calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201708 (17) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1413) 感染症 (326) 研修会 (313) 疾患情報 (290) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (175) 在宅医療 (160) 薬剤師 (128) 医院情報 (101) ボランティア (101) 今週の花 (101) 心に残る出会い (95) ニセ科学・ニセ医学 (94) 緩和ケア (73) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (26) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

心に残る出会い4 退院前カンファレンスをしたKさん

Kさんは膵臓癌でした。
膵臓癌は発見が遅れることが多い癌で、治療成績が良くありません。
手術を受けましたが、すでに周囲への浸潤、腹膜播種もありました。
膵頭十二指腸切除、結腸部分切除、そして腹膜播種は取れるだけは取りました、という手術でした。
見える癌はすべて取り除き、あとは幸運を祈るばかりです。
しかし手術後の回復は思わしくなく、いつ退院できるか、メドがたちません。
Kさんは、家に帰りたい、と考えはじめました。
家に帰れば、食欲も出てくるに違いない。

いったん言い出すと、Kさんはあとには引きません。
社長として、何事も自分の思ったとおりにやってきたKさんでした。

退院の準備がはじまりました。
訪問診療医として当院に依頼があり、退院前カンファレンスに出席しました。
本人も娘も家に帰りたい、帰したい。
妻だけが、ちょっと不安。
主治医も、病棟受け持ち看護師も、私も、訪問看護師も、訪問薬剤師も、みんなで後押しします。
いざという時は、いつでも入院できますよ、病院と縁が切れるわけではありませんよ。
調子悪ければ私や訪問看護師がいつでも駆けつけますよ、大丈夫ですよ、と。
今日にも帰りたい、というKさんでしたが、さすがにそれはむつかしく、数日後に退院となりました。

退院してからは、愛犬もいて、庭も見える、ふだんどおりの生活。
ふだんとちょっと違うのは、腸ろうチューブから栄養食を流し込む手間だけ。
睡眠もとれるようになり、痛み止めのモルヒネの使用量が減りました。
口からも少しずつ食事量が増えていきました。
まだちょっぴり不安顔の奥さんに、いろいろ相談に乗りながらの訪問が続きます。

しかし3週間もしないうちに、腹が張る感じが悪化、
再び食欲が落ち、食べられなくなってきました。
薬の調整もいろいろ試みてみたのですが、
腹が張るため注入食も多くは受けつけず、量を減らしていくしかありません。
再入院し検査したところ、肝臓転移が多数出現。
癌は短期間で急速に進行していたのです。

退院時点では、
もし家に帰って食事がある程度食べられるようになれば、
そのあと抗癌剤治療もやりたいですね、
と主治医・訪問診療医で相談していました。
しかし、とてもそういう状況ではありません。
食事がとれず、注入食も十分入らない状態では、長くはもちません。

Kさんは、緩和ケア病棟に移ることになりました。
御家族に囲まれ、娘さんのピアノ演奏を聴いたりしながら、静かな時をすごされたそうです。
およそ1週間ののち、私たちが病室を訪問した時には、Kさんはもう昏睡状態でした。
その日のうちに、Kさんはお亡くなりになりました。

9月22日~23日開催されたリレーフォーライフ2009in広島の風景です。
写真は開会式であいさつする秋葉忠利広島市長。
P1100673.JPG
広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
東京都が25日 注意報を発令しています。
Yahooニュース 9月27日12時17分配信 フジテレビ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20090927/20090927-00000646-fnn-soci.html
大阪もすぐでしょうか。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

宮崎監督 鞆の浦埋立て計画を語る

宮崎監督思い語る「ポニョの海辺」埋立て計画
Yahooニュース 9月21日13時2分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000071-yom-soci

鞆の浦に滞在し、映画「崖(がけ)の上のポニョ」の構想を練ったという宮崎駿監督が、
判決を前に読売新聞のインタビューに応じ、開発か、景観保護かで揺れる鞆の町への思いを語った、という記事です。

>鞆の浦に行かなければ、ああいう映画にはならなかったと思う。
この映画に、大きな影響を与えたことを認めておられます。
広島県人としては たいへんうれしいことです。

