calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201708 (17) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1413) 感染症 (326) 研修会 (313) 疾患情報 (290) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (175) 在宅医療 (160) 薬剤師 (128) 医院情報 (101) ボランティア (101) 今週の花 (101) 心に残る出会い (95) ニセ科学・ニセ医学 (94) 緩和ケア (73) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (26) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

インフル、肥満者は重症化しやすい

昨日は 春一番が吹いたそうですね。
あたたかくなりました。
土手を歩いたり走ったりしている人も増え、
服装も春らしくなってきました。
私どもは、花粉と黄砂に注意が必要な時期がはじまります。
それが終わるまで、まだ長い時間を走ったりできないんです。


昨日、日赤病院で開催された
がん診療に関わる病診連携研修会に参加してきました。

講演:Revisit to Chest Radiography
-胸部X線写真の3次元的理解-
講師:広島大学放射線診断学 粟井和夫 教授

講演内容は文字で書くのはむずかしいので省略。
(画像についての話を文字にするのは 専門家相手でも大変なのです)

粟井先生は、われわれ呼吸器内科医が昔 びまん性肺疾患の勉強会をおこなっているときに
放射線科の専門医の立場から出席しコメントしてくださっていた先生で、
非常に的確なコメントをいただけるので ずいぶん勉強になりました。
50歳前(のはず)にして母校 広島大学の教授に、今月就任されました。

教授選挙で選ばれるには、実力のほかに運も必要です。
選挙のときに60歳近い人は おそらく選ばれないでしょう。
(教室を運営し、大学に貢献するには、在任期間は10年以上は欲しいところです)
ちょうど適齢のころに教授選挙があるかどうか、というのは運なのです。
運と実力を兼ね備えた粟井先生の活躍に期待しましょう。

参考になったのは、質疑応答でした。
Q:CTは年間で何回くらいまで撮影して大丈夫なのか?
A:男性であれば通常のCTは年間5回程度なら心配ない。
 女性では乳腺の放射線被曝を考慮しないといけない。
 50歳以上であれば男性と同様。
 それ以下であれば年間3回程度にしておいたほうがよいのではないか。
 また最近は心臓CTを撮影するようになってきているが
 心臓CTは乳腺への被爆線量が非常に多い。
 50歳以下の女性では心臓CT撮影しないように、と米国ではされている。

放射線被曝と発ガンの問題について、
心配される方もしばしば見受けます。
一般撮影であれば、ほぼ問題はありません。
我々は自然放射線を浴びているわけですし、
放射線ゼロの世界に住んでいるわけではありません。
許容線量については研究がすすんでいるのです。
宇宙飛行士の宇宙での被爆などについての研究もされています。
許容線量というのは、宇宙医学の大きなテーマの一つでもあります。

線量の多いのはCTや透視(胃透視や注腸検査)です。
そのCTでも年間数回なら大丈夫なのです。
放射線被曝について過度の心配は無用です。
とくに年齢の高い方については。

線量の問題については、後日あらためて取り上げますね。


今週の花 ユリ、フリージア、ツバキ
100224_081834konsyuu yuri.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
新型インフル、こどもと肥満者は重症化しやすい。
Yahooニュース 2月25日17時30分配信 ロイター
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000703-reu-int
米疾病対策予防センター(CDC)の専門家によると、予備データでは、重症肥満者はそうでない人と比べて、入院したり死亡したりする割合が4倍と高かった。

ダイエットしましょう。
季節もよくなってきましたので、運動ですね、歩きましょう。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

RCC本名正憲さんが広島ブログに登録

オリンピックでみなさんテレビに釘付けのようで
クリニックはヒマな毎日です。
とくに昨日は女子アイススケートでしたので。
メダルはとれそうなので、フリーに期待ですね。
金メダルになればいいですね。

RCCラジオ ゴゴイチ でおなじみの
本名正憲さんのブログが
広島ブログに登録されました。
本名正憲のゴゴイチ的ここだけ話
http://blog.goo.ne.jp/honna-chan/

