
P1130174.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。


広島星まつり 8月14日(土)佐伯総合スポーツ公園で開催しました
スターウィーク協力イベントです。
http://www.starweek.jp/index.shtml

スター・ウィークバナー
本サイトは「スター・ウィーク2010」に協賛しています。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617