>埋め立て・架橋事業については、自分なりの考えは持っているけれど、賛成か反対かを主張する気はない。地元の人たちが決めることだと思う。
>ただ、過疎化や高齢化が進むことで感じるさみしさを、事業で埋められると考えている人がいれば、それは錯覚だと言いたい。

高齢化に適した町は、小さくコンパクトにまとまった集落だと思います。
車が行き交う街では、高齢者は安心して外を出歩けないでしょう。
道路の整備は、高齢者引きこもりを、最後には施設入所者を増やすだけになる恐れがあります。
かえって過疎化を加速させるかもしれません。

私も部外者なので強い意見は言えませんが、
尾道が映画の町として まちおこしに努力しているように、
鞆の浦も尾道と一体化して映画の町として観光客を呼べばよいのではないか、と思います。
そのためには宮崎監督の見た景観を保存することが絶対条件でしょう。
高齢者のためにも、景観保存のためにも、架橋工事は不要だと思います。
「土建屋行政」から脱却すべき時期にきています。
10月1日が広島地裁判決です。
注目しましょう。

リレーフォーライフ初日はうどんを食べることもできました。
「プロジェクトC」カープなうどん。
ニンジンがCの形になっています。
P1100689.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
東京で患者増加、注意報レベルに
定点あたり10.24人と 10を超え注意報レベルになりました。
大阪も9台で、大都市を中心に流行が広がってきています。
Yahooニュース  9月25日20時57分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000154-jij-soci

うがい手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

リレーフォーライフにカープ選手

リレーフォーライフには広島カープ 河内貴哉投手24と中村憲投手69も来ていました。
広島カープ公式ホームページにも報告されています。
ぜひ御覧ください。
http://www.carp.co.jp/community/kyudan/047.html
今回参加できなかった方、次回はぜひ会場でお会いしましょう。

写真中央 黄色いスタッフTシャツを着ているのが院長です。
P1100674.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
インフルエンザ治療薬の目的と効果
タミフル・リレンザを知らない人は もういませんね。
インフルエンザの特効薬のように思っていませんか?
タミフル・リレンザは、ウィルスを直接やっつける薬ではありません。
インフルエンザウィルスに感染した細胞から、ウィルスが外に飛び出すのを防ぐ薬です。
ですから、発病早期に使用すれば、体内のウィルス量を増やさない効果が期待できます。

では、インフルエンザはどうやって治すのでしょうか?
自分の体力、自分の免疫力で治すのです。
体調をふだんから整えておくしかないのです。
バランスよい食事と十分な睡眠、と言われているのは そのためです。

季節性インフルエンザでは、タミフルは発病早期、ウィルス量が少ない段階のみ効果があります。
効果が期待されるのは 発病後48時間以内とされています。
自分の体力・免疫力で治すので、戦う相手(ウィルス)の数が少ない方が良いのです。
それを過ぎ、ウィルス量が増加した段階では タミフルの効果はありませんので、
タミフルは処方しない、ということになります。

ちなみに、季節性インフルエンザでは、タミフルの効果は
「発熱期間を1日短くする」
という程度のことです。
ですから諸外国ではこれまでの季節性インフルエンザではタミフルは推奨されてきませんでした。
多くの国ではインフルエンザごときで医者にはかからない(医療費が高い)。
タミフルの効果も上記程度だし、なにしろ医療費が高いので、
まわりでタミフルを使っている人なんて、誰もいない。
インフルになったら家で寝ていなさい、という指導だったのです。

今回の新型インフルでは、タミフル使用について、専門家でも意見が分かれています。
なにしろ「新型」ウィルスなので、誰も過去の経験や統計を持っていないのです。
しかし、もし使用するなら早期に、という点は同じです。
タミフルの副作用を恐れて使用すべき時期を逃してはいけません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

リレーフォーライフ大成功

9月22・23日 旧広島市民球場でリレーフォーライフが開催されました。
当方は医療班としてボランティア参加しました。
24時間、会場にいましたよ。
AEDも用意していましたが、AEDや救急車が出動するような大きな緊急事態はなく、私ども医療班の立場からは大成功イベントだった、と申し上げましょう。
新聞記事も各社いろいろ出ました。
中国新聞9月23日を御紹介。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200909230019.html
テレビでも放送されたはずですが、会場にいたので見ていません。

