calendar
<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
archives
201708 (20) 201707 (31) 201706 (30) 201705 (31) 201704 (30) 201703 (31) 201702 (28) 201701 (31) 201612 (31) 201611 (30) 201610 (31) 201609 (30) 201608 (31) 201607 (31) 201606 (30) 201605 (31) 201604 (30) 201603 (31) 201602 (29) 201601 (31) 201512 (31) 201511 (30) 201510 (31) 201509 (30) 201508 (31) 201507 (31) 201506 (30) 201505 (31) 201504 (30) 201503 (31) 201502 (28) 201501 (31) 201412 (31) 201411 (30) 201410 (31) 201409 (30) 201408 (31) 201407 (31) 201406 (30) 201405 (31) 201404 (30) 201403 (31) 201402 (29) 201401 (32) 201312 (31) 201311 (30) 201310 (31) 201309 (30) 201308 (31) 201307 (32) 201306 (30) 201305 (32) 201304 (30) 201303 (31) 201302 (28) 201301 (31) 201212 (31) 201211 (30) 201210 (31) 201209 (30) 201208 (31) 201207 (31) 201206 (30) 201205 (31) 201204 (30) 201203 (31) 201202 (29) 201201 (31) 201112 (31) 201111 (30) 201110 (31) 201109 (30) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (30) 201105 (31) 201104 (31) 201103 (31) 201102 (28) 201101 (31) 201012 (31) 201011 (30) 201010 (31) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (31) 201006 (30) 201005 (31) 201004 (30) 201003 (31) 201002 (28) 201001 (31) 200912 (34) 200911 (30) 200910 (31) 200909 (30) 200908 (33) 200907 (31) 200906 (30) 200905 (32) 200904 (29) 200903 (30) 200902 (25) 200901 (5)
tags
緩和ケア医のつぶやき (1415) 感染症 (326) 研修会 (313) 疾患情報 (290) 本日のお勉強 (193) 医療政策 (175) 在宅医療 (160) 薬剤師 (129) 医院情報 (101) ボランティア (101) 今週の花 (101) 心に残る出会い (95) ニセ科学・ニセ医学 (94) 緩和ケア (73) 禁煙 (65) 平成の歩き方 (39) 上級編 (37) 花粉症 (36) がん検診 (26) 落語 (23) 喘息 (17) サイエンスカフェ (16) 初級 (11) 釣り (8)

緩和ケア医 本日のお勉強 院内肺炎

院内肺炎ガイドライン改訂
日本胸部臨床2009年3月号特集
「新しいガイドラインの概要」 長崎大学 関雅文先生ほか

日本呼吸器学会の院内肺炎ガイドラインが改訂され、公表されました。
私は半年前まで病院内での肺炎治療の 直接担当者でしたので
興味をもって今月の特集号をすみずみまで読みました。
要点 (ガイドラインは全部が要点のようなものですが・・・)
肺炎は日本人全体の死因4位の疾患ですが、高齢者にとってはとくに重大で
85歳以上の男性では死因2位、90歳以上では1位です。
今後、団塊の世代が高齢者の仲間入りをしてきますので
ますます重要な問題となってきます。

ところで、ガイドラインとは?
日本語では 指針 と書かれることが多いです。
「まあ おおむねこの方針であれば、異論はそうありませんでしょう。」
という要点をまとめたものです。
ですから、専門外の人、初心者 にとっては、
まずガイドラインを勉強し、ガイドラインに従って行動すること
が望ましいと言えます。
私も指導医として、研修医にはまずガイドラインを勉強し理解して、
ガイドラインに沿った治療を実行することを求めてきました。
でも、専門家は、必ずしもガイドライン通りにおこなう必要は
ありません。
ガイドラインを熟知した上で、状況に応じてガイドラインを逸脱し
自分の知識・経験を加味して行動することが可能です。
それだけの知識と経験をもっているのが専門家だ、と言えます。
ガイドラインどおりにやったのにもかかわらず うまく行かない場合には
専門家に相談することが必要だ、とも言えます。

よく医療訴訟などで「ガイドラインに従っていなかったことがいけない」
などという内容の表現を見ます。
でも、ガイドラインにはもともと強制力はありませんし、
専門家はガイドラインを逸脱してかまわないのです。 
むしろ、次世代ガイドラインの中身を書き換えるために日々研究して
いるのが専門家のあるべき姿、と言えなくもありません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

高速道路 土日1000円

国営備北丘陵公園 スイセンファンタジー

高速道路 土日1000円 が先週から開始になっています。
さっそく先週、備北丘陵公園に出かけました。

スイセンファンタジー開催中です。 きれいですよ。
キャッチコピーは ゆるやかな丘一面に咲き広がる、27品種・約20万本の黄色や白の鮮やかな“スイセン”をこの機会にぜひご覧ください
また、4月4日から 春まつり 開催です。
http://www.bihoku-park.go.jp/
1000円、というのはうれしいですね。
桜もいいですが、春の花を見にお出かけになってみてはいかがでしょう。

