calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
archives
201706 (29) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1385) 感染症 (326) 研修会 (310) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (154) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (94) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (72) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

趣味の塗装で肺炎

★新型インフルエンザ情報
今回の新型インフルエンザ(2009H1N1)については、
春先の流行の可能性がまだ消えていません。
ふつうはインフルエンザ流行といえば冬場なのですが、
これまでの過去の新型インフルエンザ登場のときに、
(スペインかぜ とか、アジアかぜ といったものですね)
流行の初年あたりは春にもけっこうな流行がみられていたそうなのです。
専門家はこの現象を Spring wave と呼んでいるそうです。
(私も知りませんでした)

ですから、
また流行する可能性はある、
安心するのはまだ早い、
という専門家が多いというわけなんですね。


山口県防府の生外郎(ういろう)。
1月末までは毎月月末三日間、そごう地下で販売されていましたが、
なんと次回から二ヶ月に一回になるのですって。
おいしいので、よく買いに行ってたので、残念。
次回は三月末の三日間だそうです。
100204_134237uirou.jpg広島ブログ
本日のお勉強
趣味の塗装により発症したイソシアネートによると考えられる過敏性肺炎の1例
日本呼吸器学会雑誌 2009年11月号
国立病院機構姫路医療センター 田畑 寿子 先生ほか
要点
趣味で休日ごとに車の塗装をしていた人に発病。
(過敏性肺炎というのは、免疫反応による肺炎です)
イソシアネートによる過敏性肺炎は、過去25年間で28例が報告されている。
これまでは全例において職業が関連していた。
インターネット等でイソシアネート含有の塗料が容易に入手可能になっており
職歴などの聴取に一層注意を払う必要がある。

院長は、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会の専門医であり
(勤務医のあいだは「指導医」でもありました)、
日本医師会の認定産業医でもあります。
つまり「職業病、職業アレルギーとしての肺疾患」には かなり詳しい。
イソシアネート等による肺病変の予防に、十分な換気が勧められています。
職業としての塗装には、かなり注意が払われてきています。

ですから、今後の問題はむしろアマチュア。
趣味で塗装をする人たち、というのが います。
自動車、バイクのほかにも、フィギュア・プラモデルといった世界です。
換気の良い環境で塗装をしている、とは限りません。
健康被害を防ぐためのポイントを知らないのです。
というより、健康被害が生じる、ということを知らないのです。


換気が重要、ということについて、
私の例をあげてみます。

以前、新幹線の車内でマニキュアをはじめた人がおりました。
1列ちがい、私の前だったか後ろだったかの座席の人です。
私は喘息もちで、悪いことに化粧品の匂いに やられてしまいます。
あわててその車両から逃げるしかありませんでした。

デパートの1階には化粧品売り場があることが多く、
その売り場をまともに歩くと 咳こみはじめて苦しくなります。
ですから私はデパートに行く時には
入口から地下に階段で直行して、
それから目的の階に行く、という注意を払っています。
それができない時には、息を止めて1階を通り過ぎています。
健康な人にはデパート1階は何ということもない場所なのでしょうが、
私にとっては鬼門です。
これだけ用心して避けている人もいる、というのが実態です。
(私だけではないと思うのですが・・・)

塗装あるいは有機溶剤、化粧品の一部には、
健康被害がありうるのだ、ということは
ぜひ知っておいてもらいたい、と考えています。
予防には換気。
簡単なことなんですよ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

介護保険についてのパブリックコメント募集

厚生労働省は、2月3日から介護保険についてのパブリックコメント募集を開始しました。
今回はとくに手続きや制度上の問題についてが主なようです。

だれでも意見を書けますので、
御意見のある方はぜひよろしくお願いします。

http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/p100201-1.html

我々 在宅緩和ケアをやっている医師からすると、
たとえば訪問看護を指示する場合に、
医療保険だけの場合と 介護保険がある場合とで扱いが違う、
介護保険が優先される、となっています。
ものすごく面倒な迷路のような制度設計になっているのです。
もっと単純にならないかな、と常に思っています。