御参加いただいた皆様、
体を大切にして、ぜひ来年もお会いしましょう。
来年の会場はどこかなあ。
楽しみですね。

話は変わりますが。
リレーフォーライフから帰ったら、TVでカープ戦をやっていました。
昨日の試合は、両外人で負けました。ヘタな守備で。
CSに出られるかどうか、という瀬戸際ですが、
結果にかかわらずブラウン監督は今季限りで辞めてもらいたい。
外人重視の采配が、理解できません。
こんな守備のヘタな外人は、カープ野球に水を差す。
それと
前田はどうした? 前田を出せ! 前田を1軍に上げろ!!
こんな紙一重の戦いが続くときこそ侍 前田が必要です。
中日 立浪のような活躍、ここ一番の代打 ができるはずです。
もしケガでないなら、前田を今すぐ1軍に。
(前田はケガなのでしょうか? どなたか御存知ありませんか?)

調子の良い選手を次の日スタメンからはずすし、
調子のよくない嶋を使い続けるし、
変なところで盗塁やヒットエンドランのサインを出して自らチャンスをつぶすし、
投手交代が毎度毎度遅いし。
まったくもって ヘボ采配。
思いつきで指揮してもらっては困ります。
もうカープにブラウンはいらない。

写真はルミナリエ。ろうそくの灯りをつけます。
バックスクリーンのライト側にはHOPEという文字が浮かび上がりました。
P1100696.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
新型インフル 脳症や重症肺炎を防げ 小児科学会が診療指針など公表
Yahooニュース 9月23日20時52分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000565-san-soci
新型インフルではこれまでに20例の脳症が報告され、21日に初の死者が出ている。
インフルエンザ脳症は季節性では1~3歳で発症することが多いが、新型では平均7.9歳と年齢が大幅に高くなっているのが特徴だ。とのこと。
季節性インフルエンザと新型インフルエンザでは違いがあるようだ、と。

もともと今回の新型インフルH1N1は、肺に受容体があり、ウィルス肺炎をおこす危険性が季節性インフルよりも高そうだ、ということはわかっていました。
脳症についても違いがあるようだ、ということです。
新型なので誰にも確実なことは言えません。
安心だ、心配ない、と言うことはできません。

治療薬タミフルにも、異常行動という副作用が懸念されています。
今はそれどころではないのでタミフルへの懸念は報道されなくなりましたが。
子どもさんの病状から目を離さないで下さい。
異常行動があれば すぐ病院を受診しましょう。
(重症を思わせる所見がない時は病院を受診しないで下さい)
どの病院を受診すべきか、確認しておきましょう。
広島地区であれば、まず最初は平日昼間に診療所を受診してください。
小児の場合に重症を疑わせる所見、異常行動があれば舟入病院です。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

抗癌剤脱毛予防の頭皮冷却療法

抗癌剤脱毛予防の頭皮冷却療法

Yahooニュース ヘッドラインには、あまり抗癌剤関連ニュースは出てきません。
今回、気になるニュースが出たので、解説しておきます。
今はこの頭部冷却療法に飛びつかないでください。
長文になります、失礼いたします。

抗がん剤の脱毛防ぐ=年内にも臨床試験スタート-スウェーデンの頭皮冷却装置
Yahooニュース 9月21日14時26分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000027-jij-soci

この記事の問題点を2点指摘しておきたいと思います。

★まず1点目。
抗癌剤の副作用として、 脱毛 があります。
毛根の細胞は活発に細胞分裂をしていますので、抗癌剤に反応してしまうのです。
抗癌剤の種類にも、個人差にもよりますが、かなり高率に脱毛する薬もあります。
とくに女性の場合、脱毛はかなりショックです。

そこで、かなり以前から 抗癌剤による脱毛を防ぐ方法について試みられてきました。
誰も配慮してこなかった、なんていうことは絶対にありません。
今回ニュースで流れた 「頭皮冷却療法」についても、すでに実施されてきました。
頭皮を冷却することにより毛根への血流を減少させ(冷えると血管は収縮することを利用)、毛根への抗癌剤到達を減らすことによる脱毛予防というコンセプトです。
ダンクールキャップ という名前の頭部冷却装置があり、一時期は試みられていました。
現在45歳以上の真面目な癌治療医であれば、ダンクールキャップを御存知でしょう。
真面目に癌治療をおこなってこなかった医師なら知らないかもしれませんが。
しかし、15年くらい前に、使われなくなりました。
頭皮冷却療法には、致命的な問題点があったのです。

