calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
archives
201705 (27) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1368) 感染症 (325) 研修会 (306) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (151) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (92) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (70) 禁煙 (59) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

イタい話1 つづき

新型インフルエンザH1N1 大きな動きはありません。

川根ほたるまつり
道沿いに並べられた行灯のひとつ。
とてもいい雰囲気の行灯でした。
高橋裕子(^O^)/^
DVC00116hotarumaturitourou.jpg広島ブログ
イタい話1 つづき

つづきです。
標準的治療から離れた医療を、代替医療と呼びます(分類や呼び名はいろいろあります)。
院長は18日に日本緩和医療学会教育セミナーに参加してきたのですが、学会でも代替医療につき問題点を認識しています。
一部の代替医療にはニセ医学が混じりこんできます。
癌の患者・家族を食い物にしているニセ医学が、世の中にはかなりあるのです。
患者・家族に希望を与えること。同時に、患者・家族をニセ医学から守ること。
これらはとても大切です。

ちなみに今回のイタい話はホメオパシーについて でした。
ホメオパシーについての学会の見解も出ています。
日本緩和医療学会 がん補完代替医療ガイドライン第1版 より

 ホメオパシーはがんの進行を抑制するか?   → 推奨度C
 ホメオパシーは生存を延長するか?      → 推奨度C
 ホメオパシーはQOL(生活の質)を改善するか? → 推奨度C
 このほかホメオパシーで検討された4項目  いずれも 推奨度C

推奨度Cとは:
推奨度4段階のうち下から2番目。
「行うよう勧めるだけの根拠が明確でない。」

知人友人や遠い親戚から なにやら治療法をすすめられたが、よくわからない、
という場合には 遠慮なく御相談ください。
学会ガイドライン等に基づいて公平で客観的にアドバイスさせていただきます。

今回については、治療方法について判断する以前の問題として、
「中学生以下の科学知識しかない医師のもとでの治療は どんな治療法であれ やめたほうがいい」、
とアドバイスさせていただくでしょう。

なお、「本当の友人」ならば、あなたにあやしい治療法をすすめ高額を支払わせることはない、ということも 知っておいてください。(高額な治療をしつこくすすめてくる人は、あなたの本当の友人ではありません。)

こうした代替医療の類は、すべて自己責任です。
私たちも、こういったもの全てを否定しようと考えているわけではありません。
しかし、自己責任で決定しようにも、情報が足りなければ判断ができませんね。
そうした状況では、いかに信頼できる情報を集めることができるか、がポイントです。
私たちが お役に立てます。御相談ください。

正しい知識を身につけましょう。
知識のワクチン=正しい知識が自分や社会を守ります。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

すやもち 川根ほたるまつり

新型インフルエンザH1N1情報
おおきな動きはありません。
これまで医療関係者では、看護師への感染は報告されていましたが、医師への感染も報告されました。さいたま市立病院です。
http://www.oita-press.co.jp/worldScience/2009/06/2009062201000985.html
とくに海外渡航歴などもなく、ふつうに外来患者の診療で感染したのではないか、と思われます。
どこにでも患者はいる、ということです。予測の範囲。

川根ほたるまつりで一年に一度しか作られない、『すやもち』。
昔はこどものおやつに作ったりしたらしいです。柏餅(『しばもち』というそうです)は形作った後蒸しますが、『すやもち』は蒸してから形作り、食紅で絵を描くそうです。1個ずつ絵柄がちがいます。
高橋裕子(^O^)/^
P1090593.JPG広島ブログ
6月19日(金)第11回広島呼吸器フォーラムに参加してきました。
今回の特別講演は
「新感染症法下における結核診療と、抗酸菌症の新知識」
講師は 東広島医療センター 重藤えり子先生です。

抗酸菌症については、有効な薬が少なく、治療に難渋する疾患で、最近増加しています。
手術についてのガイドラインなども最近作成されたところです。
単剤治療では数ヶ月以内に抵抗性となってしまうので、単剤では治療しないこと、が強調されていました。
患者さん側へのアドバイスとしては、長期間にわたる治療となりますが、薬を自分で勝手にやめないこと、です。
とにかく耐性菌を作らないことが もっとも大事なことなのです。

正しい知識を身につけましょう。
知識のワクチン=正しい知識が自分や社会を守ります.

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ほたる寿司

新型インフルエンザH1N1 大きな動きはありません。
海外でも感染国増加中。アフリカでも確認されました。

写真は 川根ほたるまつり で見つけた ほたる寿司。 
ほたる寿司って何? と思わず購入して食べました。でんぶ、しいたけ、卵などでほたるを形取った寿司でした。ほたるまつりに ぴったり。いのしし焼肉といっしょに食べました。アスパラベーコンも、おいしそうだったなあ。
P1090591.JPG広島ブログ
緩和ケア医 本日のお勉強
ゲフィチニブ投与1年後に発症した急性肺障害・間質性肺炎の1例
肺癌 2009年Apr
総合南東北病院 藤生浩一先生ほか

要点
ゲフィチニブによる急性肺障害は、投与開始4週以内が多い。
1年以降の発症はまれである。
1年後の発症であっても発症後の経過は急速であり、4日目に死亡された。

