calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
archives
201704 (27) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1352) 感染症 (325) 研修会 (305) 疾患情報 (286) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (173) 在宅医療 (148) 薬剤師 (127) 今週の花 (101) ボランティア (100) 医院情報 (100) 心に残る出会い (91) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (69) 禁煙 (58) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (23) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

ハイチで養子縁組装い人身売買

ハイチの気になる情報その2です。
ハイチ、狙われる子どもの臓器 養子縁組装い人身売買
1月31日9時54分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100131-00000504-san-int

臓器移植の目的で人身売買をおこなう集団がいて、
孤児支援の養子縁組をする公的機関を装ってやってくる、というお話です。

全ての生き物はそうでしょうが、人間も
自分だけは死にたくない、
自分の子どもだけは どんなことをしても助けたい、
という思いになる人がいるのは、仕方がないことかもしれません。

私も3人の子どもがいますので、
子どもの命が助かるならどんなことでも・・・
という親の気持ちは少しはわからないでもない。
臓器移植を・・・と願う気持ちになる親がいるのも理解できなくはない。

でも、臓器移植というのは、非常に問題点の多い治療法です。
とくに小児の臓器提供は世界でも不足しており、
「鮮度のよい子どもの臓器」を欲しがっている人は
世界中にたくさんいるのです。

「子どものためならどんなことでも」と高額を支払う親がいます。
そこで臓器売買というヤミ商売が成立し、
ヤミ移植をする病院が成立しています。
臓器売買グループは、臓器を得るために誘拐でも何でもやります。
東南アジアなどでは、ホテルやデパート内でも子どもから目を離すのは危険だ
とされているほどです。
まして合法的に養子という形で国外に連れ出せるなら、
チャンスとばかり被災地に群がってくるでしょう。
しかし連れ出されてしまった子どもの運命は・・・。

命が助かるのは、先進国の、大金を払えるごくごく一部の人だけであり、
貧乏な国の孤児は 臓器を切り取られ、切り刻まれて殺され捨てられていく、
そういう世界が現実にあるのです。

私は、臓器移植には基本的には反対です。
「科学的・医学的には可能な技術」ですが、
「可能な技術は全て適用してもよい」とは思えないのです。
他人の命の犠牲の上に自分が生き延びる
(注:私の頭のなかでの移植医療のとらえ方の表現として)、
という治療にはうなづけないのです。
私にはどうにも違和感があるのです。
日本や韓国などは、こうした考えの人が多いと思います。
(注:臓器移植を選択した人を非難するつもりは全くありません)

臓器移植がなければ、臓器売買はなくなり、子どもの誘拐は減ると思います。
でも、アメリカなどのキリスト教圏の一部では、臓器は単なる部品 という考え方もあります。
東南アジアなどの一部では、金をもうけることが勝ち、という価値観もあります。
宗教や価値観の違いがあり、
こうしたものは他人に強制できるものではないので、
臓器移植の問題は簡単なことではないのです。

ですから、非常に問題点の多い治療法です、と申し上げました。
生きること、死ぬこと、を考えていただければと思います。


今週の花~一部 紫色のストック!
い~い匂い☆
100202_164017konsyuu sutokku.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
タミフル輸入代行業者逮捕へ 大阪府警、薬事法違反容疑で
2月4日7時46分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000500-san-soci

個人輸入が手軽にできる時代になっています。
しかし、医薬品の輸入については、いくつか問題点があり、
個人輸入はおすすめできません。
ニセ薬をつかまされる、
健康被害が生じても国や製薬会社からの補償が受けられない、
などなど。
場合によっては今回のように法律違反で逮捕となる場合もある、ということです。

この業者は、きっと新型インフルエンザが大流行して、
タミフルが品不足になる、価格が高騰する、と思ったのでしょうね。
タミフルもリレンザも、国内には十分な備蓄があるので、
大丈夫、価格が高騰することなどありませんよ。
(小児用ドライシロップは一時不足しましたが)

もし今後 新型インフルエンザの大本命H5N1が登場することがあっても、
治療薬の個人輸入は考えないほうがよろしいと思います。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