頭皮冷却療法が否定されるに至った点は3つ
1:頭皮冷却しても、効果はそんなに明らかではなかった。
  ギンギンに、頭痛がするほど冷やしても、期待したほどの効果がなかったのです。
2:頭部への癌の転移が認められたこと。
 脳転移ではなく、頭の皮膚への転移です。・・・あとで解説します。
3:脱毛は直接死因にむすびつく副作用ではなく、また抗癌剤をやめれば毛髪はかなり回復する。つまり一時的な副作用であること。

とくに2の点、頭部皮膚転移が決定打になり頭部冷却療法は癌治療の現場から消えていきました。
全身抗癌剤治療は、微少な転移癌をたたきつぶす、というのも治療目的の一つです。
頭部血管を冷却し血流を減少させる、というコンセプトは、脱毛という目的のためには良いアイデアに見えましたが、頭部への抗癌剤量が減るため、当然の結果として頭部癌転移が出る危険性を持つのです。
血流が減り抗癌剤到達量が減れば、その部分の微少転移癌は死なずに残ってしまう。
そして、その懸念(頭部皮膚への癌転移)は現実のものとなりました。

一時的な副作用を防ぐ治療で癌転移が出る、ということは受け容れられません。
このため癌治療医は、脱毛について頭部冷却療法を放棄しました。
かわりに医療用カツラの開発がすすみ、医療用カツラの購入に補助がでるようになっています。
医療用カツラについては癌治療主治医、癌治療病院の相談室、あるいは私ども緩和ケア医にお尋ねください。

頭部冷却療法について詳細情報を調べたい方は、「ダンクールキャップ」として
グーグル検索してみてください。

★長くなりました。この記事への懸念2点目です。
今回の頭皮冷却療法を発表するのがソウルの学会、と書かれています。
それを見ただけで、ほとんどの癌治療医は眉にツバをつけます。
現在、癌治療についての臨床学会の最高峰はアメリカ癌学会ASCOです。
ASCOで発表に選ばれるための競争率はかなり高く、全世界の癌治療医はASCOで発表することを目標にしています。
いいかげんな研究計画ではASCO発表は認められません。
極端な言い方をすれば、ASCOで発表された内容が、世界の癌治療を動かしているのです。
ASCOで発表された内容は、数日のうちに全世界に伝達され、世界中の癌治療医はその最新情報に目を通しているのです。
(日本でも、当日・翌日のうちに英語版で、数日以内には日本語に翻訳されて医師限定サイトにASCO情報がアップされます。)

ソウルの学会?
アジア太平洋レベルの国際学会は、研究内容も方法もASCOに遠く及びません。
ASCOに落選した発表ばかりが集まっても、何の信頼できる情報もないのです。
審査もなく誰でも発表できる学会すらあります。
ですから、「国際学会で発表」、という記事は、何か意図的なものがないか、注意が必要です。
自分あるいは自分の研究発表にハク付けをしたい、とか何とか・・・。
良い研究であればASCOで発表できるはずなのです。
ソウルで発表、ということは、「何かしら信頼性に乏しい」、ということを世界が、そして自らが認めているようなものなのです。

★長くなりました。
結論です。
以上2点の懸念があります。
抗癌剤脱毛予防の頭部冷却療法については、今は飛びつかないようお勧めします。
頭皮に癌転移が生じるかどうか、5~10年待てば結果発表があるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

写真は水ロケット(ペットボトルロケット)発射の瞬間。
P1100637.JPG広島ブログ
★新型インフルエンザH1N1情報
新型インフル、ワクチン費用を全国一律に
Yahooニュース 9月21日19時5分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000541-yom-soci
これまでは高齢者以外は自費による接種だったため、医療機関ごとに少々価格差がありました。
今回はそんな差をなくそう、ということのようです。
わかりやすく行きましょう。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627