ぜひ市民の声、介護保険利用者の声を政府に伝えてください。
締切は3月31日です。


今週の花 全体
ネコヤナギ、アルストロメリア、バラ、ドラセナ、シンビジウム、ストック。
100202_164115konsyuu nekoyanagi.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
広島県、インフルエンザ警報解除
2月5日16時1分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000263-mailo-l34
県は4日、昨年11月に発令していたインフルエンザ警報を解除した。定点医療機関当たりのインフルエンザ患者数が、県内7保健所管内すべてで基準値(10人)を下回ったため。

ピークは過ぎた、ということで 少し安心でしょうか。
でも、当院では昨日も成人2名のインフルエンザA型陽性患者が出ています。
油断しないよう気をつけましょう。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

林章敏先生の緩和ケア講演会

昨日は広島市民病院で開催された講演会に出席しました。
急性期病院における緩和ケア
~その理念と実際~
講師は聖路加国際病院 緩和ケア科医長 林章敏先生でした。

私は聖路加病院緩和ケア病棟で研修を受けました。
林先生とは久しぶりの再会です。
広島には聖路加病院で緩和ケアを研修した医師が
少しずつ増えてきているのですよ。

ところで、
先日 胃癌の患者さんとお話していると、
癌患者の団体(某病院の 友の会)に参加している人の中でさえ
「緩和ケア病棟は もうダメな人が行くところ、死ぬための場所」
「緩和ケアというのは最後の最後」
と思っている人が いまだにたくさんいる、
ということをお聞きしました。

そうではないのです。
癌と診断された時から、
癌の治療と 苦痛を軽減する緩和ケアとが
車の両輪のように開始されるべきものなのです。
実際に、今回の講演会で、具体的データも紹介されました。
肺癌、大腸癌などで、
ホスピスケア・緩和ケアを受けたグループと受けなかったグループでは
生存期間に違いがみられました。
緩和ケアを受けたグループのほうが長生きだったのです。
緩和ケアは死ぬための医療ではなく、
よりよく生きぬくための医療であることを 御理解ください。

癌になったら緩和ケア。
できるだけ早い段階で緩和ケア医・緩和ケアチームにも御相談ください。


写真は林章敏先生と院長。
P1110714hayasi.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
来年度も新型ワクチン接種で負担軽減―厚労省
2月4日17時6分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000006-cbn-soci
新型インフルエンザワクチンの接種費用の低所得者への負担軽減事業を来年度も継続して実施する方針を明らかにした。

とのことです。
来年度も今年と同じように実施する、ということでしょうね。
本来であればワクチンは無料にして国が全部負担すべきと思います。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

ハイチで養子縁組装い人身売買

ハイチの気になる情報その2です。
ハイチ、狙われる子どもの臓器 養子縁組装い人身売買
1月31日9時54分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100131-00000504-san-int

臓器移植の目的で人身売買をおこなう集団がいて、
孤児支援の養子縁組をする公的機関を装ってやってくる、というお話です。

全ての生き物はそうでしょうが、人間も
自分だけは死にたくない、
自分の子どもだけは どんなことをしても助けたい、
という思いになる人がいるのは、仕方がないことかもしれません。

私も3人の子どもがいますので、
子どもの命が助かるならどんなことでも・・・
という親の気持ちは少しはわからないでもない。
臓器移植を・・・と願う気持ちになる親がいるのも理解できなくはない。

でも、臓器移植というのは、非常に問題点の多い治療法です。
とくに小児の臓器提供は世界でも不足しており、
「鮮度のよい子どもの臓器」を欲しがっている人は
世界中にたくさんいるのです。