広島県内で食中毒1名死亡

NHK広島ニュース 2010年2月3日 7時34分更新
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/lnews/06.html
以下、抜粋。
世羅町の診療所で給食を食べた入院患者などが食中毒の症状を訴え、持病のあった80代の男性1人が死亡しました。
県東部保健所が調理施設を調べたところ、患者や調理の担当者からノロウイルスが検出されました。

食中毒による死亡は全国で年間4名程度なのですが、
早くも広島県で1名出てしまいました。
高齢者が下痢すると脱水になり、
循環不全(血圧が保てなくなる)を引き起こすことがあり、
命取りになります。

ノロウィルスによる食中毒は軽症で終わることが多いのですが、
高齢者では油断禁物です。
対策としては手洗い、手洗い、手洗い。それに尽きます。
ノロウィルスは、下痢がおさまっても まだ体に残っていることがあり、
けっこう長期間残ると言われています。
下痢がなおっても 厳重な注意が必要なのです。

インフルエンザが下火になってきましたが、
手洗いうがいについて
油断しないようにしてくださいね。

今週の花~一部
バラ
100202_164046konsyuu bara.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに目新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ハイチに千羽鶴運動、ネットで炎上

ハイチ地震関連で気になる記事を御紹介します。

ハイチに千羽鶴運動、ネットで炎上
izaニュース 2010/01/29 12:05更新
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/household/351552/

被災地を支援しよう、という時に、
緊急支援物資を集めることがあります。
医薬品、水食糧が第一ですが、毛布・衣服・テント類などを集める場合もあります。
このとき、重要なポイントがあって
医薬品や水食糧は、早く届けることが大切。
下着類などの援助物資は新品であることが大切。

つまり、使わなくなった古着やボロを集めているわけではない、ということなのですが、
ゴミとして捨てるしかない古い下着などを被災地に送りつける人が大勢いて、
被災地の役場など現場は いつも迷惑してしまうのです。

被災地はどんな状況なのか、
どんな支援が有効で どんな支援はありがた迷惑なのか、を
情報を集め想像すればよいことなのです。
一番よいのは皆でローテーションを組んで現地支援に行けばいいのでしょうが、
これは全員が可能なことではありません。

院長は阪神大震災の医療救援に広島市チームとして神戸に1週間行きましたが、
全国から善意で送られた物資のなかに 絶対使わない医薬品などが保管場所に山積みとなっているのを見て、
現地のニーズに合わせた支援活動というのはむつかしいものだ、
ということは経験してきました。

とくに国外の支援は、現地事情がわかりにくいですので、
「支援団体を支援する」、「支援団体にゆだねる」という方法が確実だと考えます。
日本赤十字、国境なき医師団 などに募金するのが現実的で良いでしょう。
千羽鶴?
残念ながら ハイチに千羽鶴を贈る運動には 落第点しか与えられません。
ヒロシマに千羽鶴が贈られてくるのとは、わけがちがいます。

それにしても、
自衛隊の緊急医療チームの出動は遅かったです。
24時間以内にとりあえず出発してほしかった。



写真は 赤外線式の体温計
インフルエンザ患者が多数来院して外来が混み合った時のために
シーズン前に購入していた新兵器です。
おでこにピッとするだけで、2秒で体温が測定できます。
直接おでこに触れるわけではなく、離れて測定しますので(非接触型)、
体温計を消毒したりする手間もありません。
欠点は、乾電池の消耗が非常に早い、ということですかね。
今シーズン、ずいぶん活躍しました。
訪問診療先のご家庭でも、活躍しましたよ。
090928_112603taionnkei.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン
1月31日(日)2時34分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20100131-00000005-jij-soci&s=created_at&o=desc

日本政府は昨年6月に新型ワクチン輸入の契約を結びました。
非常に不利な契約条件であることは、すでにさんざん報じられてきましたし、
当ブログでも御紹介してきました。
(たとえば1月26日ブログなど)

