calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
archives
201705 (27) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1368) 感染症 (325) 研修会 (306) 疾患情報 (289) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (174) 在宅医療 (151) 薬剤師 (127) ボランティア (101) 今週の花 (101) 医院情報 (100) 心に残る出会い (92) ニセ科学・ニセ医学 (88) 緩和ケア (70) 禁煙 (59) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (25) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

医療ロボットの時代へ

新型北米インフルH5N1 新しい動きはありません。

医療ロボットというものを御存知ですか?
画面を見ながら医師が機械を操作し遠隔操作で手術などをおこなう、そういうロボットが開発され実用化されてきているのです。

緩和ケア医 本日のお勉強
前立腺がんに対する手術支援ロボットの現状と展望
日本医師会雑誌 2009年5月号
東京医科大学教授(泌尿器科) 秦野 直 先生

要点
ダ・ヴィンチ da Vinci という手術ロボットが登場し前立腺手術は変わりつつある。
ロボットの完成度が高く、従来の手術よりもロボット手術のほうが成績がよい。
現在、米国では前立腺手術の7割がロボット手術となっている。
日本には、まだ4台しか輸入されておらず、ロボット手術に保険がきかない。

今月の花 アリウム・ギガンチウム、デルフィニウム、トルコキキョウ、ニューサイラン、バラ、アンスリウム、モンステラ
DVC00093giganntiumu広島ブログ

ロボット手術では、患部を拡大して見たり、いろいろな方向から見たりできるため
慣れれば血管を傷つけたりすることも少なくなり、良い手術成績が期待できます。
しかし、最大の特徴は、「 執刀医=手術する医師=が、その場にいなくてよい 」
ということです。
執刀医は、別な場所で画面を見ながら操作をしているのです。
ということは、
もしインターネット等で手術室(ロボット)と執刀医を接続することができれば
遠い場所にいても手術ができる、ということです。
遠隔手術といいます。
理論的には、過疎地の中小病院にいる患者の手術を、
大都市の日本の名医、世界の名医に遠隔操作で手術してもらうことが可能なのです。
(逆も可能。医師は地方都市にいても 都会の病院の患者の手術ができる。)

ロボット技術は日本が得意とする分野です。
外国のロボットを輸入するのではなく、
国産ロボットを開発し、その普及を図っていく というのが良い政策ではないでしょうか。

「基礎研究、基礎医学は金にならない」、という人がいます。
確かに、すぐに目に見える成果は出にくいのです。
このため、今の日本では基礎分野に教育・研究の予算が出なくなってきています。
しかし、
医学・医療の分野の最先端は、特許の固まりなのです。
出遅れた者は、先行者に対し、莫大な特許料を払い続けなければならないのです。
日本は、遺伝子関連分野などでは完全に出遅れました。
外国の企業に、毎年毎年莫大な費用を払っているのが現状なのです。
iPS細胞とか、医療ロボットとか、何とか日本が先行できそうな分野に、
早期に集中的に投資をして、基本特許、周辺特許を押さえきることが必要なのです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

セントジョンズ・ワート

新型北米インフルH1N1は、大きな動きはありません。
神戸市は安全宣言を出しました。
修学旅行キャンセルなどが大きく響いているようです。

6月19日・20日、大阪で日本緩和医療学会が開催されます。
インフル騒動に関係なく、予定通り開催です。
院長はセミナーに参加しますが、昨日 参加証が送られてきています。

市民公開講座もあります。
6月20日(土)17:30-19時
大阪国際会議場メインホールにて
「緩和医療のこころ」 柏木哲夫先生。
非常に早い段階での日本の緩和ケアを牽引してきた、偉大な先駆者の一人です。
参加費無料。
問い合わせ 06-6350-7163