手術や抗ガン剤の時期を過ぎてしまった進行肺癌には、
ゲフィチニブ(商品名:イレッサ)という薬を試みることが よくあります。
緩和ケアと平行しつつ試みることもあるのです。
非常に劇的に良く効いた、というケースを、肺癌に従事する医師ならば、少なからず経験しているからです。
(もちろん、ほとんど効かないケースもあります)。
効果は、非常によく効く人の場合では1年間程度 効果が続くことが期待できます。
さすがに1年経過すると、薬の効かない癌細胞が増殖してきますが。
でも、1年間 平穏に過ごせるということは、とても大切です。
副作用は投与開始4週以内のことがほとんどで、この期間は要注意であることが
薬剤添付文書にも投薬同意書にも記載されています。
それを過ぎれば急性肺障害の発症はまれで、私も経験はありません。
しかし4週を過ぎても注意は必要だ、ということです。
いったん急性肺障害が出現すれば、亡くなられることが多いです。
しかも、あっという間に亡くなられることになります。
おそろしい副作用ですが、完全に予知したり防ぐことは 今の医学では まだできません。
副作用で死ぬこともある、と覚悟して薬を使用することが必要です。
今の抗ガン剤というのは、そういう薬です。
抗ガン剤は、使うにしても使わないにしても 覚悟がいります。

人生観、死生観が問われます。
あなたは、人生の最期を どこで、どういうふうに すごしたいですか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

2009川根ほたるまつり

新型インフルエンザH1N1情報。
南半球ではオーストラリア、ニュージーランド等で流行拡大中。このあたりの流行ピークは7月8月頃と予想されています。オーストラリアでは死亡者でています。
北半球でもカナダ、イギリス等で感染者増加中。
日本でも都内高校で集団感染。おさまる気配がありません。

さて、
軽症者は自宅療養へ、という舛添大臣の発表がありました。
それを受け、奈良県の患者(東京に旅行中に発病し診断された)が、自宅療養を希望し、新幹線で奈良に帰った、ということで問題になっています。
6月20日15時16分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090620-00000145-san-soci
新幹線ではマスクはしていたものの、隣席に人が座るのを防ぐなどの配慮はしていなかった、というものです。

新型インフルエンザの流行を防ぐために、他の人への感染機会を減らすために自宅療養をしましょう、ということなのです。
ですから、感染者は、移動時はできるだけ自家用車を利用し、公共交通機関の利用は避けなければいけません。
どうしても公共交通機関を利用しないといけない場面では、他者への感染防止の配慮をおこなう必要があるのです。
隣席に他の乗客が座る、というのは いい状況とは言えないですね。
この患者さん、その意味を理解していなかったようです。
都の担当者は、そこまで説明したのでしょうかね? 
「自宅療養希望なら帰っていいよ」、としか言わなかったのでは? 
帰り方まで説明しなかったのではないでしょうか。

新幹線については、車両編成にもよりますが、「多目的室」というのが車掌室の隣に設置されているものがあります。車いすと介助者が入れる別室が用意されているのです。いすを倒して簡易ベッドのように横になることもできます。
新型インフルエンザ感染者については、そこを利用すべきだったですね。
駅員や車掌に相談していれば、当然そこへ案内されていたと思います。

列車に こういった特別配慮の装備がある、ということは、私ども交通医学・旅行医学に従事している医師や 列車マニアには常識的なことですが、一般の方はご存じないかもしれません。
JRに限らず、各社とも急病者や身体障害の人に対する配慮はされていますので、
遠慮なく相談されることをおすすめします。

それにしても、
奈良県に帰ったら入院させられた、というのも ひどい話。
自宅療養するために奈良に帰ったはずですのに。
奈良県は国の発表を知らなかったのでしょうか。情けない話です。

6月20日 2009川根ほたるまつり に行きました。
来年、日本宇宙少年団広島分団でホタルを題材にした活動を考えており、どうしても今年 ホタルを見ておきたかったのです。ホタルの点滅周期は、地方によって異なるので、事前確認が必要だったのです。
会場のエコミュージアム川根 は 中国自動車道 高田ICから30分弱。
写真は、我々を出迎えてくれた看板です。
P1090578.JPG広島ブログ
最新情報に注意しておきましょう。
正しい知識を身につけましょう。
知識のワクチン=正しい知識が自分や社会を守ります。

交通や旅行に関連する医学的な御質問・御相談があれば、当院で御相談ください。院長は交通医学の専門家です。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

食中毒警報発令中

6月15日広島県全域に食中毒警報が発令されました。
高温・多湿など食中毒が発生しやすい一定の条件になれば発令されるものです。

食中毒予防の3原則
1:菌をつけない → 手指や調理器具の洗浄・消毒
2:菌を増やさない → 食品の冷蔵保管
3:菌をやっつける → 十分な加熱

現在の食中毒は、カンピロバクタ(主には生の鶏肉。生食や調理段階による食品汚染)や病原性大腸菌が多いです。
手洗い、まな板などの洗浄・消毒をしっかりおこないましょう。
とくに鳥料理から次の料理にうつるときは、まないたなどの消毒をしっかりと。
サルモネラ食中毒もポツポツ出ています。生卵はおすすめしません。
 サルモネラでは死亡することがあります。(以前のブログに御紹介ずみです。)
今後は腸炎ビブリオ食中毒が増える時期となります。
海の魚介類に要注意。
刺身など生で食べる時は、新鮮なうちに食べる、しっかり真水(水道水)で洗う、調理後すぐ食べる。
肝硬変などのある人は、刺身は食べない。

これからの時期は、しっかり加熱する調理方法をおすすめします。
正しい知識を身につけましょう。
知識のワクチン=正しい知識が自分や社会を守ります。

写真は大阪からの帰りに新幹線から見えたマツダスタジアム。
18日 広島-楽天戦、超満員の観衆だとわかりました。
列車に試合経過が見えるように、7回2-1という電光表示も出ていました。
P1090567.JPG広島ブログ
新型インフルエンザH1N1 19日舛添大臣から発表ありました。
今後、対応が緩和されます。
内容は予想されたとおり。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610