calendar
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
archives
201709 (24) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1436) 感染症 (327) 研修会 (314) 疾患情報 (293) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (178) 在宅医療 (160) 薬剤師 (130) ボランティア (102) 医院情報 (101) 今週の花 (101) ニセ科学・ニセ医学 (97) 心に残る出会い (97) 緩和ケア (73) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (26) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

ワクチン“格差”ヒブは20年

カープ、点がとれませんねえ。
若手投手の抜擢を、と思っていたのですが
そうではなく若手野手の抜擢を図ったほうがよいのかもしれません。
チャンスに思い切りブンブン振れる若手が出てくればいいなあ。


4月23日7時56分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100423-00000067-san-soci

病気は、かかってから治す努力(治療)をするよりも
予防に力を注ぐほうが良いのです。
かからずにすむ病気なら、当然かからないほうがよいのです。

1:失われなくてすむ命があります。
  悲劇を少しでも防ぐことができるかもしれないのです。

2:病気にかかる人数が減れば、
  崩壊寸前の小児科医療を立て直すことができます。

3:費用もワクチンのほうが安くすみます。
ワクチンについては、この記事で以下のように紹介されています。
***
専門医の試算では、ヒブワクチンを定期接種化した場合の費用は332億円に対して、しなかった場合に細菌性髄膜炎を発症した患者への治療費・後遺症への介護費用は414億円。
***

414億円分の医療介護費用というのは、
いったい何万人が涙を流していることになるのでしょう。
そのうちの多くをワクチンで防げるのです。
そして、小児の重症患者の発生が減れば、
崩壊している小児科医療に余裕が出てきます。

小児科や産科や救急医療にお金をつぎこむという政策も
確かに必要なことかもしれません。
しかし、ワクチンをもっと普及させれば 
解決できることもあるのです。

みなさん、
厚生労働省が予防接種についてパブリックコメントを募集中です。
一人でも多くの声を厚生労働省に伝えてください。
・ワクチン政策を欧米並に
・ワクチンは全て公費、無料で
・国産ワクチンの開発、成長産業としての国産メーカー育成を
ホームページは以下です。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495100050&Mode=0

今週の花 ジャーマンアイリス、フリージア、ギボシ、ナルコラン、シャガ。
100426_122427german iris.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
北半球と南半球では、季節が半年ちがいの正反対になります。
私たちはこれから夏に向かいますが、
南半球では、これから冬を迎えるわけで
インフルエンザワクチンの接種をおこなうべき時期になっています。

その南米チリは、先日の地震で大きな被害を受けました。
ワクチンが不足しているそうです。
(ワクチンよりも先に復旧を図るべき事も多いのでしょう。
人、物、金の全てが足りないと思われます。)

日本では輸入ワクチンが余って、期限切れ廃棄を迎えます。
廃棄するくらいならチリなど南半球諸国に提供すればいいのではないでしょうか。
この決断はスピードが勝負です。

肺炎予防推進プロジェクト「怖いぞ、肺炎! 予防が大事」キャンペーン

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

インフル死 推計200人

今日はいい天気ですね。
山も新緑で、いい感じです。
でも、街ゆく車に茶色い点々が・・・

黄砂ですね。
呼吸器疾患の持病のある人は、用心を続けましょう。
外出時にマスクは必須。
当方は、ジョギングをするのは まだちょっと待て、の状態です。


インフル死 推計200人 低水準「新型は弱毒」裏付け
4月26日23時52分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000653-san-soci

昨年度の新型インフルエンザH1N1の検証作業が続いています。
日本の死亡者数は200人弱、
世界的にみても最も低い部類の死亡率におさえることに成功しています。

みなさん、日本の医療水準は 世界最高レベルなんです。
誰でも安く保険診療を受けられる日本の医療制度は、世界のお手本なんです。
アメリカでは国民皆保険制度が ようやく実現できそうだ、
という状況なんです。

日本について、もっと自信と誇りを持ちましょう。


ジャムくん。
雨上がりの公園。草原大好きなので、芝生の上は落ち着きます。
今では立つのがやっと。ほとんど歩けなくなっています。
100423_183328jam ameagari.jpg広島ブログ

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

機内検疫で発見したのは4人

昨日のカープ、マエケンよくやりました。
マエケンでしか勝てませんね~。
開幕時に大竹も離脱、ということがわかった時に、
ルイス・大竹が抜けたらマエケンしかいないじゃないの、と
不安に思っていたのですが、
心配したとおりになってしまっています。
出てこい若手投手!
ぜひ2軍から抜擢してきましょう。

新型インフルエンザ
22万人の機内検疫で発見したのは4人、とのこと。
4月26日11時30分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100426-00000552-yom-sci

現在、昨年度の新型インフル騒動の総括が行われています。
あれだけ ものものしい装備でおこなわれた機内検疫ですが、
機内で発見した感染者は4人だけだった、とのこと。

検疫が実施されている時点で
私たちは 「こんなの意味がない」
ということは指摘していました。

キーワードは、「潜伏期」です。
ウィルスや細菌が体に入ってきたとしても、
すぐに病状として出てくるわけではありません。
ある程度 体内で病原体の数が増え、
そこではじめて症状が出るのです。
感染してから症状が出るまでの時間を 
「潜伏期」 といいます。
潜伏期の間は、本人も周囲も、この人が感染者であるかどうか
まったくわかりません。
なにしろ症状がないのですから。
でも体内には病原体はおり、
数時間~数日後には症状が出てくることになります。
(症状が出ないまま終了することも もちろんあります)