写真はセントジョンズ・ワート。5月24日撮影。
セイヨウオトギリソウとも言います。
ハーブとして西洋では古くから栽培されているとのことです。
しかし、多くの薬物の代謝に悪影響を与えるので、要注意な植物です。
私は今回 植物公園にて実物をはじめて見ました。
セントジョンズ・ワートの摂取をされている方、これから摂取をお考えの人は、大丈夫かどうか医師・薬剤師に申し出てください。
P1090362.JPG広島ブログ

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

科学ボランティア入門研修会

新型インフルエンザは、大きな動きはありません。
和歌山などで患者確認されていますが、予測の範囲です。
マスクも出回りはじめましたね、騒ぎも落ち着くでしょう。
昨日 ポイント2倍デー の某ドラッグストアに売っていました。

シェットランドシープドッグのジャムくん、オス。お兄ちゃんが小学校二年生の春に生後二ヶ月でウチにやって来ました。一緒に寝たり遊んだりしていたせいか、そのお兄ちゃんがこの春から大学生となり家にいなくなったため、ずーっと体調不良でした。(>_<)
連休明けくらいから、やっといつものように食べたり出したりするようになりましたo(^-^)o
淋しがり方は人間以上で、驚きました。
DVC00034jam広島ブログ

科学ボランティア入門研修会

科学館や公民館、児童館、少年団などでの工作教室やサイエンスショーなどの科学ボランティアをやってみよう! と思っている人を募集します。
とくに経験や資格は必要ありません。 入門向けの研修会です。
まずは私たちが名人芸に驚き、楽しむところから はじめましょう。
お気軽に御参加ください。

募集内容
対象:  18歳以上の方。
参加費: 無料。
日時:  6月7日(日)9:30-16時(予定)
会場:  広島市こども文化科学館 2階会議室。
問い合わせ・申込先: jst-training2009@sesn-j.org
へ メールでお願いします。              
昼食弁当の必要な方は、申込時にご記入ください。※2

プログラム
9:30―10:00 開会。会のねらいとスケジュールの説明。実施担当者:高橋浩一
10:00-12:00 サイエンスショー シャボン玉名人になろう! 
  講師:原田正治  (サイエンスレンジャー、もと広島文教女子大学)
    原田先生は、数々の賞を受賞された「科学の鉄人」です。
  昼食休憩 ※1、※2
13:00-14:00 シャボン玉製作実習 講師:原田正治
  カラーシャボン玉、水中シャボン玉など 面白シャボン玉の製作を
  全員実際におこなって体得します。数名ずつの班に分かれ実施します。
14:00-16:00 コミュニケーション入門(実践研修) 
  講師:寺尾幸章  (文部科学省認定コーチ、(有)コーチ・コンサルティング)
   コミュニケーションが苦手、という方にはとくにおすすめの研修内容です。
16:00-   質疑応答、アンケート記入

※1:昼食時間に、講師を囲んで食事しながら ざっくばらんに交流しましょう。
※2:昼食弁当を申しこまれた場合は、コンビニ弁当を想定しています。500円前後を予定しています(未定)。 もちろん弁当を持参されてもかまいません。
主催:日本宇宙少年団広島分団    
共催:科学教育サポートネット広島
この研修会は、(財)科学技術振興機構 地域の科学舎推進事業 地域活動支援 の助成で開催されます。

comments(2) , trackbacks(0), この記事を編集する

医師は、核兵器廃絶を求める

新型インフルエンザは大きな動きはありません。
修学旅行のキャンセル料金は発生しないことになったそうで、延期実施できるそうです。
よかった、よかった。

北朝鮮が核爆発実験をおこなった、というニュースが流れました。
並行して、ミサイル実験もおこなっている、とのこと。
非常にくやしく、残念なニュースです。
北朝鮮では軍部の動きを押さえられなくなってきている、という解説をされる方もおりました。
非常に危険な状況になってきているのではないでしょうか。

