calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
archives
201711 (19) 201710 (31) 201709 (30) 201708 (31) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1468) 感染症 (327) 研修会 (321) 疾患情報 (296) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (179) 在宅医療 (161) 薬剤師 (131) ボランティア (103) 今週の花 (102) ニセ科学・ニセ医学 (101) 医院情報 (101) 心に残る出会い (98) 緩和ケア (74) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (37) がん検診 (27) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

ケジャンで寄生虫病

院長はキムチが大好きで、
とくに寒い季節にはよく食べます。
日本人向けの味付けのキムチ(例:牛角キムチ など)にしていますが、
本場のキムチ として販売されている中には、エビ類、イカなど
いろいろ漬け込んであるものがあります。
好きな人にとっては おいしいのでしょうが・・・。

本日のお勉強
喀痰・胸水中より虫卵を認めたウエステルマン肺吸虫症の1例
日本呼吸器学会雑誌 2009年12月号
関西医科大学第一内科 谷尻 力 先生ほか
要点
血痰、胸水、多発結節陰影を認めた。
生カニをキムチ漬けにしたケジャンを食べていたことが原因であった。
昨今のグルメブームによる食の多様化、国際化により、
本来の流行地以外でも発症が増えることが予測される。


生の食材、とくに淡水の生き物には、寄生虫がいると思っていた方がよいです。
ウエステルマン肺吸虫という寄生虫は、
ヒトに感染すると肺に定住します。
上海ガニによる集団感染も報告されているそうです。


院長は舟入病院に勤務していた経験があり、
食中毒の患者を多数体験するとともに
食中毒のこわさは身にしみて体験してきています。
各地の珍味を味わうグルメブームの是非はともかくとして、
生の食材、とくに原材料がよくわからない物にはくれぐれも用心が必要です。
妊婦、こども、高齢者、持病のある人は 
「グルメ食材」は極力避けて下さい。


胡町さかい の 揚げにんにく。
大粒のにんにくで、ほっくりと揚がっています。
ニオイものこらないので、おすすめ。
2010020219380000ninnnikuage.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
インフル患者、3週連続で減少―全都道府県が定点当たり10未満に
2月19日12時41分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000004-cbn-soci
昨年7月20-26日の週以来、約7か月ぶりに全都道府県が10を下回った。
警報レベルを超えたのは4保健所(福井2、静岡と福岡各1)、注意報レベルのみを超えたのは4保健所(北海道、東京、埼玉、佐賀各1)

全国的にみても、広島についてみても、感染者数は減っていますね。
その後、今のところB型インフルエンザの大きな増加もないようです。
昨日 広島市医師会夜間急病センターで勤務してきましたが、
インフルエンザ検査を数人しましたが陽性の人はいませんでした。

引き続きうがい・手洗いはしっかりお願いします。

comments(3) , trackbacks(0), この記事を編集する

成人喘息の治療目標

花粉症と喘息を同時に持っている人も多くなっています。
この時期、コントロールが悪化する人も多いですね。

本日のお勉強
成人喘息治療のエンドポイント
アレルギー(日本アレルギー学会誌)2009年7号
埼玉医科大学 永田真 先生ほか
要点
喘息予防・管理ガイドラインにおける喘息治療目標は
1:健常人と変わらない日常生活が送れること
2:正常に近い肺機能を維持すること
3:夜間や早朝の咳や呼吸困難がなく十分な夜間睡眠が可能なこと
4:喘息発作がおこらないこと
5:喘息死の回避
6:治療薬による副作用がないこと
7:非可逆的な気道モデリングへの進展を防ぐこと

大きな発作で夜間受診や点滴を受けるほどではないから
「まあ、このくらいの発作ならいいか」、
ということではない、ということを御理解ください。
喘息の小さい発作は1回ならば肺機能はもとに戻るのですが
発作を繰り返し起こしていると
7番の項目が問題になってきます。

7番の意味は、
発作を繰り返していると次第に肺機能が障害されて もとに戻らない体になる、
ということです。
つまり高齢者になって息苦しい生活を送るようになる、薬も効かない。
それを防ぐには若い時からちゃんとコントロールが必要だ、
ということなのです。