ゴゴイチは月~金曜、12:00-15:00 RCCラジオです。
この時間帯、よく往診・訪問診療していまして
移動の車の中でラジオを聞いております。
面白い番組ですので、ぜひお聞きになってください。
ときどき緩和ケア薬剤師もメールを送ったりしています。
7パパさんなども常連ですね。
反面教師!(親馬鹿チャンリン2)
http://blog.goo.ne.jp/yuusakata/

本名さんは、広島で生の落語を聴く会にも
よく参加されていますし
番組でも毎回紹介されています。
関連するブログは以下。
女社長のひとりごと日記
http://nishinaya.exblog.jp/
広島で生で落語を聴く会のブログ
http://namarakugo.e-know.jp/
こちらも ごひいきに。


可愛い花束を頂きました☆
ヒペリカム、ガーベラ、バラ、ソリダマ。
100224_162713hiberikamu.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
プロ野球で風船解禁へ
2月24日17時1分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100224-00000126-jij-spo

新型インフルエンザの影響で(過剰反応で)
各球場とも風船が禁止となっていました。
ソフトバンクと阪神が解禁したそうです。
マツダスタジアムでも解禁してほしいものです。
誰かカープ球団に提言してもらえませんか?
(当方はカープ球団に知り合いはいませんので・・・)

誰が打ち上げたのかわからない風船を拾って
もう一度口をつけてふくらまそうとしない限り
感染症については心配ありません。
(子どもさんには、落ちた物を拾って口に入れるな、
という教育の場になります)

comments(3) , trackbacks(0), この記事を編集する

薬物アレルギー

新型インフルエンザ情報

厚生労働省は今のところ途上国への譲渡や売却は考えていない、
解約交渉をすすめている、というニュースです。
2月24日0時51分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100224-00000001-mai-soci
うまく解約できればよいのですけれど、
海外の解約状況をみても
せいぜい3割、よくて半分というところです。
どうなりますか、注目です。


今週の花 モクレン、ツバキ
100222_160945konsyuu mokurenntubaki.jpg広島ブログ
本日のお勉強
薬物アレルギー
どのように説明して検査をおこなっているのか
アレルギーの臨床 2009年12月号
帝京大学医学部 内科・呼吸器アレルギー 山口正雄先生ほか
要点
薬物アレルギーの診療で何より重要なのは問診である。
情報に基づき被疑薬を絞り込むとともに、発症機序を推測し、それに見合った検査を立案する。
患者にメリットがない検査は行わない。
安全薬については積極的にチャレンジして安全を確認する。
検査の必要性が少ないなら、敢えて検査を行わない選択もある。

「薬物アレルギー」だ、と言われる患者さんは少なくありませんが、
それが本当にアレルギーで二度と使用ダメな薬なのかどうか
はっきりしていないケースが大半です。
他に代替え薬があれば 原因とされる薬を避けておけば問題ないのですが、
基本薬剤で代替えがむずかしい場合には困ります。
血液検査でアレルギー反応が出れば簡単なのですが、
・薬物アレルギーの検査は保険がきかず高額
・このため疑わしい薬が複数あれば、非常に非常に高額になる
・薬によっては せっかく高額な検査をしても陽性率が非常に低い薬もある
という問題があります。

そうなると
チャレンジテストといって、
実際の薬剤を服用してもらって判定しよう、
という状況になることがあります。
でも、もし本当にアレルギーの原因薬であったら、
大きなアレルギー症状をおこす可能性があり、命がけの検査になってしまいます。
チャレンジテストは基本は大学病院で、入院で実施する検査、ということになりますね。