潜伏期 というものがあるので、
検疫をすりぬけて国内に新型インフルエンザが入ってくるのは避けられず
時間の問題だ、ということは 専門家は皆わかっていたのです。
舛添大臣(当時)の人気取りパフォーマンスに利用されただけにすぎません。
現在、舛添さんが人気で、将来の総理大臣に期待する人No.1 と
言われていますが、
どーなんかなー、と 思ってしまいます。
ワクチンを大量に輸入する決断、というのは良かったのですけど。

それはさておいても、
来るべき本番、強毒性H5N1のときに 我々はどうすべきか。
今回の騒動をしっかり検証して
次の対応に生かしていかねばなりません。


今月の花
カーネーション、トルコキキョウ、ガーベラ、センニチコウ(?)。
100421_121018konngetu ka-ne-syon.jpg広島ブログ

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

リウマチの診断基準が変更に

学会での報告を一つだけ御紹介します。

関節リウマチの診断基準、新しいものが作られています。
ある病気について検討するときに、
みんながバラバラな病気について検討していたのでは
比較も何もできません。
そこで、みんなで本当に同じ病気について検討できるように
というための基準が 診断基準 と呼ばれるものです。
これまでのリウマチの診断基準は
「明らかに、これは間違いなくリウマチである」
というグループを確定させるための基準でした。

しかし
今やリウマチは早期に診断治療をおこなえば
治癒が期待できる病気になってきています。
そこで
今度の新しい基準は、
「いかに早期にリウマチ患者を見つけ出してくるか」、
という点を重視した基準となっています。

リウマチだ、と診断されて
抗リウマチ薬だけを使用されていた場合と
早期から生物学的製剤を使用された場合とで
病気をおさえこめる率に 明らかに違いがある、というデータも出ています。
つまり
リウマチを早期に診断することが重要、
診断したら早期に生物学的製剤を使用するのが重要、
ということです。


関節変形などが完成した段階でリウマチの診断をつけることは容易です。
しかしリウマチを早期に診断する、ということは
典型的な症状・所見が出そろっていない段階であり、
リウマチ以外の病気を除外診断することが重要である、
ということでもあります。
これはリウマチ専門医の仕事です。

関節が腫れる・痛む、という方は
できるだけ早期にリウマチ専門医を受診してください。
当院院長はリウマチ学会専門医です。



めかりパーキングエリア。
3月の光景です。まだ元気な頃のジャムくん。
後ろは関門橋です。
犬を連れて休憩するには 特に何の設備もないところなのですが、
帰りに九州みやげを買うため ここで休憩。
(王司PA上り線の売店は7月まで休止中です)
P1110878.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

広島で学会ができるか?

土日で、神戸のリウマチ学会に参加しました。
土曜日は教育講演など、
日曜はレクチャーコースに参加して、まとまった最新知識を学んできました。
実は学会参加はこれだけではなくて
ほぼ同じ日程で京都で呼吸器学会も開催されていたのです。
そこで日曜昼からは移動して呼吸器学会にも参加。
学会の はしごをしてきました。

広島の開業医、E先生やM先生にも会場でお会いしました。
みなさん、開業医は遊んでばかり、と思ってはいませんか?
もしそうであれば、それは誤解です。
熱心な先生は土日を返上して学会に参加したりして
ちゃんと勉強をされていますよ。

さて、
呼吸器学会やリウマチ学会など、
会員数1万人、学会参加者4-5000人以上、というような大きな学会となると
開催できる能力のある会場は限られてきます。
1000人以上は楽に入るメインホールは当然必要として、
数百人規模の部屋が10室前後は必要になるのです。
このため、こうした大きな学会は、最近では
東京国際フォーラム
横浜国際会議場
京都国際会議場
神戸ポートピアホテル(あるいは国際会議場)
福岡国際会議場
での開催が集中しています。
以前は、学会会長のいる大学の所在地で開催するのが当然で
参加者も全国を旅行する楽しみもあったのですが、
今では中小都市では とても開催できなくなっています。
ですから、近隣地域の大学が主催する学会会場は
地元ではなく上記の会場にて開催するようになってきています。
例えば関東地区の大学が主管する学会は、全て東京で、という具合です。

では、広島では、大きな学会開催はどうでしょうか?
広島にも国際会議場がありますから、開催できるでしょうか?
 ↓
いいえ、はっきり言って困難です。
国際会議場メインホールは良いとしても
分科会を開催していく部屋が全然足りません。
国際会議場の近くに文化交流会館(旧:厚生年金会館)、アステールプラザも
あるのですが、それでも足りませんし、
そもそも参加者が会場間を移動する、という時点で もう失格です。

4000人の医師が宿泊し、飲食し、おみやげも買います。
経済波及効果は 膨大なものとなることは おわかりいただけると思います。
しかし、適した会場がなければ学会を呼んでくる・開催することが
不可能なのです。

広島駅北口開発、旧市民球場跡地利用など
いろいろな案が出ていますが、
ぜひ 国際コンベンション会場 というものも
念頭においた案を作っていただきたい、と思います。


写真は京都国際会議場
P1120125.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

肺炎予防推進プロジェクト「怖いぞ、肺炎! 予防が大事」キャンペーン

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634