今回、時事通信がなんで今になってこんな記事を配信したのか、よくわかりません。
しかも、30日にわかった、と記事には書いてあります。

薬事審議会で承認されようが承認されまいが、
それは日本国内の手続きのお話であって、
輸入契約の解約とか返品とかにつながらないことは当たり前のことです。
ニュース記事にする価値は まったくありません。

新型インフルエンザ関連ニュースでは、
輸入ワクチンをどうするのか、解約が成功するのか、だけが今の焦点です。
関連記事もめっきり少なくなりました。
それで時事通信さん、無理してニュースを作ろうとしたのかな?
かなりトホホなニュースでした。

まあ、ワクチンというのは国家安全保障のようなものです。
余るくらいの発注でよい、と思います。
次は5月6月頃に、来シーズン用の新型ワクチンをどうする、季節性ワクチンをどうする、
というのが話題になってきます。
次の輸入契約からは 不平等契約にしないで下さいね。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

広島県が食中毒最多の理由

まずはこちらのニュースから。
CBニュース
https://www.cabrain.net/news/regist.do
以下、記事より抜粋。
平成20年度の全国の食中毒発生件数は1369件で、2万4303人の患者が出ていたことが、厚生労働省の調べで分かった。死者は4人だった。 都道府県別では、広島が273件で最も多く、東京の106件、大阪の96件、神奈川の69件がこれに続いた。患者数は、多い順に大阪2071人、広島1602人、東京1442人。

もとネタは厚生労働省データです。
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/04.html#4-2

なんだ、広島って、食中毒が全国で一番多いのか
やっぱりカキの本場だからな、
などと単純に思わないで下さいね。
ここに出ているデータは、
「保健所に届けられた件数の集計」なのです。

広島県の食中毒件数は、平成11年から全国でも飛び抜けて1番多くなりました。
しかも、そのほとんどは広島市の件数です。
平成11年度についていえば、広島市だけで全国の食中毒の1/3の件数です。
はっきり言って、異常なデータですよね。
ありえません。
おひまな方は、平成11年度の食中毒データをダウンロードして御確認ください。

では、なぜ、広島市だけが特別に食中毒件数が多くなっているのか?
それは、とある事件がきっかけです。

ある一家が食中毒で入院されました。
マスコミ関係の方で、自分たちの食中毒事件について調べていくと
なんと病院から保健所に食中毒の届けが出ていなかったのです。
その後、地元ニュースなどで取り上げられ問題となったのでした。
法律どおりに運用されていないのではないか、と。

それまでは、食中毒の届け出は、人数の多い「集団食中毒」だけ届けておけばよいだろう、
と 現場では運用されていたのでした。
しかし確かに法律上は、
食中毒と診断すれば患者1名であっても保健所に連絡しなければなりません。
その一件以降、広島市では、
集団食中毒でなくても届け出をするよう
周知徹底されてきたわけです。

これに対して、他の都道府県・政令市では、従来と同じように
集団食中毒、原因が明らかな場合、または原因食品が明らかな場合のみが主に届けられて集計されています。
1人だけ、とか、家族だけの食中毒は集計に上がってこないのです。
これでは広島市・広島県の届け出件数が目立ってしまうのは仕方ありません。

けして広島市が「全国有数の不潔地域」というわけではありません。
広島市の医師・保健所が法律通りきちんと仕事をしている、ということなのです。
どうか御安心ください。
ある時からデータが飛び抜けて変動している場合には
登録方法・集計方法などが変更になっていることも多いです。
額面どおり受け取らず、事情を調べることも必要なんですね。


近くのセブンイレブンで、明治のチョコレート指定品2点購入でお好きな携帯ストラップをプレゼント!
先着15名様でした。
迷わずゲットしました~☆
100128_212656keitai.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
広島市医師会、インフルエンザ集計システムの終了。

広島市医師会では、今回の新型インフルエンザに対応して、
リアルタイムに患者数を把握できるシステムを運用していました。
各医療機関からインフルエンザと診断した患者の住所(区)、年齢をFAXで報告し、
翌日には全医療機関に 集計した情報を流す、というものです。
こういったシステムの運用は全国でも広島市医師会くらいのものです。