私たちクリニックの医師は
「この薬は疑わしい、この薬は可能性は低い」
という見極めをおこなうところまでが仕事になります。

アレルギーでお困りの方は、
アレルギー専門医に御相談ください。
日本アレルギー学会ホームページに
専門医一覧が出ています。
http://www.jsaweb.jp/

comments(4) , trackbacks(0), この記事を編集する

平成の歩き方11 花粉症時期の服装

平成の歩き方11 花粉症時期の服装

屋外を歩くときに、花粉症患者は服装への注意が必要です。
マスクは当然必要になりますね。人によってはメガネ・ゴーグルも。

服装のポイントは、花粉を体につけないこと、です。
服の素材は、ナイロン系などツルツルしたものが良いですね。
家に帰って玄関先で服をパンパンとたたいて花粉を落とし、
花粉を家の中に持ち込まないようにするのです。
毛が立っている素材、たとえばフリース、セーター、起毛のコートやジャケット
などは花粉が落ちず家に花粉を持ち込みますので、よくありません。

同様に、この時期は帽子も必要ですね。
髪の毛に花粉をつけたまま家に持ち込まないようにするためです。

そして帰ったらすぐ洗顔ウガイ手洗いをして、
花粉をできるだけ洗い流し、室内に持ち込まないようにして下さい。
すぐに室内着に着替えるというのも効果ありますよ。


21日の月の写真。
今週日曜日21日に、JST科学技術振興機構の助成による
科学ボランティア養成講座2009 の報告書を完成させました。
そこで、息抜きに望遠鏡を出してきて、
月と火星を見ました。
月は、望遠鏡のアイピース(接眼レンズ)にデジカメをくっつけて
撮影してみました。
コンパクトデジカメ、古い安いやつですので、まあこんなものでしょうか。
ふつうのオートモードで撮影しています。
クレーターは思ったより撮れていますかね。
P1110755.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ためしてガッテン 謎の高血圧

医師向けMLにて 以下の放送があったという情報は知っていましたが、
やはり、問い合わせてくる患者さんがおられました。

2月10日(水)放映 NHK総合「ためしてガッテン」
番組URL: http://www.nhk.or.jp/gatten
★年齢や生活習慣とは無関係、突然発症する「謎の高血圧」
★謎の高血圧の病名は「原発性アルドステロン症」


ええと、ですね。
普通の内科医であれば、こんな病気、当然頭の中に入っていますよ。
けっして 「謎の高血圧」 でも何でもありません。

高血圧の9割は、塩分摂りすぎなどによるものです。
生活習慣の指導が大切な高血圧、と言ってもいいですね。
でも、残り1割は、
何か原因のある高血圧(二次性高血圧といいます)なのです。
とくに若い人の高血圧では、二次性を強く疑います。

二次性高血圧のなかには、腎性高血圧、腎血管性高血圧などがあり、
アルドステロン症というのも珍しくはありません。

ですから、内科医は高血圧の初診時と血圧コントロールが悪化してきた時には、
定期検査よりも詳しく精密検査をおこない、アルドステロン症も当然チェックしています。
(内科以外の医師であれば、どうでしょうか、ちょっと何とも言えません。)

信頼するに足るかかりつけ医かどうかの見分け方は
・高血圧の初診時にちゃんと聴診器を胸に当てましたか?
・初診時にはお腹を触診しましたか?
・さらにお腹にも聴診器を当てましたか?

腎血管性高血圧は、手術の対象となりうる高血圧で、
聴診で判明することがあります。
腹部で血管性の雑音(bruit と呼びます)が聞こえることがあるのです。

血圧の初診時にお腹に聴診器を当てる医師であれば、
アルドステロン症も当然頭の中にありますので
信頼してよいと思いますよ。
謎の高血圧 というのは マスコミの常套手段、誇大表現です。
不安をあおる番組というのは どうなんでしょうねえ。


胡町さかい。シメは貝汁と御飯だ、と常連の先輩に教わりました。
昔はもっと貝汁椀が大きかった、とのこと。
写真は貝を半分くらい食べてから気がついて撮影したものです。
大きな貝がたくさん入っています。
2010020220060000kaijiru.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
大きな動きはありません。

comments(1) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627