「子どものためならどんなことでも」と高額を支払う親がいます。
そこで臓器売買というヤミ商売が成立し、
ヤミ移植をする病院が成立しています。
臓器売買グループは、臓器を得るために誘拐でも何でもやります。
東南アジアなどでは、ホテルやデパート内でも子どもから目を離すのは危険だ
とされているほどです。
まして合法的に養子という形で国外に連れ出せるなら、
チャンスとばかり被災地に群がってくるでしょう。
しかし連れ出されてしまった子どもの運命は・・・。

命が助かるのは、先進国の、大金を払えるごくごく一部の人だけであり、
貧乏な国の孤児は 臓器を切り取られ、切り刻まれて殺され捨てられていく、
そういう世界が現実にあるのです。

私は、臓器移植には基本的には反対です。
「科学的・医学的には可能な技術」ですが、
「可能な技術は全て適用してもよい」とは思えないのです。
他人の命の犠牲の上に自分が生き延びる
(注:私の頭のなかでの移植医療のとらえ方の表現として)、
という治療にはうなづけないのです。
私にはどうにも違和感があるのです。
日本や韓国などは、こうした考えの人が多いと思います。
(注:臓器移植を選択した人を非難するつもりは全くありません)

臓器移植がなければ、臓器売買はなくなり、子どもの誘拐は減ると思います。
でも、アメリカなどのキリスト教圏の一部では、臓器は単なる部品 という考え方もあります。
東南アジアなどの一部では、金をもうけることが勝ち、という価値観もあります。
宗教や価値観の違いがあり、
こうしたものは他人に強制できるものではないので、
臓器移植の問題は簡単なことではないのです。

ですから、非常に問題点の多い治療法です、と申し上げました。
生きること、死ぬこと、を考えていただければと思います。


今週の花~一部 紫色のストック!
い~い匂い☆
100202_164017konsyuu sutokku.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
タミフル輸入代行業者逮捕へ 大阪府警、薬事法違反容疑で
2月4日7時46分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000500-san-soci

個人輸入が手軽にできる時代になっています。
しかし、医薬品の輸入については、いくつか問題点があり、
個人輸入はおすすめできません。
ニセ薬をつかまされる、
健康被害が生じても国や製薬会社からの補償が受けられない、
などなど。
場合によっては今回のように法律違反で逮捕となる場合もある、ということです。

この業者は、きっと新型インフルエンザが大流行して、
タミフルが品不足になる、価格が高騰する、と思ったのでしょうね。
タミフルもリレンザも、国内には十分な備蓄があるので、
大丈夫、価格が高騰することなどありませんよ。
(小児用ドライシロップは一時不足しましたが)

もし今後 新型インフルエンザの大本命H5N1が登場することがあっても、
治療薬の個人輸入は考えないほうがよろしいと思います。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

広島県内で食中毒1名死亡

NHK広島ニュース 2010年2月3日 7時34分更新
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/lnews/06.html
以下、抜粋。
世羅町の診療所で給食を食べた入院患者などが食中毒の症状を訴え、持病のあった80代の男性1人が死亡しました。
県東部保健所が調理施設を調べたところ、患者や調理の担当者からノロウイルスが検出されました。

食中毒による死亡は全国で年間4名程度なのですが、
早くも広島県で1名出てしまいました。
高齢者が下痢すると脱水になり、
循環不全(血圧が保てなくなる)を引き起こすことがあり、
命取りになります。

ノロウィルスによる食中毒は軽症で終わることが多いのですが、
高齢者では油断禁物です。
対策としては手洗い、手洗い、手洗い。それに尽きます。
ノロウィルスは、下痢がおさまっても まだ体に残っていることがあり、
けっこう長期間残ると言われています。
下痢がなおっても 厳重な注意が必要なのです。

インフルエンザが下火になってきましたが、
手洗いうがいについて
油断しないようにしてくださいね。

今週の花~一部
バラ
100202_164046konsyuu bara.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに目新しい情報はありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617