P109005002.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

緩和ケア医 本日のお勉強 ヒッププロテクター

特集:転倒・転落をめぐって
ヒッププロテクターの骨折予防効果
日本医師会雑誌 2009年2月
国立長寿医療センター 原田敦先生

要点
ヒッププロテクターの骨折予防の有効性は、
当初考えられていたものより限定的であることがわかってきた。
介護施設生活者には効果が期待できるが、
在宅者には無効である。

高齢者が転倒し骨折することは珍しくありません。
全身状態が悪ければ手術もできず寝たきりとなり、
寝たきりとなれば 認知症が進行したり、いずれ肺炎で命をおとすことになるので骨折予防は非常に重要です。
とくに病院や施設に入院・入所してからの数日以内での転倒が
多く、この時期には充分な注意が必要です。
とはいえ、どんなに注意していても生活環境が変われば
高齢者・認知症の方は転倒骨折の危険は避けられません。
そこでヒッププロテクターが脚光を浴びたわけですが、
ヒッププロテクターの役割は、この時期だけのものにすぎない、
ということですね。
在宅では役に立たない。

私どもは、病院でできる治療は全部在宅で可能である、と
思っています。
生活環境をできるだけ変えない、ということが
本人にとって幸せなことが多く、
高齢者医療には在宅医療が非常に大切だと考えます。
生活環境が変わらないのであれば、そもそもヒッププロテクターの
出番はないのだ、とも言えそうです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

今週の花

バラ(スペイン坂)、ガーベラ、ドラセナ

DVC00033 0402

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

緩和ケア医 本日のお勉強

特集:花粉症治療の最新知見
スギ花粉症治療における第2世代抗ヒスタミン薬
アレルギーの臨床 2009年2月号
アクティ大阪耳鼻咽喉科医院 大橋淑宏先生

要点
スギ花粉症の治療では、効果の面からも安全性の面からも
非鎮静性の第2世代抗ヒスタミン薬を第一選択とすべきである。

当院HP 「疾患について」 のなかで
「運転してはいけない薬」 という項目を作っています。
院長は数年前から 抗ヒスタミン薬では非鎮静性の第2世代を
使用すべきである、と主張してきました。
眠くならない薬、能率の落ちない薬があるのだから、まずそれを使用すべきである。
とくに運転手には治療薬選択は重要で、事故につながる可能性がある。

アトピー性皮膚炎の小児も抗ヒスタミン薬治療の対象となりますので
皮膚科・小児科の先生には比較的早くから受け容れられてきました。
眠気がくるタイプの薬、能率が落ちるタイプの薬では、学校の授業など困ってしまうわけです。
これに対し、成人が主な対象である耳鼻科領域(花粉症が対象)では
学会発表後しばらくはあまり受け容れられず、最近ようやく知られてきた状況です。
7年前に広島の講演会で私がこのテーマで講演した時には、
会場の古株の耳鼻科の先生のお一人から ひどく反発を受けたものです。
リスクマネージメントの概念のない古いタイプの先生・高齢の先生には、
理解しにくい内容だったのでしょう。(その先生はつい先日 亡くなられましたが。)
耳鼻科領域で援軍が増え、とてもうれしく思っています。

非鎮静性の第2世代抗ヒスタミン薬は、現在の日本では2種類だけしかありません。
あなたが使用している薬(処方されている薬)は
能率の落ちる薬ではありませんか?
車を運転してはいけない薬ではありませんか?
あなたは その点について 説明を受けましたか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436 | 437 | 438 | 439 | 440 | 441 | 442 | 443 | 444 | 445 | 446 | 447 | 448 | 449 | 450 | 451 | 452 | 453 | 454 | 455 | 456 | 457 | 458 | 459 | 460 | 461 | 462 | 463 | 464 | 465 | 466 | 467 | 468 | 469 | 470 | 471 | 472 | 473 | 474 | 475 | 476 | 477 | 478 | 479 | 480 | 481 | 482 | 483 | 484 | 485 | 486 | 487 | 488 | 489 | 490 | 491 | 492 | 493 | 494 | 495 | 496 | 497 | 498 | 499 | 500 | 501 | 502 | 503 | 504 | 505 | 506 | 507 | 508 | 509 | 510 | 511 | 512 | 513 | 514 | 515 | 516 | 517 | 518 | 519 | 520 | 521 | 522 | 523 | 524 | 525 | 526 | 527 | 528 | 529 | 530 | 531 | 532 | 533 | 534 | 535 | 536 | 537 | 538 | 539 | 540 | 541 | 542 | 543 | 544 | 545 | 546 | 547 | 548 | 549 | 550 | 551 | 552 | 553 | 554 | 555 | 556 | 557 | 558 | 559 | 560 | 561 | 562 | 563 | 564 | 565 | 566 | 567 | 568 | 569 | 570 | 571 | 572 | 573 | 574 | 575 | 576 | 577 | 578 | 579 | 580 | 581 | 582 | 583 | 584 | 585 | 586 | 587 | 588 | 589 | 590 | 591 | 592 | 593 | 594 | 595 | 596 | 597 | 598 | 599 | 600 | 601 | 602 | 603 | 604 | 605 | 606 | 607 | 608 | 609 | 610 | 611 | 612 | 613 | 614 | 615 | 616 | 617 | 618 | 619 | 620 | 621 | 622 | 623 | 624 | 625 | 626 | 627