喘息は専門医に相談しましょう。
新しい喘息治療薬が2つ出てきていますよ。
これまでの薬との使い分け、なかなか面白いものがあります。
専門家の腕の見せどころ、です。


胡町さかい の 白子ポン酢。
多くの店にもある定番メニューですが、さかいの白子は大きくてもっちりです。
2010020219160000sirakoponzu.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
インフルワクチン一本化か=WHO推奨受け-厚労省
2月19日0時35分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000004-jij-soci

今年は新型インフルエンザと季節性インフルエンザのワクチンは別物でしたが、
どうせ接種するなら1本に合わせてしまえ、
という発想は ごく自然なアイデアです。
少なくとも2年後のシーズンにはそうなるだろう、と思っていますが、
早ければ来シーズンからそうなるかも、というニュースです。

Aソ連型ワクチンのかわりに
2009A/H1N1(今回の新型インフルエンザ)ワクチンを
作ることにするのであれば、
製造能力のことも問題になりません。
今のところAソ連型は新型に駆逐されたようで、流行をおこしてきません。
今回ニュースのようにすべきでしょうね。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

アナフィラキシー患者の長期管理

★新型インフルエンザ情報
新型インフルエンザは小休止している感じであり、
季節性インフルエンザもあわせ、今とくに紹介すべきニュースがありません。

たまっている「本日のお勉強」シリーズを続けてアップしていきたいと思います。

本日のお勉強
アナフィラキシー既往患者の長期管理の実際
アレルギー(日本アレルギー学会誌)2009年10号
埼玉医科大学 永田真 先生ほか
要点
アナフィラキシーは致命的となる病態である。
原因検索と回避指導を含んだ患者教育と、
アドレナリン自己注射システム(商品名エピペン)の導入・教育が必要である。
埼玉医科大学アレルギーセンターではエピペン処方した40名のうち、
翌1年間で実際にエピペンを使用する事態になったのは1名であった。

エピペンを処方されている患者では、
食物アレルギーが一番多く、
2番目は食物依存性運動誘発(ある食物を食べた後に運動すると生じる)、
3番目が昆虫アレルギー(ハチ)です。
年齢では20歳代が一番多く、次は50歳代です。

年が多いから私には関係ない(食物アレルギーって小児の病気でしょ?)、とか
これまで大丈夫だったから今後も大丈夫、とは
言えないのがアレルギーのこわさです。

食物アレルギーでは、食品材料表示に注意していても大きなアレルギーを生じることがあります。
ハチ刺されは、いつ生じるか、わかりません。
そういう時には、いかに早くアドレナリンを注射するか、が
生死を分けます。
お守りとしてエピペンを持っておくことが大切です。

エピペンを御希望の方は当院で御相談ください。

写真はエピペン スターターキット です。
090731_092217epipen.jpg広島ブログ

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

覚せい剤と脳卒中

当院の緩和ケア薬剤師は年に数回、
市内の小学校・中学校で薬物乱用防止教室の講師をしています。
覚せい剤については
有名タレントが逮捕されたりして報道されていますが、
その真のこわさが理解されているとは言えないようです。
最近読んだなかに、以下の論文がありました。

本日のお勉強
覚せい剤関連脳梗塞の1例
広島医学 2010年1月号
広島市総合リハビリテーションセンター神経内科 加世田ゆみ子先生 ほか
要点
覚せい剤については、精神的高揚や依存性など精神症状に関連した弊害のみが報道される。
しかし覚せい剤は交感神経の過剰興奮による重大な心血管イベントを誘発する。
覚せい剤関連脳卒中は若年に生じ、機能予後が不良である。
深刻な後遺症をきたすことを強調すべきである。

機能予後が不良、というのは
がんばって治療やリハビリしても もとには戻らない、という意味です。
深刻な後遺症というのは、半身マヒ、ねたきり、意識障害/知的障害などです。


ここから以下は、この論文を読んでの私(緩和ケア医)の感想です。

高齢者の認知症の場合、
大きな脳卒中で一度に認知症/知的障害になってしまう場合もありますが
小さい脳卒中(ラクナ梗塞)を繰り返しつつ じょじょに進行する場合も多いのです。