少し古いニュースですが、関連する内容のものを御紹介します。
秋葉広島市長 オバマジョリティで核廃絶演説

【ニューヨーク5日時事】秋葉忠利広島市長と田上富久長崎市長は5日、当地で開かれている核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で演説した。
秋葉市長は核廃絶というオバマ米大統領の目標を共有する国際社会の多数派(マジョリティ)を「オバマジョリティと呼ぶよう提案する」と述べ、大統領と一緒に核兵器廃止に取り組むよう訴えた。
http://news.goo.ne.jp/article/chugoku/region/Tn200905130030.html

写真はバラ。5月24日植物公園で。バラの見頃はほぼ終了間近です。
DVC00080bara1広島ブログ

我々医師は、現場でコツコツ1人1人に対応しています。
ところが、核兵器は一瞬で数十万人を殺傷してしまう恐ろしい兵器です。
この悪魔の兵器の前では、1人1人を診療する医師の力は消し飛んでしまうのです。
ですから、すべての医師は核兵器には反対なのです。
(核兵器に反対していない医師がいるとしたら、それは現場で真面目に働いたことのない医師です。受け持ち患者の死に直面し涙したことのない医師です。)

オバマ大統領になり、核兵器廃絶の方向性を打ち出せれば、すばらしいことです。
この時期を逃さず、ぜひ成果を上げてもらいたいものです。
オバマ大統領、秋葉市長、田上市長を応援しましょう。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

目や口が乾きませんか?

新型インフル 大きな動きはありません。
神戸・大阪では学校も再開されました。
ここで患者数が増えなければ、いったん収束すると思います。
「何だ~、死者も出ないし大したこと ないじゃない!」 
と思うかもしれませんが、安心するのは まだ早いです。
インフルエンザウィルスは変異をおこしやすいのが特徴です。
アメリカで解明された新型インフルの遺伝子と日本で採取され解明した遺伝子には、
16カ所も塩基配列が異なっていたそうです。
http://scienceportal.jp/news/daily/0905/0905222.html
今後も変異を続けながら、定着してゆくものと思われます。
つまり、いったん収束しても、今年冬、来年冬と、毎年きっとまたくる。
その時に、どういう変異した姿で来るのか、これはまだわからないのです。

恐れすぎず、安心しすぎず。
正しく怖がることが必要です。
http://scienceportal.jp/HotTopics/interview/interview38/03.html

写真はステビア。甘味料として有名ですね。植物公園にて5月24日撮影。
P1090357.JPG広島ブログ

目や口が乾きませんか?

シェーグレン症候群は中年女性に好発する「目や口の乾き」を
主症状とする自己免疫疾患です。
単独で生じることもあるし、関節リウマチに合併することも多いです。
肺病変(間質性肺炎)をおこすこともあり、リウマチ膠原病内科、呼吸器内科にまたがる疾患ということになります。
その症候群の位置づけが、変わろうとしています。

緩和ケア医 本日のお勉強
特集:シェーグレン症候群をめぐって
シェーグレン症候群の新たな展開
日本胸部臨床 2009年4月
久藤総合病院 菅井進 先生

要点
シェーグレン症候群の病変は全身にも及び、
また一部に悪性リンパ腫(MALTリンパ腫、Bリンパ球)を発症する。
治療としてBリンパ球を殺す抗CD20抗体が期待される。

シェーグレン症候群は、なかなか有効な治療薬がないのが現状でしたが、
理論的に Bリンパ球を抑える治療薬が有効と考えられ
実際にミゾリビン、抗CD20抗体リツキシマブの有効性が示されています。
でもリツキシマブは悪性リンパ腫しか保険適応ではなく、しかも非常に高価です。
シェーグレン症候群に対しては まだ当分 期待しながら待つしかありません。
しかし理論どおりに有効性が示されたので、保険適用となる日は遠くはないでしょう。

目が乾く、口も渇く、という人は シェーグレン症候群かもしれません。
一度リウマチ膠原病内科を受診しましょう。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610