呼吸器内科|緩和ケア 折口内科医院・広島

電話番号 082-241-6836

緩和ケアというのは、癌の末期に受けるものですか?いつ相談すれば良いでしょうか?

2008 年 12 月 8 日

「癌です」あるいは「癌の疑いがあります」と言われた時点から、緩和ケアの対象です。
できるだけ早く緩和ケアについてもご相談ください。

昔は、癌治療の手だてが尽きた段階で緩和ケアを開始する「ギヤチェンジ」ということが行われてきました。ある日を境に、治療方針が全く切り替わっていたのです。
その後、癌治療の早い段階から、少しずつ緩和ケアの比率を高くしていこう、という考え方となってきました。緩和ケアの重要性が少しずつ認識されはじめたのです。
今では、「癌と言われたら もう緩和ケアの対象」です。癌治療と緩和ケアとは、車の両輪のような位置づけとなっています。癌告知による不安・不眠という心のケアも、手術による痛み、抗ガン剤治療による副作用なども どれも「緩和ケア」のお役に立てる領域なのです。私たちは医師だけでなく看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士など多くの職種でチームを組んで対応しています。早めに御相談ください。


ページトップへ

Copyright c 2008 折口内科医院l Rights Reserved. -ホームページ制作 SIMPLE-Web-