覚せい剤関連脳卒中でも、もし同様な状況があるとすれば
大きな脳卒中で一度に深刻な後遺症が生じる場合と
小さな脳卒中を繰り返して次第に脳機能が失われていく場合がある
のかもしれません。

ヤク中(薬物中毒)の性格・人格は次第に荒廃していきますが、
もしかしたら薬物の脳への直接影響だけでなく
小さい脳卒中を繰り返しつつ
次第に進行していく若年認知症のような状態も生じているのかもしれません。
ヤクを使用する回数が多ければ多いほど 脳がやられていくのでしょう。

いずれにせよ、こうした障害は基本的に不可逆変化です。
薬物をやめても、もう戻りません。
深刻な後遺症として 残っていくことになります。
覚せい剤はおそろしい、ということを もっと知る必要があるでしょう。

薬物乱用防止教室などのご要望があれば
当院緩和ケア薬剤師まで御相談ください。


今週の花 モモ、フリージア、ユリ、ツバキ、スイセン
100216_171337konnsyuumomofuri-jia.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
2月15日の第10回 国産ワクチン出荷を希望したのは
全国47都道府県のうち7県のみ でした。
広島県は、ずいぶん前の回からワクチン希望がありません。
(ワクチンを希望する医療機関がない、という意味です)。
国産ワクチンはあまっています。
第11回出荷分の各県わりあて数量も出ていますが、完全に絵空事ですね。
希望する県はほぼゼロでしょう。
厚生労働省HP
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/hourei/2010/02/dl/info0208-02.pdf

輸入ワクチンの初回出荷については、
広島県へも出荷がされています。
あれ? 希望する医療機関が広島県内にあったのか?
→ いいえ、ちがいます。
 国立病院機構などの特定病院へ国から直接出荷されたものです。

無理やり出荷された輸入ワクチン、どうするんだろうなあ・・・

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

カキまつりと胃腸炎

昨日、広島市医師会夜間急病センターで勤務してきました。
患者数は非常に減少しており、
インフルエンザを疑う患者は1名もいませんでした。

多かったのは、嘔吐・下痢・発熱(微熱)という症状。
胃腸炎ですね。
ほとんどの方は、胃腸炎でした。
この時期多いのは ノロウィルスなどによる感染性胃腸炎です。

昨日来られた方の多くは、
日曜日に カキまつり に行き、
焼きガキを食べた、という人でした。
殻つき焼きガキ、おいしいし、家で焼くのはむずかしいですから
カキまつりの定番・人気メニューです。

宮島カキまつり(2月13・14日) が全国的に有名ですが、
2月14日は中区でも カキまつりがおこなわれ、
安いのでたいそう人気だったそうです。

もっとも、家族全員でカキまつりに行って同じものを食べたのに
嘔吐下痢したのは1名だけ、というファミリーも多く
食中毒とも、カキが原因とも、断定はできないわけですが。


治療のポイントとしては、水分補給です。
飲む点滴 OS-1 (オーエスワン)というのが
大規模薬局などで販売されており、おすすめです。
スポーツドリンク類などでも良いです。

食事は、無理に食べなくてかまいません。
普通の成人であれば1-2日くらい食べなくても何ということはありません。
(糖尿病の治療中など、持病があれば話は別です)。
水分も飲めない、あるいは飲んでも嘔吐してしまう、下痢がひどい、
という場合には点滴が必要ですので受診してください。


カキに火がとおっていればノロウィルスは死滅するはずなのに
なぜ焼きカキで胃腸炎になってしまったのか。
経験上 理由・原因について推定はできますが、
今回私はカキまつりに行っておらず現場を見ていませんので
(また、ノロと断定したわけではありませんので)
今回のブログでは この点には触れないでおきます。
いつか別の機会に考察を御紹介しますね。


胡町さかい の カキフライ。実は1個食べた後でとった写真です。
大粒でおいしいカキです。
2010020219370000kakifurai.jpg広島ブログ
★新型インフルエンザ情報
とくに新しい情報はありません。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627 | 628 | 629 | 630 | 631 | 632 | 633 | 634 | 635 | 636 | 637 | 638 | 639 | 640 | 641 | 642 | 643 | 644 | 645 | 646