県・市や国からの患者数動向は、1-2週間遅れで公表されます。
これに対し、広島市医師会のデータは前日の状況が発信されていますので
今うちの地区の流行はどうなっている?
という疑問に対応でき、患者さんの診療にかなり有用でした。

もう流行が下火になりました。
全市で100名を下回る報告数の日も多くなってきたので、1月末日で終了です。

当院では情報を非常に有効に活用させていただきました。
御協力くださった医療機関のみなさん、ご苦労様でした。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

重症喘息の新しい治療薬

喘息の新しい治療薬が2つ出ています。
今回御紹介するのは重症喘息に対する注射薬です。

本日のお勉強 
喘息の最新治療 3:抗IgE療法
アレルギーの臨床 2009年11月号
帝京大学医学部 呼吸器・アレルギー 山口正雄 先生
要点
1型アレルギーで、抗原を結合するIgEを治療標的とする考え方は理解しやすい。
生物学的製剤 抗IgE抗体が欧米に続き日本でも使用可能となった。
重症喘息の治療で重要な位置づけになると期待される。

生物学的製剤、とくに抗体による治療法は、
すでにリウマチや一部の悪性腫瘍で実用化されています。
これが喘息分野でも開発されてきた、ということです。
平成21年7月から保険適用となりました。
商品名は ゾレア です。

適用は重症の気管支喘息に限られます。
(アトピー性皮膚炎や花粉症は対象ではありません)。
副作用としてはアナフィラキシー(0.2%程度)など。
また、寄生虫感染発症リスクが少し高まる可能性があるようです。

重症喘息、なおりにくい喘息の人は
呼吸器内科またはアレルギー専門医を受診して御相談ください。
当院院長は日本呼吸器学会専門医・日本アレルギー学会専門医です。
(適用となる条件は細かく決められていて、
重症喘息の全員が対象となるわけではありません)



ハローキティ展、広島そごうで開催中。
2月8日まで(? 記憶が確かでありません)です。
P1110711.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
目立つニュースはないので、新型インフルエンザのおさらいをします。

これまで新型インフルエンザとしては、
高病原性トリインフルエンザH5N1が変異してヒトに流行するものが想定されており、
これは非常に死亡率の高いものである。
各種マニュアルも、この死亡率の高い新型インフルを想定していた。

2009年3月くらいから全世界で流行中のものは、
新型インフルと呼ばれているが、このH5N1とはまったく別物である。
(ここをちゃんと理解していない人が混乱の原因となった)。
確かに新型のH1N1であり、小児などへの大流行はおこすが、
病原性の強さは季節性並みと考えられる。
ただし、高齢者や持病のある人は重症化、死亡の危険性は高い。

新型である以上、人口の大半に感染し終わるまでは流行が続くと思われる。
・その後は定着し、季節性インフルの1種となる可能性が高い。
・同じH1N1(これまでのAソ連型)を駆逐する可能性がある。
 (Aソ連型は、ほぼ全部がタミフル耐性となっていたので、
人類にとっては新型H1N1の出現のほうが良いことかもしれない)
・これまでのインフルエンザと違い、気温が少し高めのほうが流行しやすい可能性がある。
 (流行季節が冬とは限らない可能性がある)
・毒性が強くなるかも、という説には 今のところ証拠がない。

高病原性トリインフルエンザH5N1は、
インド、イスラエル、ベトナムほかでトリの間で発生(大量死)が続いている。
現在もエジプト、インドネシアなどでトリ→ヒトへの感染が続いている。
 エジプトでの死亡率は低くなっているが、他の国では死亡率は相変わらず高い。

いつ新型インフルが発生してもおかしくない、そうなると大変、万全の準備が必要だ、
なんて言っていたけど、
新型っていってもたいしたことなかったね、
というのは間違いだ。

H5N1は消滅してはおらず、病原性も弱くなっていはいない。
専門家は、高病原性トリインフルエンザH5N1への監視をゆるめてはいない。
そこから新型インフルが発生する危険性は減ってはいない。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604